カテゴリ: 朝鮮史

THE KOREAN PEOPLE

THE PRODUCT OF A DECAYED CIVILIZATION
BY GEORGE KENNAN

Copyright, 1905, by the Outlook Company

special Correspondent for The Outlook in the Far East

この古い記事(論文)は、何とグーグルの論文検索でヒットした(検索語句=Korean personality disorder)

19世紀、Cダレの朝鮮事情同様の、20世紀初頭のアメリカ人による朝鮮人への酷評である。
しかし、過去も現在も、朝鮮人が孤立した状態であれば、即ち、我々日本人が日韓併合という馬鹿げたことさえしなければ、朝鮮半島はおそらくこの論文記事のままの状態であり、かつ、その根本的原因が朝鮮人の異様を極めたDNAにあることを世界中のほとんどの人が知らない



The first article in this series on Korea and its people appeared in The Outlook for October 7 under the title " Korea, a Degenerate State." A third article, dealing with the future of Korea under the leadership of Japan, will follow.—THE EDITORS.

One missionary informs him that the Koreans " have more of the Anglo-Saxon temperament than can be found in any other Oriental nation," while another declares that they are " utterly unable to think or act in accordance with the age in which they live."

One man says that they are " a dignified, trustworthy, and kind-hearted race," while another insists that they are liars, robbers, gamblers, and drunkards, and " have every vice possible to a mildmannered heathen race, with the single exception of smoking opium.

The domestic environment and personal habits of the lower classes are filthy and repulsive in the extreme ; 

Generally speaking, the whole Korean population seems to be lacking in dignity, intelligence, and force

They are not only unattractive and unsympathetic to a Westerner who feels no spiritual or religious interest in them, but they appear more and more to be lazy, dirty, unscrupulous, -dishonest, incredibly ignorant, and wholly lacking in the self-respect that comes from a consciousness of individual power and worth. 


They used money as a medium of exchange more than a thousand years ago
この記述は、同じ期の文化人類学者の貨幣の替りに、綿布と紙が使われているという記述と正反対である。ここ以降しばらくは、筆者の見解ではなく、当時の朝鮮人に吹き込まれたであろう、一部事実ではない記述が続くが、今日の韓国の歴史教科書の内容と似ている。(例:金属活字)

Exactly how and for what reason the Koreans began to deteriorate, and gradually lost the imperfect but promising civilization which they had, we may never fully know.

the decline of Korea, in comparison with the simultaneous rise of Japan, seems to be a mysterious and inexplicable phenomenon.
この辺りの箇所が著者主張の骨子である。一言で言えば「退化した人々」 

first, the " yangbans,"
second, the coolies, or peasants,

以下はyangbansに関する記述
Regarding him either as citizen or ruler, his worst vices are selfishness, laziness, untruthfulness, dishonesty, treachery, and greed. 

If he occupies an official position, he uses it as a means of " squeezing " the unfortunate peasants whose interests he ought to promote; and if he happens to be out of office, he will lie, bribe, or bear false witness in order to secure the dismissal of those who are in, and get a chance to do a little robbing on his own account. 

In Seoul, before the advent of the Japanese, there are said to have been more than a thousand sorcerers, "mudangs," and shamans.

 Most of them now have been expelled from the city or driven into hiding, and their implements have been publicly burned in the streets, but they are still protected in the palace, where, with eunuchs, concubines, and dancinggirls, they enjoy Imperial favor.

The most competent foreign observers in Korea attribute the intellectual degeneration of the yangbans largely to the benumbing and paralyzing effects of Chinese education. The Rev. Mr. Gale, for example, says : " The mystery is that so many bright minds can be content with so low a civilization ; and it is certainly due, in some way, to the damaging influence of the Chinese classics.

Idle, ignorant, conceited, superstitious, selfish, greedy, and often cruel, the yangban would seem to be an absolutely imr possible person to do anything with or make anything out of, if we did not know that, in rare cases and under exceptional influences, he has been regenerated and redeemed.

Taking the yangbans and officials, however, as they now are, there would seem to be absolutely no hope of them.

Even Mr. Hulbert, the editor of the " Korea Review," who is favorably disposed toward the people of the peninsula in general, admits that "the men who would rule well and justly may be counted on the fingers of the hand," and that " there is no hope of good government in Korea by Koreans until the country has secured the benefit of genuine education." 

 It is his belief, as well as that of most of the foreign residents, that the people of Korea, left wholly to themselves, will never rise above their present level, because the ruling class has become hopelessly corrupt, and the nation, as a whole, has lost the power of self-regeneration.
この辺りの記述は20世紀初頭の朝鮮を的確にとらえている

2. The coolies, or peasants.

The moral character of the Korean peasants is that which might naturally be expected in an ignorant and oppressed people, whose rulers teach them depravity by example, if not by precept, and whose religion lays far more stress upon propitiation of the imps and devils that are supposed to cause the baleful phenomena of the external world than upon the suppression of the vicious impulses and tendencies which originate in the human heart.

 According to the Rev. D. L. GifEord, who spent eight years in Korea as a missionary, " Lying " among the Korean people " is universal; stealing is frightfully common; and gambling, in spite of severe punitive laws, is widely practiced. Social vice prevails, and vice that is unspeakable.

I think, that the Koreans, generally, stand very low in the scale of morality and culture.

 I hesitate to compare them with the San Domingans, because they surpass the latter in natural endowments and capacity; but I do not hesitate to place them below the Tagalogs, Visayans, and the Filipinos generally.

To me, personally, the vices of the Korean people—their laziness, untruthfulness, dishonesty, and immorality—are less surprising and less discouraging than their almost incredible ignorance and savagery.

しばらくDr. W. B. McGill からの見聞のみ。
In commenting on this letter from Dr. McGill, Mr. Hulbert, the editor of the " Review," says: " It is no pleasure to record these horrors, but they give us just a glimpse of native life in Korea. The cruelty, the brutality, the cheapness of human life, are appalling; and such things occur not only in Kongju but all over the country."

しばらく、「野蛮」を強調した他者からの見聞内容のみ
Of this same sort are many of the beliefs with regard to burial.


It has now progressed so far as to be beyond the possibility of self-cure, but it may yet be arrested by foreign interference. Japan has finally undertaken to stop the process of decay; remedy the evils of bad government ; encourage honesty, industry, and public spirit; and substitute modern enlightenment for the gloomy darkness of semi-barbarism. It is a gigantic experiment, and it may or may not succeed; but we, who are trying a similar experiment in the Philippines, must regard it with the deepest interest and sympathy.





物語 朝鮮王朝の興亡
金 重明
岩波新書
2013年

「嘘が作られ、集団内に拡散し、やがては定着していく。」その過程をまざまざと示すのが、在日コリン2世の小説家によって書かれたこのバカげた物語である。

通常、在日による朝鮮史書籍では、朝鮮史の決定的な特徴である奴婢=奴隷の存在について著述することは、皆無である。李氏朝鮮末期の19世紀末でさえ、京城大学教授であった四方博の戦前の研究によれば、慶尚道大邸で、奴婢戸は消滅しているものの、人口比では約30%もが依然として奴婢=奴隷であった

19世紀において、夷族を例外として、同じ言葉を話す同胞を奴隷として売買していた世界的にも稀な人々については、そのDNAに重大な影響が生じたと推測される。しかし、在日の朝鮮史書籍による「嘘と騙しの隠蔽」から知る人はほとんどいない。

p3 
朝鮮王朝時代の記録では女性の本名が伝わらないことが多いとわいえ、王の実母の名前が伝わっていないのは異例だといえる。【続いて、この朝鮮人女性が賎民出身であった旨記述】
女官の下で水汲みや掃除を担当した奴婢だ

この女については、和敬淑嬪という諡号のみ判明してる。和敬淑嬪で朝鮮王朝実録を検索すると8カ所ヒットするが、下が一番最初である。朝鮮王朝実録は時代を経るにつれて、客観的な記述がドンドン減少し、「実録の体をなさない」状態が顕著になっている。飢饉で検索すると良く分かる

朝鮮王朝實錄/英祖實錄/二十九年(1753) 卷七十九至八十/卷八十 七月至十二月/九月/4日

以和敬淑 嬪上諡封園事,告太廟,陳賀頒赦。上御明政殿宣敎,王世子率文武百官,致詞陳賀。 王若曰。進冊之儀纔擧,克叶情文,封園之禮己成,載宣綸綍,崇報旣至,微誠小伸。惟我 和敬淑嬪,允著柔嘉令德,休戚與共於己、戌,誠孚壼闈,儆戒不弛於夙宵,化贊宸極。餘慕尙僾於稔閣,至痛長結於舊奩。顧玆眇眇之承基,亦藉綿綿之餘慶。

下が最後である。姓が崔であることが記録されており、奴婢などでは絶対にない。奴婢=奴隷は、そもそも姓など有しないからこそ、奴隷なのだ!この在日は、恐らくは、奴婢=奴隷ではないと粉飾したいのであろう。しかし、イエール大学の文化人類学データで見ても奴婢は売買される奴隷であり疑問の余地はない。

朝鮮王朝實錄/英祖實錄/五十二年(1776) 卷一百二十七/附錄/

和敬淑嬪崔氏,以肅宗二十年甲戌九月十三日戊寅,誕王于昌德宮,前三日紅光亘于東方,白氣罩其上。是夜宮人夢白龍,飛入寶慶堂,堂卽王誕降之室也。

p77
辛酉教難によって天主教徒は徹底的に弾圧された

カソリック弾圧の名称のことであるが、朝鮮王朝実録をこの4文字で検索してもヒットしない。教難の2文字でも、教、難しか出ない。
即ち、辛酉教難という言葉自体が
恐らくは、20世紀に創出された 教難 であることは確実である。世界一の嘘つき民族の面目躍如である

黄嗣永【人物名のみメモする】

1801年に次の記述があり、この人物が忠清道で捕獲された。
左右捕廳啓言:“捕捉邪學亡命罪人黃嗣永於忠淸道堤川地,移送義禁府。”

この小説家は知らないであろうが、朝鮮王朝実録では、カソリックを 
邪學 と記述している場合が多い。1801年には朝鮮で 邪學 が盛んになったことが分かる。
天主教ではない。教 ではなく、學 なのである





p78
日本には蘭学の伝統があった
清もまた
西洋の学問の研究は続けられていた
しかし、朝鮮は無である。この時代80年の空白は決定的であった

信太という出版時に大阪府立春日丘高校の現役高校教師の書いた日本の学校に通う在日コリアンの子供用歴史教材の内容を形を変えて書いている。「優秀な民族である我々が日本人に後れをとった原因」であると明確に言い切っているに等しい。単なるパラノイアと見做すべきか?あるいは、この連中のオツムが正常かどうか?疑わざるを得ないが、病的レベルギリギリである。優秀な民族であれば、西欧技術との邂逅など無関係に多くの技術を自ら生み出しうるはずである。「朝鮮幽囚記」「朝鮮事情」「朝鮮紀行」を読んでみろ!と言いたくなる!従って、朝鮮史だけではなく、韓国精神疾患にも区分しておく

朝鮮の歴史と日本 信太一郎
p127
日本と朝鮮の開国には20年ほどの時差がありました。このわずかな時差が両国の進む道を大きく分けてしまったのです。


p93 
1868年1月大院君は天主教弾圧令を発し 
教徒8000人余りを処刑した

朝鮮王朝実録で、天主教でヒットするのは2ヶ所。
天主教という表現自体が明史にもあり、中国人が命名したものである。

朝鮮王朝實錄/正祖實錄/十五年(1791)

死人之前,薦酹酒食,亦 天主敎 之所禁也。且庶人之不立主,國無嚴禁,窮儒之不設享,禮無嚴防,故不立主,不設享,只爲 天主敎 也,似無犯國禁之事也。至若拒弔事,則問我親喪,且感且哀,迎哭之不暇,何忍拒之?如其不信,自有弔客。又若葬親事,棺槨衣衾,哭泣穿孝, 天主敎人,加厚加謹,何敢踈忽於葬親之事哉?執紼之禮,四尺之崇,無不如俗

もう1カ所は1792年で短く下記

初,李東郁子承薰,濡染西洋天主敎,居澤縣三年,不拜聖廟。

Notes of some of laws, customs, and superstitions of Korea

William Woodville Rockhill

Apd 1891

THE AMERICAN ANTHROPOLOGIST

勘違いしている点も多いが、朝鮮半島独特のシャーマニズムについても多く記述しており、文化人類学の論文と認めうる。
重要なのは、筆者が宣教師ではないことである。Hulbert や underwood夫人のような宣教師が書いたものが、アメリカで出版されているが、李氏朝鮮末期に関する宣教師ではないアメリカ人が書いた貴重な内容である。宣教師が書いた本には一切奴婢は出てこない。それどころか、イザベラ・バードすら気づいてはいない

19世紀末において、奴隷制を維持していたのは、東アジアでは、中国の少数民族である夷族と李氏朝鮮のみである。後者の人々は、全く知られていないことであるが、遺伝的に見た場合にはほとんど異常と言ってよいくらいに特異である。前者の夷族について、確たる証拠を示す集団遺伝学論文を探してみよう。多分ないであろうが。

いずれにせよ、奴隷制の維持=奴婢が、朝鮮史の決め手と言える特質であり、その根本的な原因は、彼らが有するDNAにあるとしか考えようがない。かなり飛躍しすぎかもしれないが?何故なら、完全に同じ言語を話す彼らの表現では「同胞」を奴隷として売買していたのであるからだ。

置換変異パターンが異なるというビックリ仰天の分析結果が出ているのだから!しかし、サンプル数が少なすぎる。バケモノのような連中がたまたまサンプルに多く含まれていた可能性もある。常識的には、置換変異パターンが異なることなどあり得ないように感じる。



This must be my apology for offering these discursory notes, jotted down from day to day during a four months’ residence at siiul as United States Charge d’Affaires in 1886-87, as they were told me by natives or Chinese friends, or as I stumbled across them in reading Korean and Chinese books.
チャンとフィールドワークをしている。既に19世紀末でフィールドワークが社会人類学論文の必須であったことに驚く

Confucianism has effectively permeated the country politically and socially, and Chinese modes of thought, Chinese literature and culture, have made Korea what it is.

この後、税は現物で、税額はおよそ収穫の50%である旨

These products, or at least some of them, such as paper, are also used in lieu of money, which is very scarce, in payment of salaries, one piece of common hemp cloth being exchangeable for zo sheets of paper, one quart of rice for one sheet.

It is to be noted that nowhere are payments in silver or any other metal, save occasionally copper cash, mentioned in the Korean Institutes, and even then these latter are not a standard unit of value, but rather the sheet of paper.

初めて知ったが、事実かどうかは不明。他の箇所と合わせて紙と麻布が通貨がわりである旨書いているが、綿布の間違いである。間違いに間違いはない!

In Korea, however, no money-changer can open a shop in the capital without the permission of the Treasury department, and in case he makes use of debased coin his shop is closed

An insane person or deaf mute is not punished with death for murder, but only exiled to a remote locality.

この後、国王への請願にに関する記述。

Crime is punished in Korea by decapitation, bastinado (subdivided into heavy and light), and banishment ; but, as in most Asiatic countries, a money commutation isallowed in all save capital cases.

Thus we find that two pieces of hemp cloth or seven ounces of siIver is the fine instead of one hundred blows or one year’s banishment, 10 pieces of hemp cloth or thirty-five ounces of silver in lieu of one year’s exile to the remotest frontiers of the realm, and so on.

罰金支払いで、朝鮮王朝実録に頻繁に出てくる「絶悪島」への流罪等々を免れるようである 

Korean society being organized according to Confucian ideas, we find the rights of parent! over chtldren, of elder over younger brothers, etc., as firmly established in this country as in China, and punishments graduated accordingly.

よく見ており、ある程度は信頼できる内容

 Thus a parent killing his child, or arl elder his younger brother, does not commit a capital offense, but is punished with a beating and exile.

親が子を殺す、兄が弟を殺しても、流罪又はむち打ち刑ですむとしているが、本当か?


Slavery, in one form or other, has existed in Korea, as in China, from the remote periods of its history.

まさにその通りであるが、筆者は、中国では当時は奴婢がいなかったことを知らない

Criminals and female children sold by their parents form at present the bulk of this class.
決定的な記述であり、宮嶋氏の研究結果と照らしあわっせても正しい。大部分が婢であり、売買価格も圧倒的に奴よりも婢が高かったようである

Cases occur where husbands sell their wives to acquit a debt, but the law forbids this practice, as it does also that of selling one's fields for a like purpose.

 A man marrying a slave owns the children she bears him, but the males become free on reaching their majority

この部分は、完全に勘違いしている。

The rights of owners over their slaves are limited by law.

真偽判定しかねる

Thus one may not be put to death by his owner before the latter has obtained the permission of the Board of punishments if he resides within Soul, or of the high provincial authorities if living elsewhere.

真偽判定しかねる

the whole population, exclusive of the noble and middle classes, being divided up among the different avocations recognized in the country

この後、衣服に関する記述

Like the Japanese, the Koreans have but little religioussentiment, but, as with Luther, the devil is an important personage

朝鮮独特のシャーマニズムに関しては、あまり興味ないので省略する。

Buddhism in Korea is, curiousty enough to my mind, much less like the form of that religion obtaining in China at least in the church ceremonies, if not in its dogmas-than is even the Japanese.

but in most of them a certain indigenous element is perceptible which makes them worthy of our notice.

The prominence given to exorcisms in Korea is characteristic of Lamaism but in nowise of Chinese Buddhism, and may have been introduced with the Buddhist religion, although I am inclined to believe that it is coeval with the earliest existence of this people

Corea or Cho-sen: The Land of the Morning Calm
Arnold Henry Savage Landor
1886


本書の内容からして、翻訳されないのは当然である。著者についての詳細は不明である。
通訳をどのようにして得たのか?に関する記述は無いが、実際に朝鮮を訪問している点は間違いないであろう。その点が、詳細不明のスウェーデン人と称する者によって書かれ「悲劇の朝鮮」とタイトルをつけて朝鮮大学教授により東洋文庫で翻訳すら出ているおバカな著作との明らかな差である。

しかし、著者は「悲劇の朝鮮」を書かせた者ほどバカではない。ハングルについて、 in only using straight lines and circles
と記述している。初めて気づいたがある意味でまさにその通りである。ただし、反切表では、そのような印象を持ちにくい。しかし、他の表音文字と異なり、確かにほぼ円と直線のみで構成されており、滑らかな曲線の使用が他の表音文字と異なり極度に少ないのがハングルの最大の特徴である

①この嘘まみれの書籍(一部に真実アリ)に掲げられたハングルのアルファベット
無題8

②実際のハングル一覧
IMG_1109

このシャープな頭脳を有する者は、他の訪問者同様に恐らくは当時の朝鮮半島の人々の精神面での先天的な特殊性に気づいていたのかもしれない。イザベラ・バードは、「高潔の士を輩出できていない」という上手い表現を使用しており、明らかに気づいていた。
F.Aマッケンジーですら他の西欧人の記述を引用する形式で強く示唆している。「遺伝と教育によって、その大部分が大げさな物言いをする人間か厚顔無恥の嘘つきである。」

著者に関する英語版ウキペディア記事から。
Arnold H. S. Landor was born to Charles Savage Landor in Florence, Italy, where he spent his childhood.

He then traveled the world, including America, Japan, and Korea, painting many landscapes and portraits.

His 1895 travel memoirs from Korea included accounts of appointments to portray two Princes of the ruling Min clan, each of whom received him more graciously than they had the British consul.

The gifts from one of his sitters included a white leopard skin and a set of screens that were of especial rarity.


CHAPTER I
It was on a Christmas Day that I set out for Corea. The year was 1890.
The next day we reached the Corean port of Fusan.
The Neapolitan lazzaroni, of world-wide reputation for extreme laziness, have indeed worthy rivals in the Corean peasantry.

The women are made to do all the work, for by them the crops are gathered, and by them the seeds are separated with the old-fashioned roller-gin.
この記述からして、この書籍が出版される前に既に、別の朝鮮人に関する書籍が既にアメリカで出版されていたと思われる。探すこと。

I bade good-bye to the jolly captain and mate, and getting my traps together, landed for the second time on Corean soil.

CHAPTER II

 I am not alone. The feeling is in part, I think, due to one's new surroundings, though chiefly to the facial expressions of the people, with which one is not familiar and probably does not quite understand. 

It was then with some such feelings as these that I landed at Chemulpo.

When I visited Chemulpo there were actually three European hotels there. These were European more in name than in fact, but there they were, and as the night was fast approaching, I had to make my choice, for I wanted a lodging badly.

One of these hotels was kept by a Chinaman, and was called Steward's Hotel

意味のある記述は無し


CHAPTER III

The scenery along the road cannot be called beautiful, the country one goes through being barren and desolate
真実を書いている

意味のある記述は無い

CHAPTER IV

Not only that, but when you notice a crowd of Coreans you will be amazed to see among them people almost as white and with features closely approaching the Aryan, these being the higher classes in the kingdom.
嘘つくな!
The more common type is the yellow-skinned face, with slanting eyes, high cheek-bones, and thick, hanging lips.
一応は、嘘を上手く否定している

ここ以降は飛ばし読み。意味のある記述はない


CHAPTER V
As is pretty generally known, the women of Cho-sen, with the exception of the lower classes, are kept in seclusion. They are seldom allowed to go out, and when they do they cover their faces with white or green hoods, very similar in shape to those worn by the women at Malta.
そのとおりである。

Women of the commoner classes can always be detected, not only by the coarser clothes they wear, but also by the way their hair is made up. 


One very strange custom in Corea is the privilege accorded to women to walk about the streets of the town at night after dark, while the men are confined to the house from about an hour after sunset and, until lately, were severely punished both with imprisonment and flogging, if found walking about the streets during "women's hours." 
この奇妙な風習についてはイザベラバードも書いていることから本当かもしれない?

The coolies, and people of a similar or lower standing, cannot do without a female companion, for it is she who prepares the food, washes the clothes, and sews them up. She is beaten constantly, and very often she beats the man, for the Corean woman can have a temper at times. Jealousy en plus is one of her chief virtues. I have seen women in Seoul nearly tearing one another to pieces, and, O Lord! how masterly they are in the art of scratching.
親韓で著作の多い小倉氏ですら、韓国の市場での女性同士のケンカのことを書いている


CHAPTER VI

One great feature of Cho-sen life are the children. One might almost say that in Cho-sen you very seldom see a boy, for boyhood is done away with, and from childhood you spring at once to the sedate existence of a married man.Astonishing as this may sound, it is nevertheless true. The free life of a child comes to an end generally when he is about eight or nine years of age. At ten he is a married man, but only, as we shall see later, nominally. For the present, however, we shall limit ourselves to a consideration of his bachelor days.

嘘である。boyではなく、girlsを外で見ないのだ!

Family ties are much regarded in the Land of the Morning Calm, and great interest is taken by the distant relations in anything concerning the happiness and welfare of the family. 

But let us return to the Corean family. The mother, practically from the beginning, is a nobody in the household, and is looked upon as a piece of furniture or a beast of burden by the husband, according to his grade, and as an ornament to the household, but nothing more by her own sons.

Her daughters, if she has any, regard her more as a friend or a companion, sharing the lonely hours and helping her with her work. The women never take part in any of the grand dinners and festivities in which their husbands revel, nor are they allowed to drink wine or intoxicants. They may, however, smoke.
これはまさにその通りである。当時の朝鮮人女性は人間扱いされず夫の所有物であった


CHAPTER VII

During the time that I was in Seoul?and I was there several months?most of my time was spent out of doors, for I mixed as much as possible with the natives, that I might see and study their manners and customs.

 I was very fortunate in my quarters: for I first stayed at the house of a Russian gentleman, and after that in that of the German Consul, and to these kind friends I felt, and shall always feel, greatly indebted for the hospitality they showed me during the first few weeks that I was in the capital; but, above all, do I owe it to the Vice-Minister of Home Affairs in Corea, Mr. C.R. Greathouse, in whose house I stayed most of the time,

The Corean inns?and there are but few even of those?are patronised only by the scum of the worst people of the lowest class, and whenever there is a robbery, a fight, or a murder, you can be certain that it has taken place in one of those dens of vice.
そのとおりである

It is only seldom that beggars are to be seen in Cho-sen, for they are not allowed to prowl about except on certain special occasions, and festivities, when the streets are simply crammed with them. 

As you know, the Land of the Morning Calm is often troubled at night by prowling leopards and huge tigers which make their peregrinations through the town in search of food.
これは明らかな嘘である。豹や虎などこの時代ですら、街中に出るはずがない。本を売るためであろうが、この書籍の内容の信憑性を誰もが疑わざるを得ないであろう。

But if you want to see a really strange sight, here at last you have it. It is a high official going to Court in his state mono-wheeled chair.
これは本当の事であり、アメリカ議会図書館の写真でも確認できる

無題5

It cannot but seem strange that the Coreans should be ignorant regarding the little pagoda above mentioned. I call it "little," for I do not think it stands more than fifteen or twenty feet from the base to the top. Probably in Seoul itself there is not more than one man out of fifty who knows of its existence, and those who are acquainted with it, beyond telling you emphatically that it is not a Corean work, can give you no information about it. It is not improbable that, in the course of some friendly or unfriendly intercourse between the Chinese and the Coreans, this pagoda was brought or sent over from China.
これは初めて知った。しかし、????。なおかつ、パゴダに関する記述の内容が明らかにおかしい。
もっと高いはずである
無題6
これはこの書に描かれたパゴダのイラスト
fifteen or twenty feet としているが、下がアメリカ議会図書館の画像ライブラー中の恐らくは同じであろうパゴダの画像。初めて知ったが、この恐らくは高麗時代のパゴダは、中国人技術者によって建設された可能性が高いのだ

pagoda


ここ以降は、バカらしいので読まず。

CHAPTER VIII

Until quite lately, the coast villages and towns used to suffer much at the hands of Chinese pirates, who, though well aware that they would, if caught, most certainly find themselves in the awkward position of having their heads cut off, nevertheless used to approach the coast by night in swift junks, make daring raids, and pillage the villages, and even some of the smaller towns.
このような史実を一度も正規の歴史書で読んだことはない。

One cannot but admire the Japanese, however, for the cleanliness of their houses and for the good-will?sometimes too much of it?which they display as well in their commercial dealings as in their colonising schemes. The custom of daily bathing in water of a boiling-point temperature is carried on by them in Corea as in their own country, notwithstanding which I venture to say that the Japanese are very dirty people. This remark seems non-coherent and requires, I am afraid, some explanation.
ハチャメチャな記述である。いい加減にしろ!

この後、迎恩門のイラストと記述があるが、内容は正しい

There are two types of individuals that are very interesting from a picturesque point of view; viz., the water-coolie, and the man who carries the huge locks and keys of the city gates.

His work consists in carrying water, from morning until night, to whoever wants it.

無題7

The lock-carrier, again, is by no means the dirtiest individual in the land of Cho-sen, at least as far as it was my good fortune to see.


CHAPTER IX

The houses in Corea may be divided into two classes?those with thatched roofs of barley-straw, and those with roofs of tiles, stone and plaster.

One peculiarity, which characterises the majority of Corean houses of the better sort is that they are entered by the windows; these being provided with sliding latticed frames covered with tissue paper, and running on grooves to the sides, like the Shojis of Japan. 
何かの勘違いをしている。

The Coreans eat their food with chopsticks, but contrary to the habits of their neighbours, the Chinese and the Japanese, spoons also are used.

The diet also is much more varied than in either of the neighbouring countries, and game, venison, raw fish, beef, pork, fowls, eggs, and sea-weed are much appreciated.
嘘つくな!著者は宮廷で最上級の料理を食べていたのであろう。

Among the lower classes in Corea tea is almost unknown as a beverage. 
バカめ!茶さえ飲めないのが真実である

Presuming that my reader has survived this pun, I will now go on to state that it is a common thing in Corea to begin a dinner with sweets, and that another curious custom is for all present to drink out of the same bowl of wine passed round and of course re-filled when empty. 
嘘つくな!

この章の記述は、この書籍の価値を大幅に減じる内容であると断言せざるを得ない。

CHAPTER X

Among the several misfortunes, or fortunes, if you prefer the word, with which a Corean man has to put up is an early marriage. He is hardly born, when his father begins to look out for a wife for him, and scarcely has he time to know that he is living in the world at all than he finds himself wedded.... The Coreans marry very young. 

I have seen boys of ten or twelve years of age who had already discarded the bachelor's long tress hanging down the back, and were wearing the top-knot of the married man.

It must not be supposed, however, that these youthful married men are really wedded in the strict sense of the word, for, as a matter of fact, though husband and wife in the eyes of the world, the two do not live together till the age of puberty is reached.

In other words, the marriage is for several years only a nominal one, and corresponds rather to our "engagement." 
上4段落の記述は、まさにその通りである。下は12歳の結婚したガキとの会話形式

"When will you go and live with your wife?"

"When I shall be nineteen or twenty years old."

The practice of having concubines is a national institution and of the nature of polygamy.

To obtain a divorce in Corea is not an easy matter. 

Adultery until lately was punished in Corea with flogging and capital punishment.

Women who are much deformed and have reached a certain age without finding a husband are allowed the privilege of purchasing one, which, in other words, corresponds to our marriage for money.But this sort of thing is not very frequent, and husbands in such cases are generally recruited from among ruined gentlemen or from the middle classes, among whom with money anything can be done. It is not considered quite honourable, and the Cho-senese despise such conduct on the part of a man.
こんな風習は、知る限りでは李氏朝鮮になないはずだ。著者は完全に間違えているが、何と勘違いしたのかは?

When a woman marries she becomes co-proprietress of all her husband's fortune and property, and should he die without having any sons, money and land descend to her.

When this happens, however, the larger part of the fortune is swallowed up by the astrologers and priests, who give the woman to understand that they are looking after the welfare of her deceased beloved.
これも多分誤りである。韓国で女性が単独で相続できるようになったのは、20世紀末である。ほぼ確実に、宮嶋氏と同様に、この時代の朝鮮人に騙されて書かれた記述である

The life of a Corean woman, though that of a slave kept in strict seclusion, with prospects of floggings and head-chopping, is not always devoid of adventures. 

CHAPTER XI
この章は全く意味のある記述無し

CHAPTER XII

I had some more amusing experiences on the occasion of my first visit to the royal palace. The King had sent me a message one evening saying that any part of the royal palace and grounds would be opened to me, if I wished to make observations or take sketches, and that it would give him much pleasure if I would go there early the next morning and stay to dinner at the palace.

The royal palace may be considered as divided into two portions, namely, the summer palace and the winter palace.

It is a great mistake to suppose that the good-natured King of Cho-sen, possesses a harem as big as that of the Sultan of Turkey; indeed, the contrary is the fact. He is quite satisfied with a single wife, that is to say, the Queen.
この後に続いて、以前の国王はそうではなかった旨書いているが、王宮に出入りしながら、巫女が王宮に出入りしていたことは気づいていないようである

以下は参考になる記述はない

CHAPTER XIII

At the beginning of the New Year, and soon after the festivities are over, the streets of Seoul are crowded with students who come up to town for their examinations.

The King in person assists at the oral examinations of the upper degree. Those of the two lower degrees are superintended by princes who sit with the examiners, and report to His Majesty on the successes of the different candidates.

It is generally the sons of the nobles and the upper classes all over the kingdom who are put up for these examinations; those of the lower spheres are content with a smattering of arithmetic and a general knowledge of the alphabet, and of the proper method of holding the writing brush, sometimes adding to these accomplishments an acquaintance with the more useful of the Chinese characters.

The Corean alphabet is remarkable for the way in which it represents the various sounds. That this is the case, the reader will be able to judge by the table given opposite. The aim of the inventors, in only using straight lines and circles, has evidently been to simplify the writing of the characters to the highest possible degree.

 in only using straight lines and circles
ハングルに対するこの指摘には驚いた。著者はバカではない

無題8

It will be at once noticed that an extra dot is used only in the case of the vowel e and the diphthong oue; nothing but straight lines and circles being employed in the other cases. 

The State documents and all the official correspondence are written in Chinese characters, and hardly at all in the native alphabet, an exception being occasionally admitted in the case of a difficult character, when the meaning is written with the Corean letters, side by side with the Chinese form.
そのとおりであり、よく知っている

The Corean alphabet is rather despised by the male "blue stockings" of Cho-sen, and is considered as fit only for poor people, children and women; in short, those whose brains are unable to undergo the strain of mastering and, what is more, of remembering, the meaning of the many thousands of Chinese characters.
そのとおりである

Not only that, but the spoken language itself is considered inadequate to express in poetic and graceful style the deep thoughts which may pass through the Corean brains; and, certainly, if these thoughts have to be put down on paper this is never done in the native characters.

Education, as a whole, is up to a very limited point pretty generally spread all over the Corean realm, but of thorough education there is very little. 

In former times students showing unusual ability were sent by the Government to the University of Nanking, to be followed up by Pekin, but this custom was abandoned until a few years ago, when it was in a measure revived by the sending of two noblemen, first to Shanghai and then to America, to learn and profit by Western studies. 
李氏朝鮮時代に、漢字能力に非常に秀でた者は南京に派遣されたことを初めて知った。事実であればだが。

There is not the least doubt that, though to the casual observer the majority of Coreans appear depressed and unintelligent, they are, as a matter of fact, far from stupid.

I have met people in the land of Cho-sen, whose cleverness would have been conspicuous in any country, Western or otherwise. When they set their mind to learn something they never cease till their object is attained, and I can vouch for their quick comprehension, even of matters of which they have never before heard.

お雇い外国人であるからして、当然、悪くは書けないであろうが、知能は当然、中国人・日本人とは極度には大きな差はない。差があるのはメンタル面である。イザベラバードは。「高潔の士」を輩出していないという表現で見破っている

Languages seem to come easy to them, and their pronunciation of foreign tongues is infinitely better than that of their neighbours, the Chinese and the Japanese. 

Partly, in consequence of habits of thought like this, and partly, because it answers to leave the public in ignorance, superstition, which is one of the great evils in the country, is rather encouraged. Not alone the lower classes, but the whole people, including nobles and the King himself, suffer by it. 
著者は風水と日本語で訳されている迷信や巫女については言及してはいない

CHAPTER XIV

The generality of people in Corea are not religious, though in former days, especially in the Korai-an era, between the tenth and fourteenth centuries, they seem to have been ardent Buddhists.

Shamanism is at the present time the popular religion, if indeed there is any that can be so designated.

There are also in Corea nunneries for women who desire to follow a religious life. Curiously enough, contrary to the rule with us, the Corean nuns are more emancipated than the rest of the native women.

One of the best features of Confucianism is the inculcation of respect towards parents and old people, in which respect both monks and nuns do a deal of good; though, otherwise, I think the country might advantageously be without these institutions.

李氏朝鮮の宗教について、かなり正確に記述している

CHAPTER XV
My present object is to describe some of the punishments inflicted on criminals, and, though they are, as a whole, quaint and original, I cannot say that they are pleasing, either to see or to read about.

A heavy wooden plank, about twelve feet long and two feet wide, with an aperture in the centre, is used, the man's head being passed through the aperture and then secured in it in such a way that he cannot remove it.

A more severe punishment still is the square board, a piece of wood too heavy to allow of the man standing for any length of time, too wide to allow of his arms reaching his face, too big to allow of him resting his head on the ground and going to sleep, and too thick to allow of his smashing it and getting rid of it.

This last mode of punishment has, I think, been imported from China, for I have also seen it frequently in the Empire of Heaven. 
そのとおりである。この処罰は中国からものである。しかし、掲載イラストは明らかに誇張している

無題9
実際には、下のとおりである。
①中国
china

②朝鮮
korea




The principal, and most important, of all the lesser punishments, however, is flogging. 

Imprisonment is not a favourite punishment with the Corean magistrates, for the infliction of such a penalty means considerable expense to the country, and would be but little punishment to the natives, who, by such confinement, would suffer little or nothing physically, and certainly not at all morally. Some, however, especially of the nobler classes, are kept confined, even for years, in expectation, for instance, of a sentence of capital punishment being carried out, or else in the hope that through influential friends they may obtain the royal pardon. As a rule, particularly with the better classes, exile is deemed a more impressive punishment than imprisonment, and when confiscation of land and property goes with this, the punishment is, of course, all the more severe.

Of banishment there are several different kinds.

Corean law is very lenient to women and children, or unmarried men, which latter class, as we have seen, are classified in the same category as the former. The head of the family is supposed to punish smaller offences as he thinks fit, either by rod or fist, the law only providing the severer forms of punishment for the bigger crimes.

ここまでの処罰に関しては、極めて正確に記述している

Slavery in Corea, even when it existed, was, however, always of a very mild form. The women were mostly employed as servants about the house, while the man tilled the ground, but in neither case was rough dealing the rule, and, far less, ill-treatment. They were, too, well fed and clothed; so much so, that many people used to sell themselves in order to acquire a comfortable living. In time of famine this must have very often occurred, and many families whose ancestors under such circumstances stood by the nobles and rich people are even to the present moment supported by them, though no longer as slaves, but rather as retainers and servants. They are perfectly happy with their lot and make no agitation for liberty; in fact, like the bird that has been born and bred in a cage, if left to themselves, they would probably soon come to a bad end.

この奴隷に関する記述は重要である。「為奴=奴隷とするは、流罪と並んで主要な刑罰であった。
この著者はそのことを知って、この章に入れたのであろう。しかし、奴隷とする刑罰が存在していることを、あえて、伏せている。又は直接的には記述していない。馬鹿な韓国人どもが読むと何故?と思うであろう

CHAPTER XVI
 I mean an execution as carried out in the Land of the Morning Calm. 
 The execution represented in the illustration, took place on the sixth of February, 1891, and is a reproduction of a picture which I have done from sketches taken on the spot. 
町中での処刑の様子が記述されているのみ

CHAPTER XVII
The official life of the King of Corea is secluded. He rarely goes out of the royal palace, although rumours occasionally fly about that His Majesty has visited such and such a place in disguise. When he does go out officially, the whole town of Seoul gets into a state of the greatest agitation and excitement. Not more than once or twice a year does such a thing happen; and when it does, the thatched shanties erected on the wide royal street are pulled down, causing a good deal of trouble and expense to the small merchants, etc.

以下は国王の公式外出時のくだらん記述のみ

CHAPTER XVIII

One of the characteristic sights in Cho-sen is a private fight. The natives, as a rule, are quiet and gentle, but when their temper is roused they seem never to have enough of fighting.
以下は、くだらん記述のみ

CHAPTER XXI

Where the Coreans?and I might have said all Asiatics?excel, is in their capacity to show contempt.

Notwithstanding the fact that it is not uncommon to hear Coreans being classified among barbarians, I must confess that, taking a liberal view of their constitution, they always struck me as being extremely intelligent and quick at acquiring knowledge. 

They possess a wonderfully sensible reasoning faculty, coupled with an amazing quickness of perception;

a fact which one hardly expects, judging by their looks; for, at first sight, they rather impress one as being sleepy, and dull of comprehension.

One of the drawbacks of the Corean mind is that it is often carried away by an over-vivid imagination. 

In this, they reminded me much of the Spaniards and the Italians.

 They are much given to exaggeration, not only in what they say, but also in their representations in painting and sculpture.

This habit of dreaming is to a large extent due, I imagine, to their mode of sleeping flat on their backs on the heated floors, which warm their spines, and act on their brains; though it may also, in addition to that be accounted for by the intensity of the daily emotions re-acting by night on over-excited nervous systems.

As for snoring, too, the Coreans are entitled to the Championship of the world.

He seemed to take life as it came, and never worried much about it. He had, too, practically no religion and no morals.

He cared about little, had an instinctive attachment for ancestral habits, and showed a thorough dislike to change and reform.

The poor harmless Corean, however, is not allowed that privilege. He, as if by sarcasm, calls his country by the retiring name of the "Hermit Realm" and the more poetic one of the "Land of the Morning Calm"; "a coveted calm" indeed, which has been a dream to the country, but never a reality, while, as for its hermit life, it has been only too often troubled by objectionable visitors whom he detests, yet whom, nevertheless, he is bound to receive with open arms, helpless as he is to resist them.










Fifteen Years Among the Top-Knots; Or, Life in Korea
Lillias Horton Underwood

著者は1851年生まれであり、37歳の時医師兼長老派キリスト教布教者として朝鮮に渡り、この書にもあるとおり現地で牧師のUnderwood氏結婚し、高齢出産で一児を生んでいる。

英文ウキペディアによれば、1921年70歳で朝鮮半島で死亡し、お墓も朝鮮にある。
まさに生涯を朝鮮半島でのプロテスタント布教にささげた女性である。
ダレの朝鮮事情と並びうる内容かもしれないが、客観的な記述が少なく、プロテスタント布教活動にあまりにも重点を置いた内容のせいか日本語訳は存在しない。

「朝鮮幽囚記」「朝鮮紀行」「朝鮮事情」がいずれも、李氏朝鮮時代の朝鮮半島の人々の姿を生き生きと映し出し、FDA論文の核心とも言える朝鮮半島の人々の中国人・日本人とは異なる遺伝的な特殊性を強く示唆する内容であるのに対し、本書は17章で真っ向から反論している

しかしながら、本書に記述されている数少ない朝鮮人男性について、著者は、真のキリスト教信者であるとは一切書いてはいない。それどころか、礼拝も男女別々に行われていた旨明記している。
一言で言えば、徐載弼を除き何ら本質的な賞賛しているわけではない。

朝鮮人男性に関しての記述で最も多いのはSo Jay Peelという者である。アメリカ市民権を有している旨13章で記述しているが、英文字でいくら検索してもSo Jay Peelという人物の名が出てはこない。
しかし、独立クラブを英文検索するとウキペディア記事に出てくる
So Jay Peel=Soh Jaipil=Philip Jaisohnであり、アメリカ人女性と結婚して自動的に市民権を得ている

やっと、徐載弼であることが判った。日本語のウキペディア記事に詳細があった。著者の入れ込みようとは異なり、この人物は、アメリカへの再度の帰国後は、事実上は何もしてはいない。

著者が本書の中で朝鮮人男性についてある程度のボリームで記述しているのは、事実上は、徐載弼に対する記述のみである。圧倒的に多いのは同じ西欧人に関する記述である。Mr で検索して一々調べたので間違いない!本書執筆まで15年間も朝鮮に居住していながら・・・。ありえんだろう。

その点にこそ、全人口の約3割(最低でも25%)がキリスト教信者であるにもかかわらず、何らのキリスト教色を感ずることがない朝鮮=韓国の特異性がある。著者の必死の努力にもかかわらず、唯の一人の朝鮮人男性キリスト教信者を生み出しえなかったと推定される。真の意味での・・・

そして、その特異性がほぼ確実にほとんど異常と言ってよいレベルの彼らが有するDNAの特性にあることを、敬虔な信者であるこの女性は気づいていないようである。イザベラ・バードが朝鮮紀行で喝破したように、「高潔の士」を生み出しえない異様なDNAである


CHAPTER Ⅰ

I landed in Korea at the port of Chemulpo on a cloudy, windy March day, in 1888.

Their garments appeared to consist of a short loose jacket and long baggy trousers, of a dirty white native cloth These garments among the poorer classes are never changed oftener than twice in a month.
月 2回以上は、洗濯さえしないとは、汚い。

The trip from Chemulpo to Seoul, about twentyeight miles, was made the following day, in a Sedanchair carried by four coolies The road, although a much traveled one, was very bad, but is now replaced by a railroad which accomplishes the distance in about two hours and a half.

The country I found pleasantly rolling—comparatively few trees were seen, and the population thereabout seemed quite sparse Here and there were squalid mud huts thatched with straw.
やはり、禿山だらけであったことが、よく分かる。

Entering through these gates, fortunately not yet 4 closed, we saw narrow, filthy streets, flanked by low mud houses, either thatched with straw, or tiled.
首都のソウルでさえ、道は汚く、両脇の家は、藁葺きと瓦のどちらか。

The common people are very poor and their homes seem to an American wretchedly poor and comfortless, and yet, compared with the most destitute of London or New York, there are few who go cold or hungry in Seoul

Many of the homes of the poor consist of but one room, with a sort of outer shed, which is used as kitchen Such a place often has no window, or at most only a tiny one, and both window and door are covered with white paper instead of glass.
アメリカ議会図書館の画像と完全に一致している。

It is needless to say that everything in connection with these houses is fearfully unsanitary, and many of them are filthy and full of vermin.
日本の江戸時代と比べてすら、不潔さがよく分かる

Our mission, which at that time had been established about four years, was high in favor with the government Dr Allen first, and later Dr Heron, were the official physicians to the king, who had established a government 6 hospital, over which he had placed them in charge Miss Ellers, lately married, had been appointed medical adviser to the queen and had been placed in charge of the women’s department of the hospital, both of which positions she had resigned after her marriage, and to both of which I had been appointed to succeed The members of the mission whom I found were Dr and Mrs Heron, Rev H G Underwood and Mrs Bunker (formerly Miss Ellers). Dr and Mrs Allen had returned to America on an official mission.

A few days after my arrival in Seoul a messenger came from the queen, to bid me welcome, and inquire if I had had a pleasant journey, and shortly after Mrs Heron asked some of the queen’s attendants to meet me at luncheon.
メモ省略するが、明治時代初期の日本と同様のお抱え外国人である。

Korean women as a rule are not beautifulI, who love them as much as any one ever did, who look upon them as my own sisters, must confess this.
確かにその通り。整形しなければ!ダハハ

Sorrow, hopelessness, hard labor, sickness, lovelessness, ignorance, often, too often, shame, have dulled their eyes, and hardened and scarred their faces, so that one looks in vain for a semblance of beauty among women over twentyfive years of age.&
ソリャそうだ、何しろ、 20世紀末まで、女性には、相続権すらなく、朝鮮人どもに、常に殴られたのだから

この後は、外国人は、子供を食べるという中国起源のバカ話を信じた朝鮮人どもが、家にまで来た程度の内容で、客観的な記述はない。

CHAPTER II

I was conducted, however, through neither of these three main gates, but as a very strict rule was then in existence that no chair coolies should be allowed within the palace walls, my chair was carried to a small gate, much nearer the royal apartments, so that we should not be obliged to walk so far.

chair cooliesは、朝鮮半島独特の奴婢即ち奴隷と考えて間違い

During my first year I had the exciting and doubtful privilege of being present at a native sectional or stone fight, an experience which few covet even once—and which the wise and informed, at least of womankind, invariably forego

Mr Underwood and I had been engaged since the early fall, and we had arranged to be married, and to start for the country on the fourteenth of March The whole foreign community seemed to vie with each other in tokens of kindness and good will towards on that occasion.

No European woman had, as yet, ever traveled in the interior of Korea, and not more than four or five men had ever ventured ten miles outside the walls, except to the port.
確かに、イザベラバードよりも、この女性が一番最初にソウル以外の朝鮮を見た西欧人女性だ。

Chapter Ⅲ

I had a practical illustration of the inconvenience of Korean methods of laundry in this town, for giving out a number of articles to the tender mercies of a Korean woman, they were returned minus all the buttons They had pounded the garments on a stone in some stream, and as a precaution had removed all these little conveniences before doing so There was no starch, no bluing, and no ironing.
朝鮮人どもの洗濯の様子がわかる

北への旅行で、平壌にはいいった後、
The Koreans do not bear malice, nor are they very revengeful or cruel without great provocation We merely had to do with a rough crowd, who gathered thinking we were probably a base sort of people and when they saw that we behaved as quiet, decent Koreans would do, they respected our reserve and curbed their curiosity, though a few boys threw stones and hooted, and they all followed a few rods outside the village, but we soon found ourselves peacefully alone.

イザベラバードも中国で同じ目に遭っている

Chapter Ⅳ

Kangaiという、中国国境近くの街を訪れた。

庶民の家の写真がある。

We learned afterward that they were a set of wild men, many of them fugitives from justice, probably an organized band of robbers, into whose hands we had fallen, and the fear that lay like ice at my heart was that when all our friends and defenders were one by one removed they would carry away and murder my husband too So I waited, scarcely breathing, for the next return.


They said they had robbed and killed a Japanese officer some years ago, and having never been punished, would be quite safe in treating in a similar way On our return to Seoul we found by inquiry that this was true, that while government had been forced to pay a heavy indemnity, they had never been able to identify and punish the murderers.

Owing to the fears of our American minister, Mr Underwood had been forbidden to preach in the country at this time, so that his work was limited to studying the country and the people and their possibilities, laying plans for future work, examining, instructing and encouraging converts and supervising and testing the work of native helpers As for me, the effort to make a favorable impression through the treatment of the sick and the distribution of tracts was the limit of my usefulness.

Chapter Ⅴ

Wewonという町に、滞在してるが、どこなのかが不明。


Drunkenness is, I am sorry to say, very common in Korea The people do not, as in Japan and China, raise tea, and even the wealthiest have apparently only recently learned the use of either tea or coffee, which the common people are far too poor to buy.

We returned to Seoul by the main road, with as few delays as possible, and had an uneventful trip, troubled by no mobs or robbers.

We found ourselves safely at home near the middle of May, having been absent over two months, traveled more than a thousand miles, treated over six hundred patients, and talked with many times that number.

5章も興味ある記述なし。王妃から、結婚プレゼントを貰った

CHAPTER VI

1889年である

Late in November of the same year we went to Japan to publish Mr Underwood’s grammar and dictionary, as there were no means of printing such books in Seoul.
この頃朝鮮では、印刷も不能であったのだ!

he sadly told Mr Underwood that he now understood why Japanese prospered, while Koreans grew poor “Koreans,” said he, “earn a hundred cash a day and eat a thousand cash worth, while Japanese, on the contrary, earn a thousand cash a day and eat a hundred cash worth” Never were truer words spoken, with regard to the Japanese at least If these people have a virtue, which their worst enemies cannot gainsay, it is their industry and thrift.

Never were truer words spoken
には、ニヤリ😁だ。今日の韓国人どもも全く同じ

On April 26, 1890, the books were finished, and we started at once for Korea, reaching here in May Soon after our return from Japan we were visited by Dr and Mrs Nevius.

Seoul lies in a basin, encircled by mountains, and is extremely unhealthy in summer, its festering pools and ditches overflowing with filth, steaming a very witches brew of evils upon the sickened air, with odors unspeakable and undreamed of in civilized lands.
ソウルの夏が不健康なほど暑いのなら、日本の夏は地獄

A strong superstition and very rigid law forbid the burial of the dead within the city walls, and hitherto the few Europeans who had died had been buried in the cemetery near Chemulpo.

I can never tell with what regret, shame and pain I left Korea.

But God brought a blessing out of it, as he always does from every seeming misfortune, for through that return to America several missionaries were obtained, a new mission established and greater interest in Korea aroused in the minds of American, Canadian and English Christians.

On our return to Korea most of the summer was spent at Chemulpo, as our baby was very sick We stopped in a socalled “hotel,” kept by Chinamen.

CHAPTER VII

In the fall of 1893 we moved too early into a house recently repaired and not yet completed, with wet mud walls and no windows fitted in some of the rooms.

Many of the middle and lower classes were coming into the church, men’s and women’s meetings were well attended, and even the little boys in the school seemed full of Christlike zeal, and spent some of their holiday and play hours in telling the good tidings and distributing tracts.

キリスト教の布教が成功しつつあるようだ

Before our return to America in 1891, and for some years after, it was the cruel custom among wealthy natives to put servants, dependents or strangers at once on the street, if afflicted with any infectious disease, and it was the commonest occurrence to find poor people lying by the roadside, either exposed to the bitterest blasts of winter or the blazing heat of midsummer.

Soon after our return, we were able, at a very low price, to buy a beautiful piece of ground on a breezy hillside, covered with fine trees and with a good tiled house having six or seven rooms.

While we who were in Seoul had all suffered more or less from ill health, everything was quiet and orderly, and the Japanese deserve great credit for the fine discipline of the army, and the good order and comfort of natives and foreigners in a city entirely at the mercy of the victorious troops of an Eastern nation.


During the fall and winter of ’94 and spring of ’95 the queen sent for me very often, asking many questions about foreign countries and their customs, and chatting most affably.

金という名の朝鮮人は1回しか出てこない。この箇所のみである
Mr. Kim Yun O, the wealthy man of the village, one who had been a great sinner but was now one of the strongest and most earnest of the leaders, had invited us to occupy his new sarang or guest room. It was quite a commodious sunny room, and we were pleased to find it was quite new, so we need fear few of our little enemies.

CHAPTER VIII

In the meanwhile, in the fall of 1894

In the early summer of 1895, Mr McKenzie wrote, asking Mr Underwood to go and dedicate the church and receive a number of applicants for baptism.

この年、コレラ

CHAPTER IX

And now again the rod was to fall The disease began with terrible violence, men in full vigor in the morning were corpses at noon, several members of the same family often dying the same day.

The Japanese and many of the more enlightened Koreans took the alarm early, and seeking the counsel of European and American physicians planned to establish quarantine and sanitary regulations for the whole country, but as an astute young Korean sadly remarked, “It is easy enough to make the laws, it is more than doubtful whether they can be enforced”

Not long after the cholera epidemic, and the events connected with it, occurred the tragedy at the palace—the murder of the brilliant and progressive queen, the friend of progress, civilization and reform.

Count Inoye, who, in the name of his government, had hitherto promised to the queen the support and protection of Japan was recalled.

He was replaced by Count Miura, who was a man of very different tendencies Count Miura was a very strong Buddhist, and passionately devoted to the supposed interests of Japan as against those of any other nation.

One morning, the 8th of October, 1895, we heard firing at the palace.

when meeting a Korean noble, he told with face all aghast, that it was currently reported that the queen had been murdered.

The Tai Won Kun was at that time under guard,

The troops therefore marched with the old man in his chair to the palace gates, where all had been made ready.

Ammunition had been secretly removed, native troops trained by Americans&

had been mostly exchanged for those trained by Japanese, and after a few shots, and scarcely a pretence of resistance, the attacking party entered.

The queen therefore remained in a good deal of uneasiness and anxiety, but only when the Tai Won Kun and the hired assassins rushed in, calling for the queen, did she attempt, alas! too late, to hide.

There was some confusion, in the numerous verbal reports which reached , but two foreigners, a Russian, Mr Sabbatin, and an American, General Dye, who were eyewitnesses of nearly all that occurred, both agreed in the statement, that Japanese troops under Japanese officers surrounded the courtyard and buildings where the royal party were, and that the Japanese officers were in the courtyard, and saw the outrages which were committed, and knew all that was done by the Japanese&



CHAPTER X

In the meantime the king and crown prince were held prisoners in their own palace by a cabinet composed of Koreans who were favorable to the Japanese government.

The day after the assassination, the king’s second son, Prince Ouiwha, sent to ask refuge in our house, where, this being American property, he would be safe from arrest.

Numbers of Koreans came to my husband with various schemes for the accomplishment of the king’s release, seeking his advice and aid, but while he was very willing to express his sympathy with their object and his disapproval of the rebel government, he did not consent to any part in any of their projects, partly because he did not know whom to trust, and partly because none were such as he, a missionary, could take part in or support.

Mr Underwood was bitterly accused in Japanese newspapers of having promoted, and even led the harmless attack on the palace, and though as he was not only absolutely innocent, but ignorant of it, and not one particle of

evidence could be found, he was obliged to endure a great deal of slander, which he would not have considered worth a second thought had it not been made to reflect on his profession and the cause he lives only to forward The two facts that General Yun was at our house the night before, and that Mr Underwood, at the request of our minister and the king, was at the palace on the eventful night, were used to give a show of probability to stories widely circulated, and allowed to remain uncontradicted by those who knew the facts.

CHAPTER XI

朝鮮のチョンマゲに関するこの章は、読まなかった。
迎恩門の写真がこの章に掲載されているが、独立門の写真は掲載されていない。かつ、写真では、迎恩門のことを独立門としている
無題10
下の写真が、迎恩門だ!どう見ても同じ。この書籍の信憑性に疑問符がつかざるを得ない。加えて、他の写真は明らかに当時の朝鮮の暗部を隠していると断定してよい

無題11


CHAPTER XII

In the late fall of the same year Mr Underwood and I started again on a trip to the interior, the first we had made together since our wedding journey, but now we were accompanied by our child, six years old, and a native woman, who acted as cook, nurse and general assistant.

When we arrived at Sorai I found the Christian women all gathered to meet me in the house of one whom I had known before in Seoul.

For some time before and after the removal of the king to his own palace in Chong Dong, a growing feeling of anxiety and distrust was felt over the preponderance of Russian influence, which found expression in the formal request made to the king to leave the legation.

So that now, when the menace seemed to shift its quarters from the west to the north, the Independence Club began to make itself heard against Russia.

But his heart turned to his country, and after the Japanese war and the establishment of Japanese prestige, he returned to Korea, where he became adviser to the king, and soon after started a newspaper called the “Independent,” which was printed half in English and half in the native character Mr So proved himself a gifted, brilliant and eloquent man, full of enthusiastic devotion to the emancipation and welfare of his country, perhaps too impatient and precipitate in trying to hasten the accomplishment these great ends, a fault common with young and ardent patriots Mr So was the first president of the club, and was succeeded by Mr Yun Chee Ho, a son of General Yun, who had led the attack on the palace for the rescue of the king Like Mr So, he had been for some years away from Korea, having been educated partly in China in an American Methodist Mission school, and partly under the same auspices in America Both he and Mr So are members of American Protestant churches Mr Yun, who, however, still retains his Korean citizenship, is also both a fine writer and speaker, and an enthusiastic patriot and progressionist He afterwards succeeded Mr So in the editorship of the “Independent” Their following consisted quite largely of impulsive, eager young men, many of them Christians, very many of them students, and probably included the majority of the brilliant, energetic, and sincerely patriotic young men of the capital.

Russians swarmed in the palace, the army and the treasury were completely in their hands, and their absolute supremacy seemed only a question of a few brief weeks or months.

At this time, February, 1898, the Independence Club offered a petition to the king asking the removal of all Russians from the army and government offices.

The Independence Club now grew more and more popular and held frequent loud and clamorous meetings, at which public affairs were discussed with great freedom, the wrong doings of high officials severely censured and held up to public scorn, and unpopular laws sharply criticised and bitterly inveighed against.

At length the government accused them of scheming to establish a republic and elect a president, and bodies of soldiers and police were placed all over the city Wholesale arrests were made, little groups of even three or four were dispersed by the use of detectives and a very wide system of espionage, meetings were prevented, the Independents crushed, and their buildings and property confiscated Thus, for the time at least, ended what looked like the beginnings of a revolution, but the people were not ready and the time not ripe.


CHAPTER XⅢ この章は重要である

While his majesty was still residing there, and before the uneasiness with regard to Russia had arisen, the “Independent Club” had been organized by Mr. So Jay Peel, with the consent of the king, to emphasize Korea’s independence of China.

The old columns, where tribute collectors from that nation were received, were pulled down and a new Independence Arch erected, as well as a large building for the official business of the club, called Independence Hall. 
The crown prince contributed a thousand 208dollars for this purpose. 

The club was immensely popular with all classes and many of the nobility as well as the commoners were members. But the real object of the club was to keep Korea independent of all foreign powers in general, and of Russia and Japan, as well as China, in particular; to protest against, and prevent, if possible, the usurpation of office and influence by foreigners, to stand for the rights of the people, the autonomy of the nation, its gospel being in a word, “Korea for the Koreans.”

A word with regard to one or two of its leaders may be of interest. Mr. So Jay Peel had previously belonged to the progressive party, and had been obliged to flee to Japan, where after a short residence he went to America. He was of very high rank and a wealthy family, but his property having been confiscated he worked his own way, graduating from a first-class college with highest honors.
記述は正確である

Then taking a civil service examination, he had become an American citizen. He obtained a government position, which gave him light work with sufficient salary to enable him to take a course in medicine, after which he received a very fine government medical appointment, on a competitive examination.

But his heart turned to his country, and after the Japanese war and the establishment of Japanese prestige, he returned to Korea, where he became adviser to the king, and soon after started a newspaper called the “Independent,” which was printed half in English and half in the native character. 

Mr. So proved himself a gifted, brilliant and eloquent man, full of enthusiastic devotion to the emancipation and welfare of his country, perhaps too impatient and precipitate in trying to hasten the accomplishment 209of these great ends, a fault common with young and ardent patriots.

Mr. So was the first president of the club, and was succeeded by Mr. Yun Chee Ho, a son of General Yun, who had led the attack on the palace for the rescue of the king.


Like Mr. So, he had been for some years away from Korea, having been educated partly in China in an American Methodist Mission school, and partly under the same auspices in America.

Both he and Mr. So are members of American Protestant churches.

Mr. Yun, who, however, still retains his Korean citizenship, is also both a fine writer and speaker, and an enthusiastic patriot and progressionist.

He afterwards succeeded Mr. So in the editorship of the “Independent.” Their following consisted quite largely of impulsive, eager young men, many of them Christians, very many of them students, and probably included the majority of the brilliant, energetic, and sincerely patriotic young men of the capital.



CHAPTER XIV

Mrs Ha, the wife of the leader, was the only one in the village who could read, and she taught the other women beautifully Calm, strong, intelligent, she seemed to me a rare type of a Korean woman, and one who was destined to be very useful if she were only better instructed.

これが、朝鮮人女性の真の姿だろう。

Thus far Mr Underwood had during our circuit examined one hundred and fifty people and baptized seventyfive.

布教のために朝鮮各地を回っているが、洗礼したのは 75人に過ぎない

I regret that I have not personally seen more of the work of God in northern Whang Hai and in Pyeng Yang provinces, so that I might give interesting incidents which would put my readers more in touch with the Christians there, but I copy from the reports of Pyeng Yang and Syen Chyun stations for the year 1901 and 1902 the following:

“In the whole territory covered by this station, Pyeng Yang, there are 3,100 baptized adults, 3,737 catechumens enrolled, and over 12,000 who attend more or less regularly and in various ways come in touch with the gospel

The total number baptized this year is 642, and the number of catechumens received 1,363 There are in the Pyeng Yang city church 1,153 members and catechumens, with a congregation of from 1,200 to 1,600 on the Sabbath.

これらの数値から見て、フィリピンを除き、アジアで唯一のキリスト教普及国である朝鮮は、外国人の布教活動ではなく、連中自身の嘘と騙しで、キリスト教徒が増加したと思われる

There are 40 primary schools, one academy and 42 teachers—37 men and 5 women—with an attendance of 740 pupils Thirteen schools were organized this year All the country schools but one are selfsupporting, and that nearly so There were 9,094 persons in attendance at the hospital, also a medical consisting of 4 members.

“Apart from those held in Pyeng Yang, 107 special Bible classes were held, bringing about 2,300 under instruction 20 were taught by the missionaries, 87 by native helpers and leaders All these classes were carried on at the expense of the Koreans.

“There are now 136 chapels, 21 having been built this year, at a cost of 5,367 nyang contributed by the Christians unaided.

“The total native contributions for all purposes (excluding the hospital) amount to 43,949 nyang, about 5,860 yen (or $2,930 United States gold).

“The working force to look after and carry on this work&

consists of 7 ordained missionaries (one on furlough and one newly arrived on the field), one medical missionary, 4 single lady missionaries and 7 wives of missionaries.

“There are also 21 unordained native preachers or helpers, 7 Bible women and 15 colporters and other assistants doing evangelistic work”

CHAPTER XV

We left Pyeng Yang about the 26th of September, 1900, by one of the toy Japanese steamers, and reached Chinampo, a halfJapanese, halfKorean port, at night.

During the year over two hundred and fifty people of the neighboring villages had been baptized through the missions and labors of this one little church, not counting a much larger number of catechumens received.

They had enlarged and repaired their church and school rooms, built a house for their school teacher, one for their evangelist and another for the entertainment of strangers, who come from a distance to the Sabbath services.

We had only been in Hai Ju a few days when a fleetfooted messenger from Eul Yul arrived with a letter containing the news that a secret royal edict was being sent round to the various magistracies in that province, commanding all Confucianists to gather at night on the second of the next month (about fifteen days later), each at his nearest worshiping place in his district, and from thence to go in a body and kill all Westerners and followers of Western doctrine, and destroy their houses, churches and schools.

20世紀初頭、朝鮮半島で、キリスト教弾圧計画があったことを初めて知った

No words can express our state of mind on receiving the news.

The news was at first received with incredulity, so friendly had the attitude of the government always been, but when it was remembered that recent Boxer disturbances in China might have suggested a similar course here, and that there were strong Buddhists high in influence at the palace who might have caused this strange measure, and when at the Foreign Office, through admissions and contradictions, it was made evident that the circulation of such an edict was not unknown to them, all doubt was over.

Mr. Sawに関しては、この記述が主なものである
It was decided before we left Eul Yul that the native Christians of that district should employ two helpers or evangelists to work among the ignorant believers of that vicinity, and that twelve Bible or training classes should be held in the different districts in that province during the year, six to be in charge of Mr. Saw, and six taught by Mr. Kim Yun Oh, our most intelligent leader. 

CHAPTER XVI

In 1901 we took another furlough, during which we were brought in touch with American Christians in nearly every large city in the country, and thus were able to make the church aware of God’s wonderful dealings in Korea and to enlighten the public on the needs of this country.

Very soon after our return to Korea my husband was requested by the American minister and the members of our mission to visit Hai Ju, in the province of Whang Hai, on a mission of very serious importance.

The following is a translation, made for the Korea of the official copy of a part of the governor’s complaint:

“In the counties of Sinch’un, Charyung, Anak, Changyun, Pongsan, Whangju, and Suheung, disturbances created by the Roman Catholics are many in number, and petitions and complaints are coming in from all quarters.

“In some cases it is a question of building churches and collecting funds from the villages about If any refuse to pay, they are bound and beaten and rendered helpless When certain ones, in answer to petition, have been ordered arrested, the police have been mobbed and the officers of the law have been unable to resist it While investigating a case on behalf of the people, I sent police to arrest Catholics in Charyung They raised a band of followers, beat off the police, arrested them, and dismissed them with orders not to return Then I sent a secretary to remonstrate with them At that the Sinch’un Catholics, a score or more of them, armed with guns, arrested the secretary, insulted him, etc”

One of the priests, who is apparently most influential and has been most notorious, whose Korean name is Hong, and who is known among foreigners as Father Wilhelm, told my husband that the native Romanists were not to be blamed for all this, for they had only obeyed his orders.

This sad condition of things might have gone on, no one knows how long, but some of the people so robbed and tortured were Presbyterian Christians, and there is something about Protestant Christianity that resists oppression and favors a growth of sturdy independence and a love of freedom and fair play.

When affairs came to this crisis, the Protestant missionaries awoke to the situation Rev Mr Gale and Mr Underwood went to the office of Foreign Affairs and pled for the men, and also laid the matter before the American minister, Dr Allen.

The cruelest forms of torture, such as are used only by Korean officials in cases of murder and treason, were used by the priests in their churches to force poor peasants to give over their money or the deeds of their houses and farms.

Korea, lying as she does so close to China (whose future is fraught with such mighty possibilities of good or evil to the whole world), with such close affinities and wide sympathies for that people, is, we hope, to be a polished shaft in God’s quiver in conquering that great nation for his kingdom But whatever his eternal purpose may be, there is no doubt as to our present privilege and “power to the last particle is duty”

If in these pages you have seen much that leads you to think the land is a difficult one in which to live, if you have read of political unrest, bad government, riots, robbers and plagues if you have learned that missionaries have died of typhus fever, smallpox, dysentery and other violent forms of disease, this will only serve to remind you that the more valuable the prize to be won, the greater the difficulty and cost If you desire to share in the joy of this great harvest, and are worthy, you will fear no danger, shrink from no obstacles, either for yourselves or for your loved ones, whom you are asked to give to the work.

CHAPTER XVII

この章は重要であり、アメリカ人プロテスタント布教者の当時の朝鮮人への見解が示されている。
しかしながら、この女性はほぼ当時の朝鮮人男性との接点が極めて少なかったことだけは確実である。

この本がアメリカで出版される前の時点では、いずれの著作も、朝鮮時どもを、中国人・日本人とは全く異なる一言で言えば「どうしようもない連中である」と記述していることへの反論として、同様に一言で言えば、「中国人・日本人と何ら変わらない」としている。

しかし、著作中で、朝鮮人男性に関する詳細な記述があまりにも少ない。確実に、プロテスタント布教者兼医師として、朝鮮内で丁重に扱われ尊敬されて生涯を過ごし、女性であるがゆえに?朝鮮人男性の本質を見抜けなかったと考えて間違いない。オランダン人の「朝鮮幽囚記」、フランス人神父の「朝鮮事情」、イギリス人女性の「朝鮮紀行」によって、当時のヨーロッパでの朝鮮人観は、下に書かれているとおりであったであろうが、アメリカ人のプロテスタント布教者女性が書いたこの書籍は、アメリカ人の朝鮮人観に大きな影響を及ぼした可能性がある。

The Koreans have been frequently spoken and written of as listless, dull, stupid, lazy, an inferior race but I submit this has been said mainly by travellers who did not know them, or by those who were their enemies and had an object in making the world think them worthless, or by those who had contented themselves with looking merely on the surface and had not studied them with a wish to know them at their best.

There is a certain excuse for these views, if one observes only the rough coolies in the ports or the idle worthless “boulevardiers” who lounge about the streets of Seoul, or live by sponging on the generosity of some relative better off than themselves But such a can be found almost anywhere, even among the most advanced European nations.

To the writer it seems that there is a close parallel between the Irishman and the Korean Both are happygolucky, improvident, impulsive, warmhearted, hospitable, generous.

Take either in the midst of his native bogs, untutored, without incentive—he is thoughtless, careless, dirty drinking, smoking and gambling away his time with apparently little ambition for anything better.

Remove this same man, be he Irishman of Great Britain, or Irishman of the —Korea—place him in a stimulating environment, educate him, instil the principles of Protestant Christianity, give him a chance to make a good living, and a certainty that he may keep his own earnings, and you will not find a better citizen, a more brilliant scholar, a finer Christian.


Look at the Christian Korean, selfsupporting, independent, sober, faithful, industrious, eager to study Hear the testimony of the missionaries of all denominations.

Hear the testimony even of the foreign mining companies, who avow the Koreans are the best workmen of any nationality they have employed.

Hear the testimony of the American planters in Hawaii, who say that the Koreans are the best workmen, the most sober, wellbehaved, cleanly, domestic, peaceful and thrifty they have ever used, far superior to the Japanese, who are quarrelsome and unstable—or even the Chinese.

Witness the young Koreans who have graduated from our American colleges and medical schools side by side with Americans, often carrying away the honors.

Let keep these facts in mind and remember that if Korea has been caught in the toils and has allowed her country to be usurped, she was caught napping.

When China, the Titan, found herself helpless in the hands of the new régime, what could be expected of little Korea when she suddenly awoke to find herself shut in a trap with a foreign army in her capital and foreign guns at her palace gates?

The most brilliant speaker at the great international conference in Tokio two years ago was unanimously by Japanese newspapers conceded to be a Korean, and an American told the writer that the grandest sermon he had ever listened to—and he had heard John Hall and the great Western divines—was preached in Korea by another Korean The writer also recalls at this moment still two others who are capable of carrying any audience along enraptured, and whom she would not hesitate to rank with the best, most inspiring public speakers she has ever listened to.

We know many Koreans who have been given opportunity, environment, advantage, who have ability, energy, initiative and resource equal to that of the foremost Americans and Europeans.

They are not, perhaps, "par excellence", fighters like the Japanese or merchants like the Chinese.

They have not the volatility and headlong impulsiveness of the one nor the stolid conservatism of the other, but they are the equals if not the superiors of either.

Which of the three evolved an alphabet and a constitutional form of government?

This is the conscientious opinion of one who has known them for twenty years, closely, in everyday contact, through all sorts of circumstances, in city and country, and it is an opinion almost the opposite of that which was formed during the first years of acquaintance with them.

It is the result of the developments of character seen in individuals and the nation.

That they are friendly, hospitable, longsuffering, patient, any one who studies them without prejudice for a short time will admit, but those of who know them best know that they have brilliant gifts and a high grade of intellectuality.

The old simile of the rough diamond is a good one to apply to Koreans who seem perhaps worthless stones to the ignorant careless observer, but, when polished, they shine as brilliant jewels for the Redeemer’s crown.

Considerable space has been given to this question of Korean ability because much has been made of the other side, as an excuse for what might be thought otherwise inexcusable, and because it is right that the public should know they are not unworthy of its sympathy and interest.

Nor should they be called cowardly because taken unaware by the rapid succession of cataclysmic political events which have whirled them along during the last few years The “Morning Calm” is forever gone.

Korea has for many years been in a diplomatic way a sort of football between Japan, China and Russia, and in 1903 affairs were rapidly culminating toward the RussoJapanese war.

CHAPTER XVIII

In this city the largest congregation is probably that of the Yun Mot Kol church, which numbers eleven hundred people The growth here is remarkable because not four years ago this was the weakest of the Presbyterian churches, not only numerically but in the character of its people.

They seemed jealous, quarrelsome and niggardly.
これが、朝鮮半島の連中の真の内容である。

They were apparently unable to work in full harmony with the other Presbyterian churches of the city and unwilling to give in proportion to their numbers as the others gave, either for the support of their own work or of the general work of the three carried on in city and country.

But now all is changed This is now the largest church in the city and what rejoices all hearts is that it is gathering in large numbers of the nobility, most of whom live in that quarter.

So we see that for a nobleman to become a Christian he must break the ties of family, of social and of political life and sacrifice whatever emoluments he is gaining thereby, and to some of these men it is all their living.

ここ以降は、キリスト教布教内容のみ。

李という人物が洗礼した
In October Mr. Lee baptized 57 adults in his Whang Chu circuit and found great advance in educational lines. 

 CHAPTER XIX

It seems to the writer, in looking back over the history of events for beginnings and causes, that the beginning as far as can be told was at the conference for prayer and consecration held by all the American missionaries of both Methodist and Presbyterian denominations in Seoul, August, 1904.

And now what were the results of this wonderful revival? Was it a mere wave of emotionalism? Korea had known Christianity for many years but never before had anything been seen like this.

Before finishing this very incomplete review, there are several features of it which should be noted.

1st It was preceded, as has been noted, for a period of three or more years, by a constantly increasing desire and fervent united prayer of missionaries and natives—desire and prayer undoubtedly inspired by Him who intended to give—for the Gift of the Spirit.

2d It simply fell upon the people waiting before God in insistent, believing prayer, without having been worked up in any way by exciting appeals to emotion.

3d It came to a people who, during a knowledge of Christianity of some twenty odd years, have never had anything of the kind in their religious life, and have never shown signs of great excitability in their deepest Christian experiences.

4th It was marked, everywhere the same, by a realization of the awful blackness of sin, consequent upon an acute sense of the immediate Presence of the terrible Majesty of the Most High and followed by agonizing repentance, confession and restitution.

5th Wonder and regret have been expressed at the kind of sins confessed by some of these native Christian people It must be remembered that they were Christians who had come out of heathenism with no previous Christian training and breeding, that they were living surrounded by heathenism, but poorly instructed, and some of them, no doubt, had never been more than intellectually converted.

6th
内容省略

Mr. lee=李なる人物に関する記述

In August, 1906, a Bible and prayer conference was held at Pyeng Yang, by the missionaries of that station, for the deepening of their own spiritual life. Dr. Hardie, of Won San, was present and “helped them greatly,” and Mr. Lee writes that there was born in their hearts the desire that God would take complete control of their lives and use them mightily in His service.

Mr. Lee, speaking of one of those who confessed said, “In a broken voice he began to pray and such a prayer I never heard before. We had a vision of a human heart laid bare before its God. As he prayed, he wept. In fact he could hardly control himself, and as he wept, the audience wept with him. We all felt as if we were in the presence of the living God.”

李なる人物がどのような人物であったのかが、よくわかる。礼拝は男女別々であったのだ
“All through the class, the women had been meeting separately,” says Mr. Lee, “but there had been no special 343manifestation among them, and it was decided to hold special meetings for them also in the Central Church on the Thursday, Friday and Saturday evenings following. 




伊藤博文と韓国併合
海野福寿
2004年
青木書店

著者は43歳から定年まで明治大学教授であった。この著作から見て、どこをどう見ても、精神疾患レベルの頭のいかれた者である。ちなみに、P135辺りには、伊藤博文暗殺について、別犯人説を唱えている。著者が、通名使用の在日コリアン又は国籍が日本でDNAが朝鮮人であることは100%確実である。青木書店も落ちたもんだ!数えたことはないが本棚には、最低でも100冊以上、青木書店・大月書店が出版した書籍があるが、精神疾患レベルの内容であり、この本の青木書店担当者は中身を読んでないのであろう。


p31
日露戦争下の韓国
この人物は、1年ほど韓国で研究生活をしている。表現の問題の過ぎないが、当時韓国など存在していないからして、まさに精神疾患レベルである。

p45
保護条約は韓国を保護するかーー第二次日韓協約
【章タイトルである。どうも韓国では、この手の漫画的内容が歴史であるようだ。当時韓国など存在していない

朝鮮人強制連行をめぐる証言
正論 2003年3月号


坪井幸生氏
1913年生まれ、昭和12年朝鮮総督府入府、警察畑を朝鮮総督府~帰国後も継続して歩んだ人物
朝鮮総督府時代は主に保安畑を歩んだと本人が明言。直接的に関与していた人物である

大師堂経尉氏
1917年生まれ、昭和17年朝鮮総督府入府、農工部所属


大師堂
「強制連行」と言われている問題ですが、最初は募集、昭和17年3月からは官斡旋、19年にはいいってから徴用だったと思います

問いかけ
徴用令違反は日本人でも同じ扱いでしたか

坪井
あったと思いますよ。内地は大部分が徴兵でしたから、男で徴用というのはあまりなかったんじゃないか

坪井
昭和14年頃
当時朝鮮人が日本内地にどんどん来るので、内地としては、労働力の需給問題や治安問題もあって、内務省は「渡航を制限したい」というのです。しかし、朝鮮人も日本人であり、総督府としては渡航を制限されると困るわけです
当時は朝鮮人の渡航を制限しよとする内務省と制限するなと言う朝鮮総督府が対立していました。
やがて日本で労働力を必要とするようになり、「朝鮮人労働者を入れて欲しい」と変わってきた。企業が労働力を補充するため、朝鮮半島へ募集に行ったりした。最後は徴用令をしいて労働力を補充したというのが実態です


坪井【いわゆる創氏改名について】
台湾ではこれを許可制にした。
非常に数が少ない。1割くらいです

坪井
朝鮮語を使っちゃいかんと言う法令は一度も出していない。そんなものを出すはずがない。

大師堂【いわゆる創氏改名について】
台湾のように許可制にしておけばこんなことはなかったんでしょうがね。

アジア・太平洋戦争
集英社版 日本の歴史 ㉚
森 武麿
1993年

論評に値しない著作である。一橋大学から朝鮮総連の影響を排除するべきである。また、集英社はこの日本の歴史㉚を廃刊するべきだ

p38
朝鮮との国境近くの間島省では、金日成を司令官とする朝鮮人民革命軍が1934年3月結成される

金日成と金正日
現代アジアの肖像 6 岩波書店
除 大粛
古田 博司 訳

によれば、

*p18
金日成は回顧録の中で
1912年4月15日に生その出生当時の名前は金成柱であった。彼の二人の弟は金哲柱、金英柱というまれたと言っている

【従って、このバカの主張通りであれば、22歳である。年齢を重視する風潮が強い朝鮮人どもの間では、絶対にあり得ない。作られた金日成神話に過ぎないことは年齢だけでも分かる】

*p23
中国共産党員楊靖宇が
1936年2月20日に東北抗日聯軍という抗日遊撃軍を組織した

p25
この時生き残った聯軍指導者とパルチザンたちは満州国を離れソ連の沿海州に身を避けるのだが、彼らはそこでソ連共産党の極東軍傘下の別働部隊に再編成された
金日成の抗日運動とは、この東北抗日聯軍で行った運動のことである。
この聯軍は間違いなく共産軍であり、満州国に住む漢族(中国人)と朝鮮人が合同で抗日運動を行ったものだが、指導的な役割を担ったのは、何名かの例外を除けば、全て中国人であったという事実である

従って、東北抗日聯軍は中国共産党の抗日運動であり、朝鮮独立運動の一部でもなければ、朝鮮の抗日運動でもなかった。この東北抗日聯軍には、中国に住む朝鮮族が主に参加しており、中国に対する彼らの要求は、中国に居住する朝鮮族の自治権であった。

中朝混成の抗日聯軍には民族的葛藤と不信も数多く生じ、裏切り者も実際多かった。

このような中国の漢族と朝鮮族の合同抗日闘争は、朝鮮独立運動に影響を与え、朝鮮の解放にも寄与した。しかしこれは朝鮮が中国延安や満州で独自に朝鮮の独立のために戦った抗日運動ではなかった。

p27

彼は疑いもなく東北抗日聯軍第二軍第6師の師長だったのである

p32
金日成が武装闘争を行っていたのは朝鮮人民軍などではない。中朝混成の遊撃軍、中国人民革命軍であった。これは、東北抗日聯軍の前身であり、
北朝鮮がその存在を主張する朝鮮人民革命軍というものはなかった

【これは史実である。日本側資料でも確認しうる。そして、金日成が後に東北抗日聯軍の一部隊=数十人規模の指揮官であったことも史実である。このバカが、上記書籍を読めばどう感ずるのであろうか?

ちなみに著者は最終的には、一橋大学という「朝鮮総連の巣窟」とも言うべき大学に職を得ている。全く無価値とも言うべき書籍である】






Global tree-ring response and inferred climate variation following the mid-thirteenth century Samalas eruption

Ulf Büntgen et.al

16 January 2022


13世紀における朝鮮半島での人口の大幅な減少について既に減少率は算出していたが、その原因の一つが明確に判明した



Abstract

The largest explosive volcanic eruption of the Common Era in terms of estimated sulphur yield to the stratosphere was identified in glaciochemical records 40 years ago, and dates to the mid-thirteenth century.

Despite eventual attribution to the Samalas (Rinjani) volcano in Indonesia, the eruption date remains uncertain, and the climate response only partially understood. 

Seeking a more global perspective on summer surface temperature and hydroclimate change following the eruption, we present an analysis of 249 tree-ring chronologies spanning the thirteenth century and representing all continents except Antarctica.

Of the 170 predominantly temperature sensitive high-frequency chronologies, the earliest hints of boreal summer cooling are the growth depressions found at sites in the western US and Canada in 1257 CE. 
If this response is a result of Samalas, it would be consistent with an eruption window of circa May–July 1257 CE.

More widespread summer cooling across the mid-latitudes of North America and Eurasia is pronounced in 1258, while records from Scandinavia and Siberia reveal peak cooling in 1259.

Introduction

As recorded in polar ice cores, the largest volcanic sulphur release to the atmosphere in at least the past 2500 years occurred between 1257 and 1259 CE (hereinafter all calendar dates refer to the Common Era; CE) (Palais et al. 1992; Oppenheimer 2003a; Sigl et al. 2015). 


Fig. 4

From: Global tree-ring response and inferred climate variation following the mid-thirteenth century Samalas eruption

Fig. 4

Growth response of 26 temperature-sensitive tree-ring width (TRW) chronologies in the western US (#24) and Canada (#2) that reveal negative anomalies already in 1257. All 26 sites are located between 50 and 3660 m asl (with a mean and median of 2247 and 2364 m asl, respectively), and within 34°–52° N and 104°–126° E


In summary, of the 170 chronologies that contain a predominant temperature signal, the first indication of a cold spell in 1257 originates from distinct growth depressions at 26 high-elevation sites in the western US and Canada (Figs. 34). Widespread summer cooling across the mid-latitudes in North America and Eurasia is, however, most pronounced in 1258, and many boreal records in Scandinavia and Siberia show negative growth anomalies in 1259. In contrast to the marked post-Samalas temperature response in the NH, there is no dramatic hydroclimatic fingerprint exhibited by the 79 precipitation-sensitive chronologies.

日本と朝鮮 古代を考える
武田幸男 編
吉川弘文館
2005年

渤海滅亡後、200年も経ってから、日本はその滅亡を知ったのだ!驚いた

p33
「親魏倭王」を授与された卑弥呼は、倭王(倭国王)として認められたのであり、倭国に君臨した。その倭国とは、上記の通り、倭人の国という意味ではなく、卑弥呼を王としておあぐ政治的にまとまりのある諸国であり、具体的には29国で構成されている

IMG_0970


卑弥呼と邪馬台国
最近は、卑弥呼が邪馬台国の王ではないという意見が主流になっている。邪馬台国はあくまでも「女王の都する所」であり、

p66
日本で鉄器の鋳型が出るのは奈良時代以降で弥生時代には鋳造品や銑鉄は作られず、海外から運ばれた。
鉄素材の多くは輸入品であろう

p73
「任那支配」の虚実
近年の研究成果によれば、200年に及ぶ倭の任那支配という旧来の歴史像はもはや維持しがたく、その統治機構とされる「任那日本府」も6世紀前半の一時期存在した短期的な組織に過ぎなかった。
そもそも「任那日本府」の名称自体後代の追記・述作であり、

p138
大型甕棺古墳
全羅南道
大きさが1メートルを超えるような大型甕棺を使用した古墳群がある

前方後円古墳
この地域のもう一つ特徴的なものが前方後円形墳である

p140
これらの古墳は明らかに日本の前方後円墳、埴輪と関連すると考えられる

p141
4世紀日本書紀などの記録によれば、日本と百済の関係はかなり親密であるが、考古資料ではあまり明確、かつ太い関係は見出しがたい

p147
4~6世紀の倭と百済の関係は国家と国家、より上位の人々の関係が主であったようで、多くの一般の人々の渡来をもたらすような関係ではなく、土器など考古資料としては残りにくかったようである
7世紀後半代は、百済滅亡によって、王族から一般の人々まで数多くの百済の人々が日本へ渡ってきた。しかし多くの渡来人生地が見られるにもかかわらず、百済土器などは出土していない。

p173
近年の
発掘調査はこれまで不十分であった原三国時代から三国時代への移行、即ち弁韓から伽耶、辰韓から新羅への変遷を考えていくうえで重要な考古資料を提供した

p250
渤海と日本との通交は
渤海から34回、日本から13回の使節があった。
9世紀半ば以降は事実上唯一の正式国交となっていた

p273
【渤海は】726年
契丹に降伏し、ここに渤海は滅亡する。
日本が渤海の滅亡を知るのは、929年
以後、15世紀初めの足利義満の時代までどことも正式の国交を持たなくなる


チンギス・ハーン
岡田英弘
1993年
朝日文庫

チンギス・ハーンに関する日本語の最も優れた著作である。同時に朝鮮史の記述は秀逸であり、在日の知能の低い朝鮮史美化運動家どもに読ませてやりたい

p202
アルタイ語族説」というのは。フィンランドの言語学者グスタフ・ヨーン・ラムステット(1873~1950)が提唱した学説である。
トルコ語、モンゴル語、ツングース語(満州語、エベンキ語など)、韓国語(朝鮮語)が共通の特徴を備えていて、たがいによく似ていることから、これらの言葉が元々は同じ言葉から分かれたであろうと考えて、アルタイ語族と名付けたのである。アルタイとは、もちろんアルタイ山脈の事で、現在この山脈が、東側のモンゴル語地域と西側のトルコ語地域との境界になっているため、

共通の特徴は何かと言うと、まず母音に二通りの系列があって、一つの単語の中では同じ系列の母音しか使えないこと(これを母音調和という)、単語の頭にはRがこないこと、それから文法では、主語が文章の最初にきて、次に目的語があり、最後に動詞が来ること、形容詞が名詞の前につくこと、動詞の活用や名詞の格変化が単語の語尾につく接尾辞で行われることなどである。つまり、アルタイ系の言葉というのは、いずれも日本語に似たところの多い言葉なのである
ただし残念ながらアルタイ語族説はまだ十分に証明されていない。

p204
色々な点で日本語はアルタイ語族の言葉によく似ているにもかかわらず、日本語がアルタイ系の言葉であるという決定的な証拠はまだないのである

p221
モンゴル軍は金領に侵攻して猛威を振るっていたが、中央アジアと違って、この方面で大虐殺があったことは伝えられていない。これは虐殺がなかったからではなく、記録を残した中国人たちが、虐殺は自分たちの古来の戦争のルールとして、特に怪しまなかったからであろう。
大虐殺の記録が中央アジアで特に多くて、被害を実際の100倍も誇張しているのは、この方面のイスラム教徒がモンゴル軍の侵入で受けたショックの大きさを物語るものである。ショックが大きかった理由は、第一にモンゴル軍が最初にまず無条件降伏を要求して、一切の取引を認めないという態度を絶対に崩さなかったこと、第二に、少しでも抵抗した敵に対しては、その後で降伏してももはや助命せず、捕虜を殺しつくすという原則を貫いたことである

p222
チンギスハーンのモンゴル軍の戦争のやり方が、それまでの戦争と全く違って、無条件降伏か死の原則を貫いたのは、自分たちは、天から世界征服の使命を授かった種族であり、戦争はその神聖な使命を果たす手段であると、彼らが確信していたからである

p223
十進法の編成は、匈奴以来の遊牧帝国の伝統である。これは一見したところ、それまでの部族、氏族を解体して、軍隊式に再編したもののように見える。しかし、本来遊牧帝国の君主の位は選挙制であり、君主は部族長、氏族長の大会議で選出されるものである。其の君主に、自分の選挙母体である部族、至極の内政に干渉する権利はない。まして、部族・氏族を解体して再編することなど、出来ようはずはない。実際のところ、千人隊長の位階は、部族長、氏族長の格付けであった

p225
チンギスハーンの定住民に対する征服戦争が非常に良く成功した理由の一つは、抵抗する者を決して許さず、最後の一人まで殺しつくすが、抵抗せず降伏する者は、人頭税を払わせるだけで助命し、自治を許すという、分かり易い原則を実行したことであるが、その他にも少なくとも6つの理由が数えられる

第一に、前もって情報を良く集め、地理を調査し、綿密な作戦予定表を作って、それに従って行動したことである
第二に、作戦中は兵士の規律が徹底して、指揮官の命令を厳守したことである
第三に兵士はそれぞれの乗馬の他に代え馬を用意しているので、部隊の機動力が大きかったことである
第四に、モンゴル人の弓は張り合わせ弓で、矢の速力が大きく射程が長かったことである
第五に、モンゴル軍の進軍途上で、他の遊牧種族が我も我もと参加し従軍したために、出発した時より目的地に到着した時の方が兵力が大きくなる、雪だるま現象を呈したことである
第六に、モンゴル軍の敵は、概ね地方社会で、統一行動の習慣がなく、功にはやった抜け駆けや仲間割れを起こしやすくて、モンゴル軍に各個撃破されたからである

p227
オゴテイハーンは華北の占領地の戸口調査を行い、百十一万戸あまりの「漢人」の民を戸籍に登録した。この数字から華北の定住民の総人口はたった五百万人ばかりしかなかったことが解る。しかもこの「漢人」は中国人ではなく、契丹人、高麗人、女直人、渤海人などの総称であった。

p237
モンゴル帝国には全体を統治する中央政府は無く、多数の所領(ウルㇲ)の集合であった。
皇族やモンゴル貴族たちに変わって彼らが定住地帯に持つ所領を差配したのは、中書省という役所で、大都におかれ、モンゴル高原のゴビ砂漠以南と、華北の山東・山西・河北を管轄した。
中書省の直轄地以外の地方には、中書省から出向した行中書省という役所を置いて、その地方の定住民を管理した。行中書省は11あった。嶺北(カラコルム)、遼陽(療養におかれ、満州を担当)、河南(開封)、陝西(西安)、四川(成都)、甘粛(張液)、雲南(昆明)、江浙(杭州)、江西(南昌)、湖広(武漢)、征東(瀋陽におかれ、高麗王国・済州島・アムール河下流域を担当)である

p253
1231年から259年まで30年近く続いたモンゴル軍の韓半島侵入によって、多数の高麗人が満州に連れさられた。オゴテイハーンは彼らを遼河デルタの遼陽と瀋陽に定住させた。こうした高麗人のコロニーは、モンゴル時代の高麗の政治に大きな影響を及ぼした。1274年と1281年のモンゴル軍の日本侵入を指揮した副司令官の洪茶丘は、遼陽生まれの高麗人二世である。フビライハーンは彼の為に、遼陽等行尚書省(後に行中書省)を設置して満州の行政に当たらさせた。
高麗の忠列王は
フビライハーンの娘と
結婚し、二人の間に忠宣王イジル・ブハが生まれた。
1307年のテムルハーンの死後のクーデターでは、忠宣王は兄弟に加担しその功績によって、ハイシャン・ハーンから瀋陽王に封じられて、満州の高麗人コロニーの王となった。こうして高麗本国の他にもう一つの高麗人の国が出来た。
翌1308年、父の忠列王が死ぬと、忠宣王は瀋陽王のまま高麗国王の位を継いだ。こうして二つの高麗国はひとまず統合された。
【歴代高麗国について記述】
元朝の宮廷は忠恵王が高麗国王の位を継ぐことを容易に許さなかった

p267
オスマン王家はもともとアナトリア半島(現在のトルコ共和国)に駐屯したモンゴル軍出身である

p271
インドのムガル帝国の建国である。「ムガル」というのは「モンゴル」と同じで、モンゴル人のバープルが建てたムガル帝国はすなわちモンゴル帝国なのである

p279
和寧というのは、李成桂の故郷の永興の別名であったが、北元の根拠地のカラコルムの別名も和寧であった。洪武帝は勿論朝鮮を選んだ。こうして韓半島の王国は、モンゴル帝国から分離して独立したのである。

p280
両班が固守する「同姓不婚」
高麗時代に父系性・族外婚制のモンゴル人から受けた影響が元になっている
こうしてチンギスハーンのモンゴル帝国は、東は韓半島・中国から西は地中海に至るまでのほとんどすべての国々を生み出した。まことにチンギスハーンは世界を作ったのである



イザベラ・バード 旅の生涯
O.チェックランド
川勝貴美 訳
1995年 日本経済評論社

日本奥地紀行は、イザベラの主著とも言うべき著作であった。また、日本訪問当時は、ビショプ夫人ではなく、イザベラ・バードであったのだ

pⅳ
22歳から70歳まで、イザベラは大きな旅行を7回している

pⅶ
医師ジョン・ビショップと結婚した
ジョン40歳、イザベラ50歳の時である

p5
父エドワード・バードは
法廷弁護士をしていた【その後】
聖職に就いた

【伝記の内容から、やはりイザベラは当時の女性として今日の女性のような教育は全く受けてはいない。父が法廷弁護士であり、区分すれば、イギリスのミドルクラスの最上位に当たる階層の女性である】


p85
1878年6月~9月
日本==未踏の地へ

p107
マラヤ 1879年
イザベラはマレー半島を旅し

p138
1886年【夫が死去】

p167
1894年~1896年
朝鮮・中国北部

イザベラは朝鮮を合計4回訪問した。期間は合わせて9カ月である

p170
朝鮮各地を旅するのに通訳が不可欠だった。長老派教会の若き宣教師ミラーが救いの手を差し伸べた

p176
1895年1月に再び挑戦を訪れたイザベラは
国王夫妻に謁見した

p185
1895年 & 1896年
【中国訪問】

p205
モロッコ 1901年
【イザベラは訪問記を書いてはいない】

p217
1880年イザベラの日本奥地紀行
出版された

p230
1880年の秋に日本奥地紀行を出版すると直ちに批評家から喝さいを浴びた
【出版社の編集者からイザベラに宛てた手紙の内容として】
「長い間出版に携わってきましたが、これほどまでの勝算を得たことは初めてです。あなたをたたえる声でどれほどここが大騒ぎになっていることか、お伝えしようもありません。このような旅行記で1カ月の間に第3版が出るとは、今までなかったことです」

【巻末の年譜から】
1831年 生まれる
1856年 イギリス女性のアメリカ紀行(The English waman in America)出版
1859年 アメリカの宗教事情 出版
1869年 エデインバラ旧市街に関する覚書 出版
1875年 サンドイッチ諸島での半年 出版
1879年 女性のロッキー山脈生活記 出版
1880年 日本奥地紀行 出版【49歳】
1883年 黄金の半島 出版
1891年 トルコとクルデイスタンの旅 出版
1898年 邦訳では朝鮮紀行 出版【67歳】
1899年 邦訳では中国奥地紀行 出版【68歳】

日本における日麗関係史研究:1992~2016年
村 井 章 介

はじめに

私には必要ない

2017年9月16日、韓国春川市の江原大学校60周年記念館国際会議室において、韓日関係史学
会25周年を記念する国際学術会議「韓日関係史研究の回顧と展望」が開催され、私は招かれて
主題発表の一つを担当した。会議のプログラムは下記の通りである。

Ⅰ 通史・概説
[川添昭二1992・1994]は、本稿が対象とする25年間の初年に書かれた日本中世対外関係史
の概論で、軽視されがちな高麗関係にもバランスよく字数を割いている。[田村洋幸1993]も、
13世紀までの日麗関係を生産力を中心に経済史の視点からたどっている。

しかし、両者とも12世紀以降の日麗交易の不振の原因を高麗の低生産力や商業未発達に求めるのは、証明されていない前提に基づく立論といわざるをえない。

Ⅱ 平安時代の日麗関係
[石井正敏2000]は、997年の奄美海賊(南蛮賊徒とも)による九州各地襲撃事件が、中央
の貴族層によって「高麗来襲」と誤解された一件を素材に、事件の直前に「日本国を辱しむる
の句」をふくむ高麗牒状が到来しており、これが伏線となったこと、高麗をいつ襲ってくるか
分からない「敵国」と見る意識が、鎌倉時代に至るまで保持され続けたことを論じる。

Ⅲ 仏教界の交流と宋海商の活動

Ⅳ 鎌倉前期の日麗関係

Ⅴ モンゴルの脅威のもとで


[森平雅彦2015]は、モンゴル東征を1268年から1294年までの幅でとらえ、その間を7つの時期に
区分して、戦争・戦争準備の概略を述べ、それぞれの期における高麗側の軍需負担を、品目や
種類別にできるかぎり定量的に把握することを試みる。さらに軍需調達の方式を概観して、
接生産者の経営基盤を破壊するような収奪は避けられ、俸禄や備蓄の転用や元からの供与に比
重があったとする。

モンゴル東征にからむ日麗関係については、従来知られていなかった史料が複数紹介され、 大幅な進展があった。

Ⅵ 倭寇と日麗交渉

1366年に高麗が倭寇の禁圧を求めて日本に送った外交文書3通(醍醐寺報恩院文書)とその
関係史料について、2007年以降あいついで論文が発表された

高麗末の倭寇の実体をどう考えるかは、学界で意見が分かれている。
1987年に倭寇の主体を
高麗・朝鮮人とする田中健夫・高橋公明の説が登場して以来、韓国ではこれへの反発が強く、
とくに李領が精力的に論陣を張っている(後述)

浜中は、田中・高橋説の根拠となっている1446年の李順蒙上書の「倭人不過一二」
という文言は信が置けない、また経営破綻した農民や禾尺・才人という賤民が倭寇と連合した
とする見方には根拠がないとし、倭寇の本質を境界性に求める村井章介の議論に対しても、倭
寇に協力した高麗人や朝鮮出自の倭人がいたところで、倭寇の本質とは無関係だと退ける。[村
井章介1997]も浜中同様李順蒙上書や禾尺・才人=倭寇説を批判するが、他方で、境界空間に
対する高麗国家の掌握は徹底しておらず、そこを生活の基盤とする辺民・賤民と倭人の交じり
あいを排除しきれてはいない、と主張する。[藤田明良1997]は、明初に浙江の舟山群島で起
きた「蘭秀山の乱」に関する興味ぶかい朝鮮史料、『吏文』所収洪武3年10月9日明中書省咨
を紹介した。そこには、乱の主謀者の一人林宝一が済州島を経て高麗全羅道の沿岸・島嶼部に
逃れ、「洪万戸」「高伯一」などの住民らと交じりあっているようすが記されている。この海域
にはむろん倭人も出没していた。国家支配の届きにくい境界空間の流動性・多民族性を、ビ
ビッドに見ることができる。[藤田明良1998]は、宋にもっとも近い黒山島に対する朝鮮歴代
王朝の支配の試みをとりあげる。

浜中説は倭寇は日本人だとするのみで、その社会的実体について積極的な提示がない。この
点に踏みこんだのが李領である。

おわりに


付表:1992~2016年の日麗関係史研究(編著者名の50音順)
荒木和憲「文永七年二月付大宰府守護所牒の復元―日本・高麗外交文書論の一齣」(『年報太宰
府学』2、2008)
石井正敏「日本・高麗関係に関する一考察―長徳3年(997)の高麗来襲説をめぐって」(中央
大学人文科学研究所編『アジア史における法と国家』中央大学出版部、2000)➡『石井正
敏著作集3高麗・宋元と日本』(勉誠出版、2017)
石井正敏「『小右記』所載「内蔵石女等申文」にみえる高麗の兵船について」(『朝鮮学報』
198、2007a)➡同上

石井正敏「藤原定家書写『長秋記』紙背文書「高麗渤海関係某書状」について」(『(中央大学)
人文研紀要』61、2007b)➡『石井正敏著作集1古代の日本列島と東アジア』(勉誠出版、
2017)
石井正敏「『異国牒状記』の基礎的研究」(『中央大学文学部紀要』史学54、2009)➡『石井正
敏著作集3高麗宋元と日本』(勉誠出版、2017)
石井正敏「高麗との交流」(荒野泰典・石井正敏・村井章介編『日本の対外関係3通交・通商
圏の拡大』吉川弘文館、2010a)➡同上
石井正敏「貞治六年の高麗使と高麗牒状について」(『中央大学文学部紀要』史学55、2010b)
➡同上
石井正敏「文永八年の三別抄牒状について」(『中央大学文学部紀要』史学56、2011)➡同上
石井正敏「至元三年・同十二年の日本国王宛クビライ国書について」(『中央大学文学部紀要』
史学59、2014)➡同上
植松正「モンゴル国国書の周辺」(『(京都女子大学史学会)史窗』64、2007)
植松正「第二次日本遠征後の元・麗・日関係外交文書について」(『東方学報』京都90、2015)
榎本渉「入宋・日元交通における高麗―仏教史料を素材として」(科研報告書『中世港湾都市
遺跡の立地・環境に関する日韓比較研究』東京大学大学院人文社会系研究科、2008)
岡本真「外交文書よりみた14世紀後期高麗の対日本交渉」(佐藤信・藤田覚編『前近代の日本
列島と朝鮮半島』山川出版社、2007)
太田彌一郎「石刻史料「賛皇復県記」にみえる南宋密使瓊林について―元使趙良弼との邂逅」
(『東北大学東洋史論集』6、1995)
上川通夫「中世仏教と「日本国」」(『日本史研究』463、2001)➡同『日本中世仏教形成史論』(校
倉書房、2007)
川崎保「『吾妻鏡』異国船寺泊漂着記事の考古学的考察」(『信濃』54-9、2002)
川添昭二「中世における日本と東アジア」(『福岡大学総合研究所報』147・156、1992・1994)
➡同『対外関係の史的展開』(文献出版、1996)
桑野栄治『李成桂』(山川出版社 世界史リブレット人、2015)
高銀美「大宰府守護所と外交」(『古文書研究』73、2012)
小峯和明『院政期文学論』(笠間書院、2006):「『対馬貢銀記』の世界―異文化交流と地政学」
近藤剛「嘉禄・安貞期(高麗高宗代)の日本・高麗交渉について」(『朝鮮学報』207、2008)
近藤剛「泰和6年(元久3・1206)の対馬島宛高麗牒状にみえる「廉察使」について」(『中央
史学』32、2009)
近藤剛「『平戸記』所載「泰和六年二月付高麗国金州防禦使牒状」について」(『古文書研究』
70、2010)
近藤剛「高麗における対日本外交条件の処理過程について」(中央大学人文科学研究所編『情
報の歴史学』中央大学出版部、2011a)
近藤剛「『朝野群載』所収高麗国礼賓省牒状について―その署名を中心に」(『中央史学』34、
2011b)
近藤剛「12世紀前後における対馬島と日本・高麗―『大槐秘抄』にみえる「制」について」(中
央大学人文科学研究所編『島と港の歴史学』中央大学出版部、2015)
佐伯弘次「14-15世紀東アジアの海域世界と日韓関係」(『第二期日韓共同研究報告書』第二分
科会篇、2011)

佐伯弘次「蒙古襲来以後の日本の対高麗関係」(『史淵』153、2016)
篠崎敦史「刀伊の襲来からみた日本と高麗との関係」(『日本歴史』789、2013)
篠崎敦史「高麗王文宗の「医師要請事件」と日本」(『ヒストリア』248、2015)
末木文美士「高山寺所蔵高麗版続蔵写本に見る遼代仏教」(『平成25年度高山寺典籍文書綜合調
査団研究報告論集』2014)
関周一「鎌倉時代の外交と朝幕関係」(阿部猛編『中世政治史の研究』日本史史料研究会論文
集 1、日本史史料研究会企画部、2010)
関周一「高麗王朝末期・朝鮮王朝初期の対日使節」(『年報朝鮮学』18、2015)
孫承詰「14-15世紀東アジア海域世界と韓日関係―倭寇の構成問題を含む」(『第二期日韓共同
研究報告書』第二分科会篇、2011)
高橋公明「外交文書を異国牒状と呼ぶこと」(『文学』6-6、2005)
高橋昌明「東アジアの武人政権」(歴史学研究会・日本史研究会編『日本史講座3中世の形成』
東京大学出版会、2004)➡同『東アジア武人政権の比較史的研究』(校倉書房、2016)
高橋昌明「比較武人政権論」(荒野泰典・石井正敏・村井章介編『日本の対外関係3通交・通
商圏の拡大』吉川弘文館、2010)➡同上
田島公「冷泉家旧蔵本『長秋記』紙背文書に見える「高麗」・「渤海」・「東丹国」」(上横手雅敬
編『中世公武権力の構造と展開』吉川弘文館、2001)
田村洋幸「高麗における倭寇濫觴期以前の日麗通交」(『(京都産業大学経済経営学会)経済経
営論叢』28-2、1993)
張東翼「1269年「大蒙古国」中書省牒と日本側の対応」(『史学雑誌』114-8、2005)➡同『モ
ンゴル帝国期の北東アジア』(汲古書院、2016)
張東翼「1366年高麗国征東行中書省の咨文についての検討」(『(関西大学アジア文化交流セン
ター)アジア文化交流研究』2、2007)➡同上
張東翼『モンゴル帝国期の北東アジア』(汲古書院、2016):「a 金方慶の生涯と行蹟」「b モン
ゴルに投降した洪福源および茶丘の父子」「c 14世紀の高麗と日本の接触と交流」
南基鶴「蒙古襲来以後の日本と東アジア」(同『蒙古襲来と鎌倉幕府』臨川書店、1996)
南基鶴「蒙古襲来と高麗の日本認識」(大山喬平教授退官記念会編『日本国家の史的特質』思
文閣出版、1997)
南基鶴(村井章介訳)「高麗と日本の相互認識」(科研報告書『グローバリゼーションの歴史的
前提に関する学際的研究』2003、立教大学文学部)
馬場久幸『日韓交流と高麗版大蔵経』(法蔵館、2016)
浜中昇「高麗末期倭寇集団の民族構成」(『歴史学研究』685、1996)
原美和子「宋代東アジアにおける海商の仲間関係と情報網」(『歴史評論』592、1999)
原美和子「勝尾寺縁起に見える宋海商について」(『学習院史学』40、2002)
原美和子「宋代海商の活動に関する一試論」(小野正敏ら編『考古学と中世史研究3 中世の
対外交流』高志書院、2006)
藤田明良「「蘭秀山の乱」と東アジアの海域世界―14世紀の舟山群島と高麗・日本」(『歴史学
研究』698、1997)
藤田明良「9世紀~16世紀の黒山島と朝鮮国家―東アジア国家の島嶼支配に関する覚書」(『新
しい歴史学のために』230・231、1998)
藤田明良「東アジア世界のなかの太平記」(市沢哲編『太平記を読む』吉川弘文館、2008)


保立道久「院政期の国際関係と東アジア仏教史―上川通夫・横内裕人氏の仕事にふれて」(同
著『歴史学をみつめ直す―封建制概念の放棄』校倉書房、2004)
溝川晃司「日麗関係の変質過程―関係悪化の経緯とその要因」(『国際日本学』1、2003)
村井章介「1019年の女真海賊と高麗・日本」(『朝鮮文化研究』3、1996)➡同『日本中世の異
文化接触』(東京大学出版会、2013)
村井章介「倭寇の多民族性をめぐって―国家と地域の視点から」(大隅和雄・村井章介編『中
世後期における東アジアの国際関係』山川出版社、1997)➡同『日本中世境界史論』(岩
波書店、2013)
村井章介「大智は新安沈船の乗客か」(『日本歴史』694、2006)➡同『日本中世の異文化接触』
(東京大学出版会、2013)
村井章介「倭寇とはだれか―14~15世紀の朝鮮半島を中心に」(『東方学』119、2011)➡同『日
本中世境界史論』(岩波書店、2013)
森公章「古代日麗関係の形成と展開」(『海南史学』46、2008)➡同『成尋と参天台五臺山記の
研究』(吉川弘文館、2013)
森平雅彦「牒と咨のあいだ―高麗王と元中書省の往復文書」(『史淵』144、2007)➡同『モン
ゴル覇権下の高麗―帝国秩序と王国の対応』(名古屋大学出版会、2013)
森平雅彦「日麗貿易」(大庭康時等編『中世都市・博多を掘る』(海鳥社、2008)
森平雅彦『モンゴル帝国の覇権と朝鮮半島』(山川出版社 世界史リブレット、2011)
森平雅彦「高麗・朝鮮時代における対日拠点の変遷」(『東洋文化研究所紀要』164、2014)
森平雅彦「モンゴルの日本侵攻と高麗における軍需調達問題」(『年報朝鮮学』18、2015)
山本光朗「元使趙良弼について」(『史流』40、2001)
横内裕人「高麗続蔵経と中世日本―院政期の東アジア世界観」(『仏教史学研究』45-1、2002)
➡同『日本中世の仏教と東アジア』塙書房、2008)
横内裕人「遼・高麗と日本仏教―研究史をめぐって」(『東アジアの古代文化』136、2008)
李鍾黙(桑嶋里枝訳)「朝鮮前期韓日文士の文学交流の様相について」(『朝鮮学報』182、2002)
李領「中世前期の日本と高麗―進奉関係を中心として」(『(東京大学地域文化研究会)地域文
化研究』8、1995)➡同『倭寇と日麗関係史』(東京大学出版会、1999)第二章
李領『倭寇と日麗関係史』東京大学出版会、1999):「a 院政期の日本・高麗交流に関する一考察」
「b「元寇」と日本・高麗関係」「c <庚寅年以降の倭寇>と内乱期の日本社会」「d 高麗末
期倭寇の実像と展開―『高麗史』の再検討による既往説批判」
李領「「庚申年の倭寇」の歴史地理学的検討―鎮浦口戦闘を中心として」(『シリーズ港町の世
界史1港町と海域世界』青木書店、2005)
李領「14世紀における東アジアの国際情勢と倭寇―恭愍王15年(1366)禁倭使節の派遣をめ
ぐって」(科研報告書『中世港湾都市遺跡の立地・環境に関する日韓比較研究』2008a)
李領「<庚寅年以降の倭寇>と松浦党―禑王3年(1377)の倭寇を中心に」(同上、2008b)
渡邊誠「平安貴族の対外意識と異国牒状問題」(『歴史学研究』823、2007)
渡邊誠「国際環境のなかの平安日本」(大津透編『摂関期の国家と社会』山川出版社、2016)




朝鮮王朝が編纂した高麗史書にみえる元の日本侵攻に関する叙述

孫衛国
(南開大学歴史学院、中国天津、300350) [原文は中国語、翻訳:宋剛(北京外国語大学)]

高麗史によれば、文永の役:徴用数合計14,700

要旨: 朝鮮王朝は建国初期から、編年体で『高麗史』を編纂しようと努力を重ねてきたが、 実現できなかった。李朝世宗の勅命により、高麗朝の歴史を紀伝体で編纂し、139 巻の 『高麗史』を仕上げ、朝鮮王朝に正統性を付与した。『高麗史』における元の日本侵攻 に関する記載は、高麗の自主性を強調し、高麗が元王朝の要求に巧妙に対応したことを 表わし、高麗が提供した軍隊の食糧、人力などを細かく記録している。そして、高麗を 裏切って元王朝に投降した高麗人を「反人」と見なして、「叛逆伝」に収めたことから は、高麗が宗藩関係のもとで独立自主を求めようとした意識と努力が伺える。


『元史』と日本史書と比べて、『高麗 史』に見える元の日本東征に関する記述は極めて偏っている。東アジア三国の歴史事件 に関して、「一国史」の枠から抜け出し、「東アジア史」の目線から考査してから初め て、歴史の真相に近づくことができる。

一、 朝鮮王朝が『高麗史』を編纂した意図と経緯

最初は編年体で高麗の歴史編纂の仕事を展開した。太祖四年(1395)、李成桂は鄭道 伝に『朝鮮王朝実録』などの史料をもとに、編年体の『高麗国史』の編纂を命じ、全 37 巻の『高麗国史』が仕上がった。今この本は失われている。

この本の史論は『高麗史節要』に大量に取り入れられ、後世に伝わった。そして、後の 高麗史の編纂のための基礎を築き上げた。

世宗五年(1423)、世宗は卞季良、柳 観、尹淮などに史書の改編を命じた。
翌年に、『讎校高麗史』世宗三十年(1448)に、この史書は 初めて印刷された。多くの史料を取り入れたが、主旨が明らかではないから、後年、本 の発行は停止した。しかし、この本は『高麗史』と『高麗史節要』の編纂のための、豊 富な資料を提供している。5が完成したが、意見が一 致せず、発行できなかった。

編年体を紀伝体に切り替えた。

6 編年体で編纂する場合、朝鮮王朝の正統性を確立しに くい。太祖は建国の当初から、編纂の仕事を始めたが、数代を経て、幾つかの史書を編 纂したにもかかわらず、朝鮮国王の意に適うものはない。紀伝体で再編集するしかな い。

(1451)八月に、『高麗史』の再編修が完成した

全書は目次 2 巻、世家 46 巻、志 39 巻、表 2 巻と列伝 50 巻からなり、合計 139 巻である。

そして、金宗瑞は紀伝体『高麗 史』に基づき、編年体で書き直した。翌年の二月に、『高麗史節要』が完成した。全 書、35 巻である。二冊の本により、高麗王朝の歴史の編修を通じて、朝鮮王朝の正統性 を確立する目的が実現した。

『高麗史』は国王に関する内容を「世家」に編入し、藩属国としての地位を表明した が、宋、元など中国皇帝の年号ではなく、高麗国王の在位年数を以て編年体で記述し た。これにより、高麗王朝の相対的独立性を表した。高麗王朝は建国して以来、相次い で五代、宋、遼、金王朝の皇帝の年号を使用していた。

高麗の元宗から、モンゴルの年 号を使用したが、忠烈王によって李成桂の政権が覆されるまで、元王朝の年号を使い続 けた。高麗は中国の諸王朝と付き合ってきた。

朝鮮王朝の官撰史書『高麗史』では、歴代の高麗王の記述が天子を意味する 「本紀」ではなく、諸侯の歴史をさす「世家」となっている。藩王としての地位を表し たが、『高麗史』は、中国皇帝の年号ではなく、高麗国王の在位年数を以て編年体で記 述した。

この折衷の方法によって、高麗の藩属国としての地位を認めながら、完全には 臣服せずに、独立自主の意識を持っているという朝鮮王朝の基本的な認識をはっきりと 表明した。以上のように二つの意識の結合は『高麗史』編纂の基調となった。

二、『高麗史・世家』における元による日本進攻の史料の選択や編纂の原則

第一、戦争の準備段階で、元王朝の理不尽な要求に対し高麗がやむを得ず対応したこ とを全面的に記述している。

元宗十二年(1271)正月に、「モンゴルは日本国信使秘書の趙良弼及び忽林赤、王国 昌、洪茶丘など四十人を遣わした」13。そしてフビライの詔書を持ってきた。彼らはモ ンゴル帝国が高麗を経由し、日本へ派遣した最初の使者団であり、実際に二回に分けて 派遣されている。

史料の中に、 洪茶丘が郊外へ迎えに行った高麗国王元宗を見ても「拝謁しなかった」14ことを特筆し た。即ち、洪茶丘が臣下として国王へ拝礼しなかった。この件を取り上げ、洪茶丘の傲 慢な態度をよく表し、高麗君臣と朝鮮の史官の不満を引き立てた。

中書省から公文書を承り、元軍が鳳州に屯田し、農耕用牛、器具、種や軍隊用食糧 の準備の命令を受けた。農耕用牛は、前に上奏した通り、弊国の都には家畜を農耕に 使う人が殆どいない。他の地域には家畜を飼う農耕民がいるが、多くても一か二匹に 過ぎない。貧乏な人は大抵農具(耒耜)を以て、或は牛を借りて耕作する。今、牛等 の家畜は、全羅道食糧の運輸のため、餓死や疲労で大半を失った。元来弊国の農民は 多くの農耕用器具を持っていないが、要求を達成できなくても、出来るだけの数を揃 えるように努めた。種は、農民が毎年耕作して、租税を納めて、食糧とする。・・・

軍隊用の食糧について、弊国の貯蔵した食糧は逆賊に奪われたもの以外、全部駐屯す る軍隊や馬そして討伐の軍隊に提供し、使い切った。国内外からの賦税や徴用は農民 の大負担となり、生計すら問題になったが、さらに、種や餌がたくさん徴用された。 秋に軍隊用の数万碩はどこから調達すべきだろうか。15

明朝の初期、高麗に、毎年処女と火者の貢進 を求め、宦官を派遣した。それは当時の朝鮮王朝にとって、耐えられない大きな負担で ある。16それゆえ、『高麗史』を編纂するときも、その史実を重点的に記述し、藩属国 としてのやむをえない気持ちを表しながら、藩属国としての反抗も表現した。その反抗 は大した効果を得なかったが、朝鮮王朝が自主意識を持っていて理不尽な待遇に甘んじ ている訳ではない証拠である。

討伐の経緯は「忠烈王世家」に簡略に記述されてい る。

一回目の日本遠征にあたり、高麗は受動的に元王朝の要求に対応せざるを得なかっ た。
二回目の日本遠征に当って、高麗の国内は積極的に参加し、その意思決定に加わろ うと試みて、出来るだけモンゴルの将軍の権限を制限し、高麗への影響を最小化する

二回目の日本遠征を決定する時に、高麗の国王忠烈王は大都にいって自ら皇帝の命令を 受けた。『高麗史』に意思決定の過程は次のように書かれている。

忠烈王は7つの希望条項を上奏した:
一、我が軍は耽羅を鎮戍(鎮守)する兵を以 て、東征を補うこと;
二、高麗、漢の両軍より、寧ろ蒙軍を以て前線に立てること;
三、洪茶丘の職任を加えず、臣も亦、征東行中書省の事を管轄すること;
四、小国の 軍官、みな牌面(勲章などの類)を賜ること;
五、漢の地浜海の者を梢工、水手に充 てること;
六、按察使(地方行政監察官)を遣わして、百姓の疾苦を見させること;
七、臣が自ら合浦に到って、軍馬を閲送をすること。18

よって、高麗の国王は日本遠征に参加することを非常に重視し、大臣を皇帝に拝謁さ せ、自ら東征の命令を受けたいと上奏してもらった。他の臣下を通して勅命を受けるの ではなく、直接に命令を受けることで、主導権を握ろうとした。

忠烈王の 意図は明らかであり、日本遠征において、他人に牽制されたり、日本遠征のため、政敵 に権力を握られ、高麗の国政に影響を与えたりするようなことを避るために、忠烈王は 主導権を握ろうとした。『高麗史』はそれに重点をおいて記述している。

フビライは忠 烈王の希望条項を採用しなかったが、忠烈王の意見は重視した。

第二次日本遠征の前に、高麗の国王は積極的に対応し、主導 権を握るために行動を取った。これらの行動や変化は『高麗史』に詳しく記述されている。そこから高麗王朝が宗主国の元王朝に対する抗争やお茶を濁す態度が伺える。ま た、高麗王朝が独立自主を獲得しようとする意志が明らかである。

第二、高麗が戦争のために大量の人力、食糧、馬の餌などを消耗した。それが高麗に まざまな困難を齎したことは『高麗史』に詳しく記述された。

職人など三萬五千人あまりを徴用させ、造船所 に派遣する。当時、駅站に往来する人が後を絶たず、徴用等の負担が大きく、期限が迫 っている。人々を苦しませる」20。

この史料には高麗王朝が軍隊の食糧を集める為に、取らなければならない方法が記載 されている。

第一、この史料から、二回目の日本遠征の間に、軍隊の食糧を集める為 に、高麗王朝の国王から、庶民まで皆定量の食糧を徴収し、前線の軍需を確保したこと が伺える。

第二、日本遠征は高麗社会のあらゆる面に損害をもたらし、すべての人に影 響が出てしまったことがよく表明されている。

一回目の日本遠征の前に、モンゴルの軍 隊は高麗で駐屯し、食糧を生産し、軍隊の食糧準備のための高麗の負担を軽減した。


二 回目の日本遠征の前には、モンゴルの軍隊は駐屯しなかったから、高麗の王朝は全国民 を動員し、すべての国民が食糧を寄与した。

第三、『高麗史』は特に「兵志」に、軍隊 の食糧を集める問題について述べている。「世家」の部分に、軍隊の食糧など物資の供 給が詳しく述べられていることを裏付けるものである。この部分の史実は注目すべきで ある。

準備の状況を報告した。「弊国は兵戦九百艘,梢工水手一 万五千人,正軍一万人を用意した。兵隊の食糧は漢の計量単位で表示する場合、十一万 石、他の物資や機械なども数えられないほど用意した。全力を尽くし、聖恩に報い る。」24

第三、『高麗史・忠烈王世家』は二回の日本遠征の経緯について、簡略に説明した。 記載の史実は高麗の将軍を中心とした。

元十一年(1274)年十月、日本は元麗連合軍第一次の日本遠征を「文永の役」と呼 ぶ。『高麗史・忠烈王世家』にこの戦争についての記述は数行しかない。

冬十月乙巳に、都督は金方慶を、朴之亮、金忻を知兵馬事、任豈を副使に任命す る。金侁を左軍使、韋得儒を知兵馬事、孫世貞を副使、金文庇を右軍使、羅裕、朴 保を知兵馬事、潘阜を副使に任命し、三翼軍を呼ばれる。都督は元の都元帥忽敦、 右副元帥洪茶丘、左副元帥劉复亨などと一緒に、モンゴルや漢軍二万五千、我が軍 八千、梢工と水手六千七百、戦艦九百艘余りを率いて日本を討伐し、一歧島に到達 し、千人余りの敵を殺し、軍隊を分けて別々の道を進み、倭は退却した。殘骸が 累々とし、夕方になってようやく停戦した。夜、暴風雨に遭い、戦艦、巌崖に触れ て大敗し、金侁が溺死した。25

元十八年(1281)、日本は元王朝の第二次遠征を「弘安の役」を呼ぶ。『高麗 史・忠烈王世家』に今度の日本遠征についての記載は数行しかない。

七年五月戊戌に、忻都、茶丘及金方慶、朴球、金周鼎等は戦艦を率いて日本を討 伐した。 癸亥、行省総把報:当月二十六日、諸軍は一歧島へ向かい、忽鲁勿塔船軍一百十 三人、梢手三十六人は暴風に遭い、方向を失った。郞将柳庇を派遣し、元王朝に事 情を報告した。 六月壬申に、金方慶等は日本と戦って、三百人余りの敵を殺した。翌日再び戦闘 し、範文虎は戦艦三千五百艘と十万余りの軍隊を率いて戦った。暴風雨に遭い、軍 隊は全部溺死した。 八月己卯に、别将金洪柱は合浦から出発し、行宫へ東征群戦敗の知らせを報告し た。元帥などは再び合浦に戻った。

同じ月に、忻都、茶丘、範文虎などが帰還し、元王朝の軍隊で犠牲になった数は 十数万以上である。

十一月壬午、各道は東征軍九千九百六十人、梢工水手一万七千二十九人を派遣 し、生還者は一万九千三百九十七人しかない。26 

二つの史料を総じて見れば、次の結論が得られる。

第一、簡略な記述は『高麗史・忠烈王世家』が日本遠征の戦争を重視していないこと を裏付ける。あるいは、戦争の経過は注目される重要な歴史事件ではない。

 第二、簡略な記述だが、どんな内容が記載されているかは注目すべきである。高麗の 軍隊の将軍たちや制度整備の状況などが重点的に紹介された。初回の日本遠征におい て、八千人しかない高麗の軍隊は、左、中、右という三部分に分けて、それぞれの将軍 によって指揮されたと記載されているが、元王朝の将軍については手短に触れただけで ある。人数から見れば、高麗の軍隊はごく一部しか占めていないが、『高麗史』におい ては、高麗の軍隊に重点を置いて記述されている。第二次の日本遠征の記述にも高麗の 将軍たちを重点的に紹介し、日本遠征に参加した高麗の将軍たちの名前が紹介されただ けでなく、本に記載される唯一の勝ち戦は高麗将軍金方慶が指揮した高麗の軍隊による ものであり、敵軍の三百人を殺した。元王朝の戦争状況については、敗戦しか触れてい ない。そして、「蛮軍」と呼ばれる範文虎が率いるモンゴルの軍隊に対し、軽蔑の意を 表した。

第三、具体的な戦争状況についての記述は簡略であり、二回の敗戦にも「暴風」が言 及された。

初めての日本遠征には「一歧島に到達し、千人余りの敵を殺し、軍隊を分け て別々の道を進み、倭は退却した。殘骸が累々とし、夕方になってようやく停戦した。 夜、暴風雨に遭い、戦艦、巌崖に触れて大敗し」と記載されている。日本を討伐し、最 初は勝ったが、夜からものすぎ暴風雨となり、「暴風雨」に負けた。いわゆる「神風」 のことである。

第二回に「暴風に遭い、方向を失っ」て、「暴風雨に遭い、軍隊は全部 溺死した」。東征失敗の直接な原因ともいえる。



第四、二回戦争の記述とも、具体的な損失が言及された。史料の第一段落には、戦艦 の大部分が沈没すること以外、左軍使「金侁が溺死した」事も特筆された。
「金侁」は 高麗の最高指揮官であった。



。後の『年表』には、「十月、金方慶と元の元帥忽敦、洪茶 丘などは日本を討伐し,一歧で戦敗し、犠牲になった兵士は一万三千五百人以上」27。上 記史料の第二段落に元軍の死傷状況に関するデータがたくさんある。そのデータは元軍 の東征の死傷状況を明らかにした。

以上のことから、『高麗王・忠烈王世家』のその戦争に関する記述において、高麗軍 隊は主役であり、モンゴルの軍隊は単なる脇役にすぎず、日本の海戦も背景にすぎな い。史料の選択は、『高麗史』の主体意識を明らかに表している。『高麗史』はこの戦 争を全面的に記述するのではなく、高麗の軍隊の役割を示し、選択を経た書き方であ る。

三、『高麗史』日本遠征における高麗の将軍たちに関する記載

『高麗史』において、元王朝に投 降し、高麗に損害をもたらした人の多くは「叛逆伝」に編入された。

洪福源は洪茶丘の父であり、「叛逆伝」に編入された。『高麗史』には洪茶丘伝がな いが、「洪福源伝」の中に、洪茶丘の悪行が記載されている。

その後、洪福源は高麗の人質永寧公綧のモンゴル人の妻に失礼な行動を 取ったから、死刑に処された。

元宗二年(1261)、フビライが即位した後、洪福源の冤罪を晴らし、彼の息 子洪茶丘に父の職務を継承させた。「帰服した高麗軍隊と百姓を統率する総管である」 33。それ以来、洪茶丘は元王朝の官僚であり、高麗の出身という点から、高麗の関連事 務の処理を任された。洪茶丘は高麗に同情することもなく、いつも高麗を困らせるか ら、高麗の君臣たちは洪茶丘を恨んでいる。

高麗の国王忠烈王はかなり洪茶丘を憚っていた。彼はフビライに洪茶丘を元王朝に呼 び戻してほしいと進言し、高麗に置いてはいけないと表明した。「洪茶丘がいる限り、 国を治めにくい!洪茶丘は軍隊事務だけを担当すべきだが、国家政務まで勝手に口を挟 んだ…(中略)…元王朝が軍隊を弊国に置くなら、鞑靼の軍隊或は漢軍を派遣してくだ さい。しかし、洪茶丘の軍隊は、呼び戻してください。」34忠烈王から見れば、洪茶丘 が勝手に国政に介入し、独断専行するから、忠烈王は国を統治するすべもない。だか ら、自ら皇帝に洪茶丘を呼び戻してほしいと進言した。

洪福源、趙彝が『叛逆伝』に編入される反面、金方慶は肯定すべき対象として取り上 げた。金方慶は兵部尚書翰林学士まで担当した。二回にわたる日本遠征において、金方 慶は高麗の軍隊の最高責任者であり、その伝記は二回の戦争について詳しく描写してい る。一回目の東征について、「金方慶伝」は次のように述べた。

第二次日本遠征の状況については、『金方慶伝』で次のように述べている。

七年三月、日本遠征へ出発した。方慶は先に義安軍に軍隊を検閲し、後で国王 も合浦に来て諸軍隊を検閲した。方慶と忻都、茶丘、朴球、金周鼎などが出発し、 日本の世界村大明浦に到達し、檄文を以て通事に知らせる。周鼎先は倭人の軍隊と 交戦し、諸軍隊も戦場に加わり、郞将康彦(康師子)等が死んだ。六月、周鼎、球、 朴之亮、荆万户等は日本の軍隊と交戦し、三百人以上の敵を殺した。日本の兵士が 急に攻め込み、官軍を破り、茶丘は馬を捨てて逃げた。王万户は横から進攻し、五 十人余りの敵を殺し、日本の軍隊が退却して、茶丘は命が助かった。翌日再び戦っ たが、戦敗した。軍隊の中で疫病が広がり、死者は三千人を超えた。忻都、茶丘な どは戦況は不利であり、かつ範文虎は時機を遅れたことを考慮に入れ、軍隊の撤退 を議論した。「勅命によれば、江南軍と東路軍を派遣し、其の月に一歧島に到達すると見込んでいる。今南軍はまだ着いてないが、我が軍隊が先に到達し、数回も戦 って戦艦や食糧を大量に消耗した。どうするべきだろう?」という。

方慶は黙り込 んだ。十日以上経ったが、議論は進展を遂げていない。方慶は「勅命により、三ヶ 月の食糧を用意したが、今は一ヶ月の食糧がまだ残っている。南軍が進攻する時を 待って、必ず敵軍を破る。諸将軍は異議を出す勇気がない。その後、文虎が十万以 上の軍隊や九千艘の船を率いて到達した。八月、暴風に遭い、蛮軍は全部溺死し た。朝夕で死体は浦に流れて浦を塞いだ。死体を踏んで浦を通ることもできる。遂 に軍隊を撤退した。」38

この二つの史実に対する描写は、東征の戦場のもう一つの姿を明らかにしている。幾 つかの特徴がある。

第一、元王朝の東征の記載の中で、『高麗史』における最も詳しい 史料であり、「忠烈王世家」の記載より詳しいし、細部の記述がたくさんあってより具 体的である。

第二、この史料では、金方慶がまるで戦争の決め手のようである。


第三に、この史料は『高麗史』の他の史料と同じであり、高麗の軍隊の戦場での様子を 表している。『高麗史』だけでは戦争の状況を全面的には把握できない。高麗の軍隊に 関する内容は朝鮮王朝当局が作り出したものであり、大げさで、作り話とも疑われる。

実際に、史料の偏っている表現を無視して、戦争の立場から見れば、元王朝が戦争を起 こし、高麗はやむを得ず元の先棒を担いだだけである。高麗の軍隊は単なる補助的な役 割を果たしていて、戦争の勝負を決めわけがない。

従って、『高麗史』の一部の内容は 大げさであり、作り話の部分すらある。例えば、金方慶と元帥の対話は本当の話だとは 考えられない。朝鮮王朝の歴史の編集者が、これらの会話を知るわけがない。たとえ高 麗王朝が関連の書類や資料を残していても、そんな対話が記録されるわけがない。従っ て、合理的な想像を通じて、金方慶の戦争での重要性を誇大し、彼を輝かしく表現して いる。『高麗史』の関連記述には、多少このような大げさな部分がある。


四、終わりに

 誠にフランスの歴史学者ミシェル・ド・セルトー が述べた通り、官撰の歴史の編纂は国家理性によって成し遂げたものである。「現存の 材料に基づいて、専門の手法を以てある「環境」における諸要素を「処理」し、緻密な 記述を作り上げた。」39従って、この史料は朝鮮王朝の史官によって構築されたもので あり、明王朝が編纂した『元史』や日本の関連史書の記載とは大きく異なる。


『高麗史』と『元史』を比べたら、様々な相違点に気付くはずである。例えば、洪茶 丘が金方慶を誣告する案件について、『高麗史』には金方慶は功績を上げて賞賜を貰 い、朝廷の官員たちに排除され、叛逆の罪と誣告され、「(洪)茶丘は高麗を憎んでい て、高麗を中傷しようを企てた。方慶を陥れることを聞いたら、中書省に調査を依頼す る。」40洪茶丘は様々な手を講じて、金方慶を迫害しようとした。金方慶は苦しめら れ、フビライは尋問した後に、金方慶のでっち上げの罪名を晴らした。『元史・高麗
伝』には「十四年正月、金方慶などが反乱し、皇帝は確信し反乱を鎮圧するように命じ たが、また忻都、洪茶丘に軍隊を整えさせた」41と記載されている。この伝記では金方 慶を反乱と見なし、『高麗史』では洪茶丘が金方慶を罪に陥れる。両者は正反対の見方 を示している。『高麗史』と『元史』において、様々な記述は矛盾していて、金方慶案 件は典型的な例である。『高麗史』において、金方慶は重臣と見なされ、彼のために立 伝したが、『元史』に金方慶は反乱の容疑者とみなされた。洪福源は『元史』に功臣と 見なされたが、『高麗史』の「叛逆伝」に編入された。


 

中国文明の歴史 8
明帝国と倭寇
間野 潜龍
1967年刊行 新人物往来社
2000年 中央公論社 により再刊行

必要な点は、メモした、朝鮮史の箇所重要


p31
【林 語堂 氏(中国人研究者)】氏はさらに具体的に分析して、トルコ種とみられる唐朝は別として

p58
この世を穢土(えど)と見て浄土に憧れる思想に、阿弥陀信仰がある。

p123
この小作人政権における官吏の俸給は、史上最低とされる。最高で月80石ポッキリ。最下で月5石
俸給の高かった宋では、最高が月に銅貨300貫、銀では300両以上、
月とすっぽんほどの違いがある
一方、明では農民を大切にした

p124
元の時の税の請負制
現物税であったことは、銀を追放するため、言い換えれば商人の台頭を抑えるためであった
銅貨は鋳造したが民間には遣わせなかった

p126
宋は、その商本主義の国策から、また元に至っては例の熱狂的な銀収奪策から、いずれも外国貿易を推し進めた。

p131
元帝国内部の一封建領主の感があった高麗も
フビライカーン以来、高麗王妃は元帝室から出るという習わしとなった。一方、当のフビライカーン側では、元帝室の家法として、高麗女性を卑しんで、その宮廷には高麗女性を入れないという、しきたりを定めていた

p132
むかしから、朝鮮の女性には気を許すなと言われたが、危氏もついに本性を現した。彼女は本国から多くの高麗美人を呼び寄せ、権勢のあるモンゴル大臣の家に送り込んだ
そのせいもあって、宮廷の女官の大半は高麗女性で、宦官もまたしかり、

p142
朝貢規定が作られた。交際は原則として皇帝と国王の間に限られる。鎖国によって民間同士の交わりはあり得ないからである。
国王を詐称するものがるから、その身分証明書がいる。それを防ぐためのものが、表分と勘合制であった。表分は国王が派遣した使者が持っていく正式な外交文書である。それには規格があって、皇帝が国王にさずけた印跡と明の年号が書いてなければならぬ。この表分がないと一切入国できない。実は、この表分の有無、或いは表分の形式が、国体観の違いを反映して、日本との間で大揉めに揉めたのである
勘合の制とは、割符のことで
【支給されたのは】15ヵ国となった。ほとんどが南海諸国で、それ以外は日本だけだった

p143
明は国によって寄港地を指定する。浙江の寧波は日本、福建の泉州は琉球、広東の広州はチャンパ・シャムその他の南海諸国である

p150
前期倭寇の主な舞台は朝鮮半島の南部で、時代的には高麗の末期に当たる

p155
李成桂はこれと並行して、倭寇の首領たちに直接働きかけ、優遇策をもってその帰順を勧めた。これが投下倭といわれるものである。やがてその数は増し、土地を与えられ、職を貰い、中には中枢部の官吏にすらなった。ために李朝財政を圧迫したほどである。これらの投下倭は
生活難にあえいだ対馬人が多かったのも自然の成り行きだろう

【「投下倭」 としている以上は、朝鮮王朝実録で検索すれば、出てくるはずである。しかし、中国の検索サイト(朝鮮王朝実録と中国正史他検索可能。明史も検索できる)、台湾の検索サイト(明実録、清実録、明実録の猿真似記録=朝鮮王朝実録の3つのみ検索可能)の両者で検索しても、「投下倭」 では全く検索ヒットしない。即ち、「投下倭」とは、実在しない朝鮮人どもが作り上げたいつものファンタジーに過ぎない。酷い話であり、朝鮮人どもを何とかしろ!の一言に尽きる。精神面での完全なDNA異常民族の面目躍如である。】

p157
倭寇 中国を襲う
前期倭寇の持つ政治性が見られる
彼らは
海賊衆であった

IMG_0939

p158
日明交渉
明の太祖は
倭寇の鎮圧を要請した

p161
そののちも倭寇はやまなかった

p163
洪武七年6月に来た足利義満の使者は、表分がないので退けられた。

p164
このあと連年入明する日本使者の国書が、書式にかなわぬとか、無礼であると難癖をつけられて退けた。
国交正常化が一向に軌道に乗らぬ上、一方、倭寇は絶えずやって来るとあって、
太祖は意を決して
征討軍を差し向ける書を送った

p165
太祖は日本征討を思いとどまった

p205
国書の形式は「日本准三后道義、書を大明皇帝陛下に奉る」となし、
明よりの漂着者を送還した
道義は義満の法名である
太祖の時、征夷将軍源義満の名で使いを出し、拒否されたが
建文帝は
寛大な政治方針をとったから
答礼使を出し
義満を正式に日本国王に封じ
義満はこの後日本国王道義の名をもって、明と通交した


p207
【義満の子、】義持は突如国交断絶を図り
明使を引見せず、その都度、追い返した

p257
全ての国が朝貢してくるのに、日本だけが久しくこないとあって、琉球を介してその旨を伝えさせた。
その結果が、永享4年(1432)の遣明船となったのである
【義持の次の将軍義教】
この永享遣明船は5隻の船団からなり、持船主は、1号が将軍家、2号が相国寺、3号が山名家【以下略】
こうして貿易は再開された

p173
明の常備軍の数は洪武26年以後は、180万以上あり

p174
唐朝は藩鎮によって弱められたが、なお300年続いた
太祖が目を付けたのもこの点にある。
各王を辺境に定住させ

p183
燕王の手兵はモンゴル兵を交えた歴戦の精鋭部隊である

p197
永楽帝はしきりに宦官を使った

p254
寧波の変
嘉靖二年(1523)
寧波で大内・細川の使者が互いに殺傷するという大事件が起きた
この頃になると、勘合貿易の経営権は足利将軍の手を離れて、細川・大内両家の手に帰し、この二者は互いにその主導権を争った。
大内側では
細川方を襲い12人を殺害した
倭寇に備えた明の将兵を殺害したり捕えたりして海に逃れ去った。この公然たる暴挙に明の官民は手をこまねいてだ一人は向かうものがなかった。これは日本人に中国人くみやすいと思わせたのであろう。この異変はまさに後期倭寇の発端とみなしえよう

p267
頚部主事に唐枢は
「海寇と商人はもともと同一のもので、貿易が通じると海寇は商人に変わり、禁じられると商人は海寇に早変わりする」
この言葉は後期倭寇の性格一面を良く表している

p271
唐枢によると「今、海寇は数万と言われ、みな倭人といっているが、その実、日本人は数千に過ぎず、その他は皆中国の人民である。」
と指摘している。これが後期倭寇の実際である

p280
倭寇の七割までが不逞の中国人とあっては手の施しようがなかった。
奥地侵入の新記録
都会の占領である


IMG_0940






近世の日朝関係
日本学士院会員 田 代 和 生


さすが👍の一言

はじめに─徳川時代以前の対馬宗氏

対馬は日本と朝鮮の間に位置するが、九州博多よりも朝鮮半島に近く、海上約 50km 先に朝鮮半島の南端を肉眼で見ることができる。

島の90%近くは嶮しい山林 で占められ、耕作地が乏しいため、住民たちは貿易に頼って生計を立ててきた。

初めは惟宗氏と称していたが、対馬の領 国支配を進めるかたわら、朝鮮政府と利害を一致させて通交貿易の独占化をはか り、それとほぼ並行して「宗」姓を名乗るようになった。

1443年、宗氏 は朝鮮との間で約条(agreement)を結び、年間50艘の使船を派遣できる権利を獲 得し、さらにこの使船運営から生じる権益支配権(使船所務権)を、土地の代わり に家臣たちに与えることで島内基盤を固めていった。

また時には、足利将軍や守護 大名大内氏などの名前を騙り、貿易額の増大など交渉を有利に導くための工作を弄 して、16世紀中頃には日朝間の通交者は対馬宗氏とその関係者のみという状態に なった。

1 .徳川時代初期の日朝関係

朝鮮との講和交渉から通信使来日に至るまでの様々な交渉を行ったのは、 幕府ではなく、中世から日朝間の通交貿易を独占してきた対馬宗氏である。断絶し た両国の関係修復は、貿易で生計をたててきた対馬の人々の死活問題でもあった。

対馬から派遣された講和を乞う使節は、初めのうちこそ殺害されて帰国すること がなかったが、そのうち先の戦役で抑留されていた者を送還するようになると、朝 鮮側も漸く交渉に応じようとする気配を示しだした。

朝鮮に援軍として駐留してい た明軍が1600年に引き揚げ、日本との交渉に直接干渉することが無くなったことも あり、その 2 年後から相ついで対馬の動向を偵察し、講和の可能性を探ろうとする 使節が朝鮮から派遣されてきた。

時機到来とみた宗義智らは、1604年、対馬に滞在 していた朝鮮使節を説得して京都へのぼらせ、徳川家康・秀忠(1579-1632)父子 に伏見城で接見させることに成功した。

家康は大層喜 び、宗義智にあらためて「朝鮮御用役」として講和交渉の進展に尽力するよう命じ、 功績として対馬の本領以外に九州肥前の地に2,800石を加増し、江戸への参府は三年に一度で良いといった特権を与えた。

学士院会員殿はボケたのか?家康の時代に参勤交代制度はなかった。従って、家康が「江戸への参府は三年に一度で良い」とすることなどあり得ない

講和の動きが最終段階に入るころ、朝鮮側は通信使を派遣するための条件とし て、先に家康の国書を謝罪の意を込めて送るよう通達してきた。戦後初めての国書 を、それも先に出すということは、当時の外交上の慣習として相手国に恭順の意を 示すことになる。幕府がこうした要求に応じる筈はないとみた宗義智らは、この重 大な時期を乗り切るために、「家康国書」なるものを島内で偽造して解決をはかる ことにした。

1606年、これが朝鮮へ届けられ、その翌年通信使(朝鮮側の呼称は「回 答使」)の派遣が決定した。

また通信使が持参する国書は、復書の体裁で書かれて いたため、これを往書に書き替えなければならなかった。

このほか偽造国書の存在 を窺わせるような文面を削除したり修正するなどして新たな偽造国書を作成し、こ れを途中ですり替えることで、表面的には何事もなかったように通信使の行事を終 わらせて修好回復を達成した。

やがて1609年、朝鮮国と宗氏の間で新たな約条が締 結され、宗氏の特殊権益を保証する形で念願の貿易再開にこぎつけることができた。

2 .「柳川事件」と日朝関係の改変
 国書の偽造と改ざんといえば大変なことのようにみえるが、先述したように対馬 では中世から足利将軍の名を騙った偽使を何度も派遣し、そのつど足利将軍の印鑑 「徳  有  鄰  」の印影を模した偽造国書を作成していた。

国書の偽造は対馬秘蔵の伝統的荒技であったといえる。

また1590 年、秀吉が受け取った国書も朝鮮国王の印鑑「爲 政  以  徳 」を模した偽造国書であり、 統一政権成立後は朝鮮側の国書偽造にまで及んでいた。

徳川時代の国書偽造は1606 年に始まり、三回の通信使来日期(1607・1617・1624年)やその他の交渉事を合わ せると、全部で10通余りの偽造国書が徳川将軍や朝鮮国王へ渡されたとみられる。
朝鮮側の官僚、とくに日本語通訳官が加担していることもあって、対馬島主・重 臣・外交僧が三位一体となって結束すれば、そう簡単に露顕することはなかった。

江戸生まれの重臣柳川調 興 (しげおき) (1603-1684)は、幼少期を家康・秀忠・家光の 側近くに仕えたことから幕閣に強いコネを持ち、さらに父智永代に家康から所領を 賜ったことで将軍直参の旗本としての意識が強かった。

しだいに新たな島主宗義 よし 成(1604-1657)との間に確執を深め、やがて1633年、調興は重大な内部告発、すな わち通信使が将軍へ奉呈した朝鮮国書は改ざんされたものであると老中へ直訴した (これを「柳川事件」という)。

丁度このころの幕府は、外国との貿易を管理しや すい直轄地長崎に集中させ、武士が貿易を行うことを禁じ、さらに日本人の海外渡 航を禁止するなど、いずれも宗氏が行ってきた朝鮮との通交貿易に逆行する対外政 策を次々に打ち出していた。

柳川氏の告発は、唯一、一族が関与しない1624年度の 通信使関係に限られており、このことからみると、宗氏の排除後、「旗本柳川氏」 が幕府の管理する日朝関係を取り仕切ろうと画策したものと考えられる。

 幕府の裁決は、1635年、江戸城において将軍家光ならびに御三家、諸大名、旗本 衆ら臨席のもと、宗義成と柳川調興を対決させたのちに下されることになった。

 結果は、柳川氏側の敗訴となり、宗氏側に味方した外交僧玄方(1588-1661)も有罪、 しかし意外にも両人ともに流罪という軽い処分で、それぞれの配所へ送られていっ た。いっぽう宗義成は無罪とされ、今後も日朝関係の諸事にあたるよう言い渡され た。

中世からの伝統的手法をとる複雑な日朝外交の構図から、宗氏を除外すること が不可能であることを幕府自らが認めた形である。

国際関係の統制強化をはかって いた時期、大名宗氏が温存されたことは、日朝関係の独自の形態が今後も継続され ることを意味していた。幕府は、審理の対象を柳川氏が直訴した1624年度の偽造国 書のみとし、これ以上の捜査を行うことなく事件の早期決着をはかった

 この「柳川事件」を契機に、幕府は新たな外交僧の任命と将軍の国際称号の改変 を行った。まず国書の偽造・改ざんを防ぐために、幕府の許可を得た京都五山の僧 侶がこれを担当することになった。

また将軍の呼称としては、これまで幕府 は中国皇帝の冊封を意味する「日本国王」号の使用を避けてきた経緯があり、事件 後新たに「日本国大君」号を創案した。これに加えて日本側の文書にはすべて日本 年号を用いさせ、なるべく早い時期に、新しい書式での国書を携えた通信使を来日 させるよう宗氏へ命じた。

3 .二重構造の日朝外交

 1630年代から1640年代にかけて、徳川幕府は外国との関係を整備し、日本の交流 相手国を中国(明・清)、オランダ、朝鮮、琉球の 4 か国に限った。

このうち将軍 との間で対等な国書を交換できたのは、朝鮮国王だけである。

中国との関係は、国 家間の交流を避けることで日本を冊封体制の枠外に置き、オランダ(東インド会社) と同様、長崎に入港する私的通商関係だけにとどめた。

また琉球は、「異国扱い」 としながらも、事実上は薩摩藩(島津氏)の支配下に置かれており、ここからの外 交文書が将軍に宛てられることはなかった。

したがって朝鮮との外交は、徳川時代 を通じて唯一の「将軍の外交」であった。

いっぽう徳川氏にとってこの「異国からの使い」は、1610年に始まる琉球使節の 参府と同様、将軍権力の強大性を「外」から証明してくれる絶好の機会であり、同 時に「内」からの対将軍認識をたかめる絶大な効果をあげることになった。

通信使 来日が決定すると、幕府はただちに沿道の諸大名へ宿泊所や休憩所の設定を命じ、 全国の大名へも所領の石高に応じて饗応、警護、船や人馬の供出などを義務づけた。 往復の道中はもとより、江戸滞在中も最高級の応接基準をもって接待し、約半年の 日程をかけて朝鮮の都(漢城)と江戸を往復する間に、この国家的な大行事は、諸 大名から農村部に至るまで日本国中に鳴り響いたのである。

 華やかな「将軍の外交」を背後で支えていたのが、「宗氏の外交」である。幕府は、 徳川時代を通じて通信使に匹敵するような使節を一度も朝鮮へ派遣することなく、 本来は国が行うべき外交交渉までも宗氏及びその支配機構である対馬藩へ一任して いた。

対馬からの使節は、朝鮮佂山に置かれた日本人居住区倭館へ入り、正月に始まる季節ごとの挨拶、両国内の種々の外交折衝、日本の国内情報の伝達、通信使の 来日要請から送り迎え、救助された両国漂流民の送還といった様々な名目のもと、 延べ人数にすると 1 年間に500人以上の使節員が派遣される規定であった。


この構図のなかで対馬藩は独自の役割を一任され、その経済 的な保証として日朝貿易の独占権を手中に収めることになった

4 .倭館貿易の実態

日朝間の実務外交や貿易は、朝鮮半島の南端、佂山浦に設けられた倭館で行われ た。
倭館とは、本来は日本から派遣された使節を応接するための客館であったが、 1678年佂山の草梁に約33万㎡の新倭館が設置されてから、 公館あるいは商館 (factory)としての機能も兼ねるようになった。

33万㎡=約10万坪=東京ドーム約7個分である。対馬藩における密貿易に対する処罰について
 ーー『罰責』 掲載の判決の紹介を中心にーー守屋浩光によると、対馬藩の目を盗んでの密貿易には
5年間「朝鮮渡 差留」という刑罰がある。即ち、倭館は、密貿易罪人が倭館で雑役に従事する刑罰の場所でもあったのだ

朝鮮への渡航船は、1609年の約 条で年間20艘に制限されたが、その後副船・臨時船・小船などを用いた対馬藩によ る増加策が実施され、1710年代には年間平均80艘の渡航が可能となるなど、実質的 な航行数の拡大化が進められていった。
 
日朝貿易は、封 進(朝鮮国王への朝貢貿易)、公貿易(朝鮮政府との貿易)、私貿 易(朝鮮商人との相対取引)の三形態からなる。


封 進と公貿易は、年に 1 回、総額を公木(朝鮮の上質木綿)で決済する方式がとられ、 さらにその一部を朝鮮米(年間約1,200トン)に振りかえたことから、米穀生産の ない対馬にとって貴重な食糧輸入となった。

私貿易は、月に 6 回、倭館の開市大庁 に朝鮮商人が商品を持ち込むが、封進・公貿易と異なって数量や商品の規定はな く、互いに最も利益ある商品が交換された

新倭館完成後、まず朝鮮側からの 提案で参加資格者を政府公認の特権商人20名(後に30名)にしぼり、これに呼応し て対馬藩側も私貿易専従の役人(元  方  役  )を10名、商人の中から選抜した。これに よって対馬藩は私貿易の藩営化を達成し、日朝貿易の経営の主眼は莫大な利益をも たらす私貿易のほうへ注がれるようになった。

1684年-1710年までの27年間、元方役が記録した私貿易帳簿が国立国会図書館に 現存する。
これによると、輸出・輸入のピーク年には銀計算で6,000貫目( 1 貫目 =3.75kg)の取引があり、これは同じ頃、幕府が規定した中国貿易の額に匹敵する。
全期間を平均するとオランダ貿易の額に匹敵する3,000貫目だが、これに定額制の 封進・公貿易額の約1,000貫目が加わるため、日朝貿易の全体額はかなりの規模で あったことが分かる。

私貿易で取引された商品は、輸出の大半が幕府の鋳造した上 質な銀貨幣(銀の純度80%)で、これが貿易全体の60%以上を占めていた。残りは、 朝鮮で入手が困難な銅や錫などの鉱産資源、水牛角(武器・工芸品・薬用)、胡椒 (調味料・薬用)、明礬(染料)、スオウ(染料)などの東南アジア産品、またタバ コ、キセルといった日本から朝鮮へ伝わった喫煙慣習に必要な商品も含まれてい た。

。輸入品は、80% が中国産の生糸(主に白糸)・絹織物、20% が薬用の朝鮮 人参で、前者は京都で、後者は江戸で、いずれも輸入値の数倍で売れる貴重品ばか りだった。

おわりに
 徳川時代後期(18世紀後半)になると、国益を重視した輸入品の国産化政策が実 施され、薬用人参も生糸も、かつてのように利益を生む商品ではなくなった。

 日朝貿易の輸出の大半を占めていた銀は1750年代に途絶し、19世紀には朝鮮側通訳官 と密約をかわして年間約400kg-1,000kg を輸入するようになった。

【18世紀後半からは、対馬藩と朝鮮との貿易は事実上は消滅したと考えてよい。その時期は、概ね1710年以降であろう。即ち、江戸時代の初めから~1710年までの100年間は、対馬藩の主要財源は貿易、その後は、幕府への「ゆすり、たかり」の類である。こんな連中を日本人の範疇に含めるべきなのであろうか?代々対馬に住む者のDNAを調べれば確実に日本人とはかなり異なるはずである。現在でも対馬の多くの土地を韓国人どもが取得している

貿易規模は官営貿 易と同程度で、昔日のような利潤は望むべくもなかった。

財政維持のため対馬藩がとった手段は、商人からの借金以外に、幕府から事ある ごとに資金援助をあおぐことであった。

防衛上の見地から対馬藩援助の必要性と正当性を 訴えて米 3 万石(金67,000両相当)の支給にまで増大させている。


参考文献
中村栄孝『日鮮関係史の研究』下(吉川弘文館、1969年)
田代和生『近世日朝通交貿易史の研究』(創文社、1981年)
三宅英利『近世日朝関係史の研究』(文献出版、1986年)
ロナルド・トビ(速水融・永積洋子・川勝平太訳)『近世日本の国家形成と外交』(創 文社、1990年)

対馬藩における密貿易に対する処罰について
 ーー『罰責』 掲載の判決の紹介を中心にーー
守屋浩光

対馬藩の異様性を痛感

はじめに
藩法研究会編の 『近世刑事史料集 2 対馬藩』 が 2014 年に刊行された。 これは長崎県立対馬歴史民俗資料館所蔵の刑事判決録 『罰責』 を翻刻し、 解題 (翻刻・解題担当は鎌田浩氏) を加えたものである。

筆者は谷口昭氏 とともに同書の編集を担当したが、 本論文ではこれを題材として対馬藩の 「潜商」 すなわち密貿易に関する処罰について紹介かたがた若干の分析を 行う。
、宝永 4 年分から明治 2 年分にわたる 『罰責』 全体を考察対象 とする。

第 1 章 対馬藩の潜商に関する先行研究

田代氏は 『新・倭館』(6) で釜山にあった倭館の看守日記や対馬藩の 『分 類紀事大綱』 を材料に 1710 年代までに倭館で死罪になった日本人 5 名の 事例を紹介する。 これらはすべて密貿易の事例であり、 対馬藩は密貿易に 対して常に厳罰主義を以て臨んでいるとする。

第 2 章 密貿易事件に関する 『罰責』 採録事例

本章では 「罰責」 から密貿易に関する判決を抽出して紹介する。 表 1 で 潜商、 表 2 で抜船に関する判決をまとめた。

 密貿易事件は判決上 「潜商」 とされているものと 「抜船」 とされているものがあり、 したがってそれら が抽出対象になるが、 「抜船」 事件については対馬と下関等他領との間の 無許可渡航のみに言及する判決が多く、 それらを除き朝鮮との密貿易が関 係していることが明らかなもののみを抽出した。

表 1 潜商
享保 01.12.24
平町人
慶長銀1貫目朝鮮へ持ち 越し
永代奴

驚愕せざるを得ない。「永代奴」は間違いなく、永代=生涯、奴婢の奴=男性奴隷とする刑罰である。1716年=享保元年であり、日本では、奴隷とする刑罰など存在しない。対馬藩の特殊性が良く分かる。「為奴」=男性奴隷とするは朝鮮王朝実録で検索すると、最も頻繁に見られる刑罰であり、朝鮮時代の定配について 矢木 毅によれば、死刑に次ぐ重い刑罰である。対馬藩では朝鮮と同じく、まさかとは思うが、奴婢売買がされていたのかもしれない。対馬藩のすることは、朝鮮通信使国書の偽造をはじめ朝鮮人ども全く同じく、まさしく「嘘と騙し」に終始している。(ただし、矢木氏は、「明律」についてはあまり詳しくないようである。李氏朝鮮は、明朝の完全な猿真似であり、基本は、「明律」と思われるが、「明律」には奴婢とする刑罰は無いはずである)


宝暦 03.11.08
家来他 6 名
潜商
科料・7 年 切奴
7 年 切奴は、7年間奴婢とする刑罰のはず。対馬藩の目を盗んで、潜商

文化 12.10,18
六十人
油 7 挺朝鮮人売渡底意訝 敷所相見 科
銀 2 枚、
5年朝鮮渡 差留

刑罰の5年「朝鮮渡 差留」とは、朝鮮にあった倭館に刑罰として、差留するという意味であろう。潜商の主な対象品は、朝鮮人参であった。恐らくは、対馬藩が、秘密裏に朝鮮との間で朝鮮人参の取引をしており、民間売買を厳しく取り締まっていたのであろう

4 文化 12.10,18
御手船添
抜荷心底不審之次第
田中所左衞 門 5年切奴、 一生朝鮮渡 差留

抜荷とは、対馬藩が行っていた貿易船から、荷を盗んだ であろう。5年間、田中という者の奴隷とし、その後、朝鮮に生涯追放

第 1 節 死刑の事例

③享保一一年一〇月二二日申渡の例(13) 浜組横目であった春右衛門は、 渡海訳官使滞留中に朝鮮人と町人佐伯庄 五郎との潜商の申しあわせを取り次いだが、 潜商が発覚したため庄五郎を 刺殺したとして、 斬罪に処せられた。
④享保二〇年一一月一二日申渡の例(14) 佐須奈村百姓六左衞門は 「飛船之足駄木ニ致彫穴」、 蚫玉銀子を仕込ん で朝鮮へ渡り、 人参を購入して帰国した科により居村で斬罪に処せられた。 また、 浦上忠七は 「御関所江罷下、 口々ニ而人参令潜商」 めたのみならず、 百姓屋へ盗みに入ったため、 死刑に処せられた。

⑧文久四年五月六日申渡の例(18) 対馬法者 (民間の宗教者) であった相良儀右衛門は前年五月二九日夜 総嶋屋伊吉・服部屋忠次郎と相談、 俵物方の小屋から煎海鼠八・九俵を盗 み出し、 密かに肥前国呼子で十八両で売り払った。 さらに儀右衛門は伊吉 が所持の 「錆」 四本を朝鮮に持ち出すのに同行、 同年閏四月に全羅道内 に着き、 売り払おうとしたが思ったより下値であったため結局売り渡すこ となく、 帰国した。 帰国後御園村、 木坂村で約七十品の盗みを働いたが、 その後追っ手に品物を取り返され、 忠次郎と伊吉は逃走したものの、 儀右 衛門自身は捕らえられた。

第 2 節 死刑以外の事例

奴刑をはじめとする死刑以外の処罰となった事例は重複を除いて 100 件以 上に及ぶ。

刑罰の軽重に関する傾向についてみると、 享保から寛延年間にかけては 永代奴に処せられる例が見られる。

宝暦年間以降になると永代奴の事例が見られず、 代わって年限を区切っ た奴刑や科銀、 朝鮮渡差留といったより軽い刑罰に処せられるものばかり になる。


第 3 章 若干の考察

森氏は、 対馬藩は領内で発覚した密貿易も倭館で発覚した密貿易もとも に厳罰主義・厳刑主義を採ったとし、 朝鮮側にも同様の厳罰を要求したと する。


しかし宝永年間になり米の輸入が延滞がちになったことでやむを得 ず郡内の水夫を徴発するようになると、 彼らが密貿易に手を染めることが 多く、 その結果本人および家族が厳罰に処せられ、 公役を負担すべき戸口 が減少することによって財政上の不利を招くことが問題となった。


第 4 章 おわりに 残された分析課題

江戸時代の朝鮮通信使
李 進熙
1992年 刊行
講談社学術文庫

この者は、1929年生まれである。1992年時点で63歳であり、略歴には明治大学文学部講師とあるが真実かどうか調べること。バカバカしいの一言であるが、講談社学術文庫は、時々酷いのがある

講談社は本来は、絶版とするべきであろうが、在日韓国人どもが狂喜乱舞して大喜びする内容である


p3
徳川幕府が「鎖国」の対象としたのはキリスト教のヨーロッパ諸国と中国であって、朝鮮国とは正式な国交を結んでいたのである


①その通りであれば、朝鮮の船が出島以外の他の港にも来ていなければならない。しかし、そのような事実は全くない。
②中国船は、出島に非常に頻繁に来ていたことは、外国人の記述でも複数著作で書かれている
③江戸参府随行記 東洋文庫 ツユンベリー
p50
「長崎港
ここに入港し貿易を営む許可を得ているのは、全地球上の民族の中で中国人とオランダ人だけである」
p64
「中国人には幕府参上の旅は許されていない」

④ツユンベリーだけではなく、鎖国当時に来日したオランダ人は例外なく、朝鮮通信使をもって、朝鮮は中国だけではなく、日本にも朝貢していると思い込んでいる。
冒頭、このようなに明言しているが、その後の記述では、「国交を結んでいた」旨の具体的な内容は一切ない
⑥日本風俗備考 フィッセル 沼田次郎、庄司三男 訳 東洋文庫 昭和53年
p96
蝦夷、朝鮮及び琉球の領土をも加えて、全国土の人口は3400万を下らぬ数字であると言われており

第二章 地誌と地形
p121
朝鮮人たちは新しい将軍即ち君主の代替わりの機会にのみ、江戸を訪問することを許されているのであるが、その使節も将軍の名において応対されたのである

p122
朝鮮人は日本人と比べて科学と文明の進歩において遥かに劣っており、同じ水準に無いことは、彼らの生産物によって、また時々日本に海岸に漂着して長崎に運び込まれる朝鮮船によって、極めて明瞭に示されている。その船の構造は、鋼、鉄、及び木製のあらゆる器具類と同様に極めて欠陥の多いものである。

p123
朝鮮は自然の産物は豊かであるが、住民たちは生活に必要な以上はほとんど利用しないし、金属類の細工については貧弱な知識しか持っていないように見受けられる

このオランダ人若者は勘違いしている点もあるが、決定的な点は、赤字引用にあるように多数の朝鮮船が出島に来ていたことを一切書いてはいない。この若者は。9年間も出島に滞在し日本人女性との間に子供までもうけたのである。

⑥朝鮮通信使の李氏朝鮮における1~3回目の正式名称は、下記の通りであるが、そのことには全く言及しておらず、知らないようである、特に、1回目は相当数の陶工等を連れて帰っているにもかかわらず、一切言及がない。

朝鮮通信使 仲尾宏 
p33
多くの日本残留被虜人の事実調査と早期の送還を実現することも任務の一つとして明記されることになった
第1回並びに第2,3回の使節団の名称は、「回答兼刷還使」と称されるのが通例である
p43
(第一回目)以後の通信使派遣については、日本から先に使節派遣を国書の形式で要請することとされ、この形式はその後2回踏襲された。それらはいずれも対馬の強い策謀によって実現した。

p74
今までの対馬が携えてきた国書が偽作または大幅に改ざんされたものであることを知った以上、


p14
海遊禄
【著者は、ほぼ全て海遊禄の記述=朝鮮通信使の記述としており、他の製述者の李氏朝鮮時代の記録を一切参照していない】

p31
家康の国書を偽造して送ったのだが
今度は「回答」形式の朝鮮の国書をそのまま秀忠に差し出せないのである

p32
善隣関係は1868年の明治維新まで保たれる
【正式国交ではなく、善隣関係と明記。上手い嘘と騙しである】

p284
19世紀の朝鮮では悪政と凶作が続き、通信使の派遣どころか、対馬や草梁倭館に給付する綿布や米の調達さえ困難を極めた

【①対馬藩は、山地ばかりの為、米作は島民の食糧を賄うレベルでは絶対にできない。これが真実であれば、対馬藩の米は、朝鮮からものものであったことになる
②草梁倭館を朝鮮王朝実録で検索しても、全くヒットしない。即ち、正式名称ではない
③対馬藩による倭館では当然ではあるが、ヒットする。対馬藩が幕府の目を盗んで密貿易を行い、米が出来ない=食料不足が宿命である対馬の欠点を補っていたと推定される。
④ただし、対馬藩は、表向きは、幕府の意向通りに建前上は、朝鮮との密貿易を取り締まる立場にあった。しかし、事実上は、その必要性から黙認又は事実上の推奨と見て間違いない。マイナーレベルのテーマの為、論文は少ない。
以下ぐらいしかない。それにしても、対馬藩は明らかにおかしい・=対馬の人々のDNA?

対馬藩における密貿易に対する処罰について 

古文書が語る竹島問題

近世の日朝関係日本学士院会員 田 代 和 生

近世に於ける対鮮密貿易と対馬藩

森 克己
九州大学大学院人文科学研究院
1950
この朝鮮人は、上記論文ぐらいは当然知っていたはずである。?

朝鮮半島を見る基礎知識
クロード・バレーズ 他
白水社文庫 1994年

必要な点は、メモした、

第一章 地理的外観 クロード・バレーズ
p8
朝鮮半島の5分の4は山岳地形であるが

p15
1930年に日本(朝鮮総督府)が行った調査によると、当時7万あった自然村のうちわずか20%だけが同族部落の定義に当てはまるに過ぎなかった

第二章 文明 李玉

p38
印刷技術は高麗王朝のもとで目覚ましい発達をしたことが知られている。木版の技術によって2度にわたる「大蔵経」の印刷が行われた後
高麗人が発明したものでその他の際立ったものとしては、金属活字がある

バカバカしいの一言に尽きる。下記は教科書的な「中国史 下」昭和堂から
p57
各王朝で大蔵経が盛んに出版されるようになる。
開宝蔵は高麗、西夏、大越、日本など仏教が盛んな周辺諸国に下賜され、高麗では11世紀前半に下賜された開宝蔵をもとにして大蔵経を出版している(高麗大蔵経)。契丹でも11世紀半ばに大蔵経が出版された(契丹大蔵経)


第三章 政治史 マルク・オランジュ
p68
元は高麗の宮廷に命令が十分に行き届いているか注意を怠らず、高麗の王の首を何度もすげ替えた

p71
ヘンドリック・ハメル
彼の抑留記(日本語訳朝鮮幽囚記)は非常な評判となり、ヨーロッパ人はこの本によって朝鮮の「国内」のことを知るようになった

第四章 経済史 李鎮明
p96
朝鮮王朝実録や古い記録に残された人口数は
不完全である。しかし、その数字を信じるならば朝鮮の人口は1660年には500万人であった。
1693年には700万に達したが、1696年には急減して580万人となった。
1732年には730万人、1813年には790万人に達したものの、1816年には再び減少し660万人を記録している。19世紀の間中、朝鮮の人口は650万の線の近くを上下しているが、1910年には1330万人を記録してる

p98
16世紀以降官吏の給与は
穀物や布地の現物支給となった

p99
19世紀末には手工業に従事する人の数は5500人程であったが

p100
地方での商業活動は行商人を仲介とした物々交換に限定されていた

p104
日本の朝鮮占領がこの中世的な国家の経済発展を促進したことは明らかであるが、


朝鮮世祖の字小主義とその挫折
河内 良弘(京大教授~天理大学教授)
天理大学学報

記述内容の水準の高さから、本物の研究者と感じたので、著者略歴を調べた。

李氏朝鮮の事大主義は良く知られているが、この字小主義には驚いた。しかし、「野人皆慕悦威徳、争来朝見」とは恐らくは当時の対馬の人々が李成桂に謁見したことを示すと思われる。
対馬は山地ばかりであり、宿命的に交易(又はいわゆる倭寇)によってしか、生存できない。

この貴重な一次資料に基づく内容から、朝鮮半島の人々の屈折した精神異常性を真に痛感する。

同じ頃、安南=ベトナムでも、中国をまねて、自らに朝貢する国を有する形式をとっている。つまり、安南は、字小主義ではなく、直接に中国をまねている。李氏朝鮮創始者は、安南の真似=中国の猿真似すらできず、この字小主義をとらざるを得なかったのだ。

貴重な論文である

朝鮮の世祖は、女真人や倭人を臣下となし、女真人の土 地をわが藩簸とよび、夷狭をわが子として招撫する立場を「字小之義」と呼んだ。字小の義とは、中国の古語で、者が小者をいたわり、はぐくむ意で、事大の礼を逆の立場から言いかえたものである。

魯山君日記

時世祖、以務農輿学、養兵為事。期於控弦百万、威制夷秋、習陣訓兵。倭野人皆慕悦威徳、争来朝見。

世祖の威徳を慕い、倭人および野人が、争い来りて朝見すとは、世祖を儒教的徳治思想にいう理想的君主に擬し記述であって、世祖の直接の発言ではないが、実録記者が世祖の理想とするところに即して記るした一文である

諭威士口道都節制使郭連域目、野人倭人、倶為我藩態。
倶為我臣民。王者等視無異。或用為力、或用為声、不
可以小弊拒却来附之心。予即位以後、南蛮北秋、来附
者甚衆。皆願為我子、此天所誘也。非予智力。但来往
駅路、有弊国家、支待難継。以時宜授卿方略、如左。

 世祖は、こうした政治的立場、すなわち野人倭人をわが臣民となし、その土地をわが藩簸とよび、夷秋をわが子として撫値する立場を、「字小の義」と呼んだ。


朝鮮史【増補新版】

李玉
金容権 訳

白水社
2008年

原著はフランス語で書かれている。このくだらん朝鮮史本を読んだフランス人が、日本の朝鮮統治に関して、誤った視点を有することになることは確実であり、著者の狙いは明らかにその点にある

著者の韓国人は、1956年~1970年、14年間もフランスに滞在し、最終的には教授ポストを得た後に帰国し、2005年に亡くなっている。今まで読んだ精神異常民族の朝鮮史は、民族史観に基づき我々は優秀な民族を示そうとして、ばけげた記述に満ちていたが、志那学の長い歴史を有するフランに長期間滞在したせいか、最もましな内容である

①ハングルんに関する赤字にしておいた箇所が強烈に印象残った。パスパ文字がハングルの源流では?とする学者もいるが、初めて気づかされた。
②バカバカしいので、メモ省略したが、この人物は弘安の役についても「台風」としている。フランスにいながら、このレベルでしかないのには驚かされる。しかも教授職まで得ている
③記述からして、フランスでは、高麗後期は元の直接支配下にあったおいう正しい見解が支配的であるようだ
④1928年生まれの著者は、最終的にはフランスに戻り、78歳でなくなっている。
⑤この精神異常民族の手による書籍の姉妹本として、フランス語で書かれた翻訳が「新朝鮮事情」と題して白水社文庫クセジュ669番で出ているそうである。是非読むこと



p13
新石器時代の土器
3つの主な範疇に分けられる
1..表面に文様の施されていない
(円底無紋土器、紀元前4000年頃)
2.「串の目」文様を入れたと思われる土器(串目文土器、紀元前3000年頃)
3. 滑らかな表面が酸化鉄を入れたと思われる土器(彩文土器、紀元前1800年頃)

第一の範疇の土器は
海岸からかなり遠い大同江、漢江
の流れに沿った
地点でよくみられる

第二の範疇の土器は
遥かに海岸近くで
発掘された

第三の範疇に属する土器の分布圏は、朝鮮半島の北方地帯に限られている

p16
【檀君神話に触れた後】
漢と対立していた多数の人々が安住の地を求めて鴨緑江を渡って朝鮮半島の北部へ来る道を選んだとみるべきであろう

p20
中国の郡県支配
【上記はタイトルであり、ハッキリと認めている】

p21
朝鮮半島の土着種族が石器の使用から金属器の使用へと移行していったのは、明らかに中国文化との接触過程においてである

p24
高句麗の起源
高句麗国家の始祖
は扶余の出で鴨緑江北岸に移住した種族を支配していた

p33
400~650年の文化の発展
文官・僧侶とも、その大部分が中国の移住民、あるいは少なくともその子孫、混血児であったことは明らかである


p39
【新羅について】
新羅は
以前より多くの住民を統治しなければならなくなったからである。その大部分は他種族(以前の高句麗、百済人)が占めた。管制再編成の為の最初の努力は、約10年の歳月を要した

p52
日本が1050年以来高麗に朝貢したとする「東史綱歴」(第7巻)の一部は信じるわけにはいかない
【この記述には驚いたが、精神異常民族は、フランスにおいて、上記資料を基に、嘘を吹聴していたことは確実である】

人口210万に膨れ上がった朝鮮半島全土が、995年、10道に分けられた

p54
ふつう1戸が1名の兵丁を供出したと結論づけることが恐らく妥当であろう
中央軍兵力の内訳は
士官・下士官が3517名、現役兵士4万5000名、予備役兵3万7
000名である。地方軍の数は分からない。戦時の動員数は当時としてはかなりのものであった。こうして、947年契丹に立ち向かった「光軍」の数は実に30万を数える。そして、1104年の女真の攻撃に備えて召集された兵力は約17万だった

p55
行政機構の運営いかんは、約1万7000の両班たちに任されていた

p58
農奴の名にふさわしい範疇に属する者たちについては何も知られていない。反対に奴婢については、彼らがただの動物同然に人身売買の対象であったことが知られている。奴婢は女性が男性より高価だった。少なくともある資料によると、女奴婢の値が986年に決められ、15~50歳はひとりにつき反物120疋、15歳以下の少女は50疋、50歳以上は最高60疋であり、一方男の場合の公式の値は、15~60歳で100疋以下、10代の男子・老人男子も50疋を超えることがなかった

p65
中国から持ち込まれた青磁の技術は朝鮮でかなりの完成度に達した

p71
三別抄が降伏したのはやっと、無力化した高麗政府が諦めてモンゴル軍にその征伐を頼んだ時
(1273年)のことであった。この時以来、高麗は
元と運命を共にし、その直接支配下に入ることになる

【ここ以降は李氏朝鮮時代】
p72
特に、結婚都監なる特殊な部署の設置(1274年)は両宮廷の関係をさらに緊密なものにした

p80
【刑罰に関する記述に続いて】
奴隷になった場合、体に「強盗」の文字を入れ墨された


p81
一番下にいたのが農奴奴婢の群れで、1484年にその数は26万1984人に達した

p81
コメと織物はなおも長い間、全国的に最も通用する交換紙幣の役割を果たし続けた


p85
【ハングルについて】
固有朝鮮語音と漢字朝鮮語音にひとつひとつ厳密にあてられた符号によって成り立っており、単語を音節ごとに文字化するというこの体系
国家の奨励にもかかわらず、実際には文人はハングルをさほど用いなかったらしい

【このページ以降は、お定まりの民族史観に基づくバカげた記述が続く一例として】
p113
1940年になって、大韓民国臨時政府軍が日本軍占領下の中国領土解放の闘争に加わる

【1941年時点で、いわゆる光復軍は、小隊規模であったことが、当時中国重慶のガウス大使から本国への電報で確認できる。】








一目でわかる日韓併合時代の真実
水間政憲
PHP研究所
2013年



リンク先は国立国会図書館デジタルコレクションの該当ページ

日本之朝鮮 1911年 有楽社(写真が不鮮明)

生活状況調査 1930年 朝鮮総督府

半島の近影 1937年 朝鮮総督府鉄道局

写真帖「朝鮮」大正10年 朝鮮総督府(写真は鮮明だが、宣伝的要素が強い)

日本地理風俗体系(朝鮮地方・上)16巻 1930年 新光社(検索したが出てこない)

朝鮮教育総覧 1921年 朝鮮総督府学務局

平壌府 1932年 朝鮮総督府

朝鮮の都市 1931年 大陸情報社

朝鮮社会教化要覧 1938年 朝鮮総督府学務局(五家統制等について言及しており、貴重資料)

「朝鮮事情」昭和17年版 朝鮮総督府(類似内容のものが多数あり、出てこない)

朝鮮鉄道40年略史 朝鮮総督府鉄道局

朝鮮の聚楽 1933年 朝鮮総督府(検索したが出てこない)

著者が使用した画像は上記が出所であるが、他に下記の調査がある

[朝鮮総督府]調査資料 第34輯 生活状態調査(其四)平壤府

以下の一文が印象的であった。まさにそのとおりである。 「韓国の慰安婦や竹島問題は近代社会の常識では考えられない行動をとっているが、その根元には半島で広く信仰されていたシャーマニズムの影響が「恨」となって表れていると解釈すれば、一連の非理性的な行動も納得できます」



p10
日韓併合後も米国や英国のように、ハワイ王家とビルマ王家を潰すようなことはしませんでした

p15
朝鮮半島ではハングル文字は蔑まれ、女子が細々と使用していた程度でした。実際にハングル文字を普及させたのは、総督府時代の学校教育からです
IMG_0807



p100
総督府の火田民定住化計画
最下層の民でもあった火田民
IMG_0808



p118
「ライタイハン」
その数はベトナム人女性が名乗り出ないこともあり、数千人から3万人と言われています

p122
日本地理風俗体系を引用し、男のを「覡」【かんなぎ】女のを「巫」という


韓国の慰安婦や竹島問題は近代社会の常識では考えられない行動をとっているが、その根元には半島で広く信仰されていたシャーマニズムの影響が「恨」となって表れていると解釈すれば、一連の非理性的な行動も納得できます

p143
いま我々日本人は覚悟が問われています







李氏朝鮮王朝における対外使節の出自について
林麻衣子

グーグル論文検索で、奴婢 李氏朝鮮で検索すると、この学部学生の卒論が上位に表示されてくる。研究者にはならなかったようであるが、本当にビックリ仰天するのは、ダレの朝鮮事情が参考文献として表示されている点である。

ダレの「朝鮮事情」を読めば一目瞭然ではあるが、19世紀において、フランス人神父の目には、朝鮮人は精神面ではまともな連中ではないと映ったことは間違いない。

日本に多数いる朝鮮史美化運動家=自称朝鮮史研究者とは異なり、恐らくは、日本人であろう、また、韓流ブームに浮かされていたであろう若い女性がダレの「朝鮮事情」を読んでもなお朝鮮史に関する卒論を書いていることに驚かされる。お金に余裕出来れば、ダレの「朝鮮事情」を1万冊程大量購入し、各大学特に女子大の門前で無料で配布しよう!そうすれば、よほどのバカでない限り、文字が読め内容が理解できる限り、女の子は韓流など即座に止めると考えていたが甘かったのかもしれない。この若い女性は、ダレの「朝鮮事情」を読んでなおかつ完全な奴隷制社会であった李氏朝鮮の庶孽について卒論を書いているのである。(推定されるのは、やはり、DNAが完全な日本人ではない?)

学生の方ゆえ仕方がないが、明実録・清実録及びその猿真似に過ぎない朝鮮王朝実録をこの方が検索していないことは確実である

庶孽を3つの実録検索すると、
①清実録はゼロ
②明実録では6カ所
③精神面での完全なDNA異常集団の猿真似記録では多数

以上から庶孽という表現は明朝時代の中国では使用されていたが、清朝ではそのような母の出自による差別を止めたようである。当然であるが、キチガイどもの猿真似記録=朝鮮王朝実録には多数ある

両班の庶子、すなわち妾子や妾子孫のことを庶孽といい、両班の一族に含まれるものの、その中では低い扱いを受けていたとされている。この庶睦への低い扱いとは実際どのようなものであったか見ていきたいが、当時の官僚社会全体の中で庶孽をひとつひとつ見ていくのは困難である。

間恭作氏の「庶孽考」によると朝鮮通信使に庶孽がいたとされている。そこで李氏朝鮮が外交関係を持った日本と中国への対外使節、すなわち朝鮮通信使と燕行使の構成員において庶草がどのような扱いを受けたかを明らかにしたい


朝鮮通信使には製述官という役職があった。これは文書の起草にあたる役峨で、任命については「文オのある者を選び、門地にかかわらず任命する」といわれている。身分が厳格に分かれていた李氏朝鮮の社会で、この「門地にかかわらず」というのは、当時の特権階級である両班より下の階級を指していたのだろうか、あるいは両班であっても庶夢のことを表していたのだろうか。この製述官に加えて、同様に文オが必要と考えられる書記、また、正使・副使・従事官の三役について出自をまとめると 表ー の よ う に な る 。 こ れ に よ る と 、 正 使 ・ 副 使 ・ 従 事 官 の 三役に庶草の者は一名のみであり、全十二回の朝鮮通信使派遣で 任 命 さ れ た 製 述 官 一0名中六名が庶孽であった

このように朝鮮通信使の下級構成員には庶孽が多く任命されたということができる

朝鮮半島では古くから、子供の身分は、その子供を産んだ母親の身分を引き継ぐのが慣習であるとされてい応。また、両班であることの条件のひとつに、結婚相手の姻族も両班か( 1 3 )ら選ばれていることがあり、両班が正式に寡婦や農民の娘と結婚すると、その子孫は両班階級のほとんどすべての特権を
失い、官職の途も閉ざされるとされている

庶孽の場合、正式な結婚のもとに生まれた子孫ではない。 したがって、両班の一族から追われることはなかったが、妾 子あるいは妾子孫であることで低い扱いを受けていた。その 一端を挙げると、高麗の頃から庶孽は相続権が低かったとさ ( 1 5 ) れていることがある


また、李氏朝鮮の時代、『経国大典』に規定された科挙の受験資格には「罪犯不叙用者、臓吏之子、再嫁失行婦女之子及孫、庶孽子孫、勿許文科、生員進士試」とあり、庶孽は科挙文科を受験できないとされていた。武官を選考する武科の( 1 6 )方は庶華でも受験は認められていた


一般的な庶華の場合、正四品の者も存在した(21)が少なく、六品から八品の辺りがほとんど占めていた。

 1 )シ ャ ル ル ・ ダ レ 著 、 金 容 権 訳 『 朝 鮮 事 情 」 ( 平 凡 社 東
一 九 七 九 年 ) 一 九 一 頁 。
(2)前間恭作「庶芽考」『朝鮮学報』第5号(-九五三年)•第
6号 ( 一 九 五 四 年 ) 。
( 3 )芳 賀 登 『 日 韓 文 化 交 流 史 の 研 究 』 ( 雄 山 閣 、 一 九 八 六 年
五 頁 。
( 4 )注 ( 3 )『 日 韓 文 化 交 流 史 の 研 究 』 。
( 5 )辛基秀『朝鮮通信使往来二六0年 の 平 和 と 友 好 』 ( 労 働 経
済 社 、 一 九 八 三 年 ) ― - ― - 四 ・ 一 三 五 頁 、 朝 鮮 総 督 府
『 朝 鮮 人 名 辞 書 』 ( 同 院 、 京 城 、 一 九 三 七 年 ) 、 『 清 選
堂 、 ソ ウ ル 、 一 九 七 二 年 ) 、 『 國 朝 榜 目 』 ( 編 者 未 詳 、 年
詳 ) よ り 作 成 。
( 6 )民 族 文 化 推 進 会 編 『 燕 行 録 選 集 」 ( ソ ウ ル ) 第416.89輯、注 ( 5 )『 朝 鮮 人 名 辞 書 」 、 『 國 朝 榜 目 』 よ り 作 成 。
( 7 )朴趾源著、今村与志夫訳『熱河日記朝鮮知識人の中国紀行』
( 平 凡 社 東 洋 文 庫 、 一 九 七 八 年 ) 解 説 部 分 。
( 8 )注 ( 2 )「庶茸考」によると、『海東繹史』を著した翰致奮は
燕行使のひとつで冬至に派遣された冬至使の構成員に庶従弟と
し て 同 行 し て い る 。
( 九 ) 注( 5 )『朝鮮通信使往来二六0年の平和と友好』三二頁。
( 1 0 )申維翰著、姜在彦訳注『海滸録朝鮮通信使の日本紀行』
( 平 凡 社 東 洋 文 庫 、 一 九 七 四 年 ) 四 頁 。
( 1 1 )注 ( 5 )『朝鮮通信使往来二六0年の平和と友好』三二頁。
( 1 2 )注 ( 2 )「 庶 草 考 」 。
( 1 3 )宮嶋博史著『両班」(中央公論社、一九九五年)ニニ頁。
( 1 4 )注 ( 1 )『 朝 鮮 事 情 』 一 九 一 ・ 一 九 二 頁 。
( 1 5 )注 ( 2 )「 庶 草 考 」 。
( 1 6 )注 ( 2 )「 庶 草 考 」 。
( 1 7 )『宣祖実録』によると同王十六年四月から十二月にかけて、
決められた。ただし、「庶草納粟十石皆得許通」と、「納米」で
は な く 「 納 粟 」 と な っ て い る 。
( 1 8 )許通の撤廃を皇帝が認めたかどうかについては、『粛宗実録』
二 十 二 年 八 月 丙 戌 条 よ り 「 引 見 大 臣 備 局 諸 臣 、 右 議 政 手 趾 善 _ ― - 『
吏曹判書崖錫鼎、以変官制通庶草、事陳箭、下廟堂、当待諸大
臣還朝、商議稟処、而其中庶草納米許通一款、本非金石


 平 成 十 年 度 卒 

過去500年間 欧米諸国が使う植民地統治手法
 国際派ジャーナリスト・危機管理コンサルタント
丸谷元人

ある方から、有料で販売されているPDF版書籍を無料でメール添付で頂戴した。本当にありがたいことである。丸谷氏の経歴は極めて?という感じであるが、話の内容が非常にうまい譬え話が多く、話術に秀でている者であることは間違いない。反面、簡単な容易にわかる事実誤認や少し歴史知識のある者なら間違いだとすぐわかる内容があまりにも多い。

当然であるが、そのままメモできないので、1ヵ所以外は単語のみ抜き出した。このメモをしておいた目的は、著者の方が、私には完全に要注意人物に思えたからである

内容を途中まで読んだ私の直感(又は単なる妄想)及び懸念は、この人物が、朝鮮総連(=北朝鮮)の日本世論工作員ではなかろうか?という点に尽きる。内容からしてその可能性が極めて高い。

*目的
少しでも、日本の世論を反米に向かわせる

*根拠
①検索した経歴に日本戦略研究フォーラム政策提言委員以外に一切具体的な機関名がでてこない。企業名を伏せることは当然としても?である。また、日本戦略研究フォーラム政策提言委員に現時点では、この人物の名は無い。しかも、ご丁寧に、わざわざ、(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)とある。

②私も知らなかった。この人物は良く知っている?

「2000年の始めぐらい
北朝鮮
最初
外資銀行
HSBC、
香港上海バンキ ングコーポレーション
イギリス人男性」

③本文中では、抜き出した単語とは完全に異なり、北朝鮮シンパであることを、完全におくびにも出していない。単語だけ抜き出して初めてわかることである

「北朝鮮
永久
不滅?
超大国の思惑」

③以下のみ、本文をそのまま記載させて頂いた。ありがとうございました

「ものすごく優秀な日本の国立大学で研究をした方の多くが在日の方であると、しかも北系の方であるそうです。そ うすると日本の技術が、みんなあちらに行ってしまっているのではないかという懸念も当然あるわけなのです。 日本にはそれを止める法律がないわけですから、今ようやくそれを止めようとしているみたいですけれども、そういう ことがあります」

上記の内容は絶対におかしい。上手くごまかしたつもりであろうが、決定的なミスを丸谷氏はしている。

ものすごく優秀な日本の国立大学で研究をした方の多くが在日
=我々は優秀な民族が朝鮮人が有するごく一般的な妄想である。しかし、私の知る限り、北系の方とする場合は、確実に皆無である。

④当然であるが、決め手として、日本戦略研究フォーラムに問合せするしかない。

検索結果より
「1974年生まれ。オーストラリア国立大学卒業。同大学院修士課程中退。オーストラリア国立戦争記念館の通訳翻訳者などに従事。また南太平洋・中東およびアフリカで駐在員等の身辺警護、テロ対策、不法監禁・脅迫事案対応、地元政府および部族との交渉、武装勢力やマフィア、地元労働組合への犯罪予防と情報収集他を行う。米海兵隊での訓練(暴動鎮圧、犯罪基本捜査課程他)や、英国における誘拐人質事案初動対処訓練、ならびに米民間軍事会社における対テロ戦闘・戦術射撃・市街地戦闘・要人警護等を修了。また米系大手IT企業の地域統括セキュリティ・マネージャー(日本・韓国・豪州・NZ)やリスク管理部部長(日本・韓国)などを歴任、危機管理・情報漏洩・産業スパイ対策も担当。日本戦略研究フォーラム政策提言委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)



分断
統治
欧米諸国
得意

【この前に。カースト制を利用したイギリスのインド統治に関する手法を述べている】



ルワンダ
ベルギー
植民地
ツチ族とフツ族の対立
扇動

他民族統治
牧場のやり方
学んだ
家畜
牧羊犬
逆らうこともできないのです。
この手法
人間に使って
【会田雄二氏氏が、アーロン収容所で、全く同趣旨のことを書かれていた記憶がある。ヨーロッパは基本的には、小麦の収穫が20世紀になるまで不安定であり、どうしても、家畜の肉を大量に消費する必要があり、家畜の制御の方法を植民地に適用したという趣旨であった。丸谷氏は、アーロン収容所を読んでいると思われる】 

この分断統治では、シェパードといいますか、牧羊犬を育てるということは非常に重要です。 自分たちがわざわざ行ってやることほど、バカなことはないのです。

インド
陸軍士官学校
10万人から20万人くらいの 街
27、8才の白人が1人で支配
【うまい譬えの次にイギリスのインド統治実情が示されている。現在のパキスタン・バングラデシュを含む広大なインド亜大陸をわずか500人程度のイギリス人が間接統治していた。】



日本
マコーリー主義
土着
本来の感性を失っていっている
アウン・サン・スー・チー女史、
パキスタンのブットー首相
マララ
マコーリー主義
アイドル


【これは本当にたとえ話がうまいとしかいいようがない。しかし、丸谷さんのお考えを突き詰めていくと、究極的には米中対立で、「アメリカは自分たちがが正しいと信じる見解を、何らの根拠もなしに、何らの権限を有していないにもかかわらず、世界中の人々に押し付けようとしている」という中国の基本的認識が正しいのだ!ということになる。ご本人はその点に気づいているのであろうか?
一般に、この手の論者が最終的に行き着くのは、「ユダヤ陰謀論」的な内容であることが非常に多い。】

軍事政権
抑圧
許せない
本質を見ないまま
どんどん応援団

【うまい譬えの一言に尽きる。しかし、根源的には、民主主義 VS その国その民族に応じた統治手法 の2者択一という見解である。30年前のインドは、どこをどう見ても「民主主義」になじまない実情があったことは否定しえない。インドが、欧米流の民主主義を踏襲せず、中国のような別の統治手法を採用していたと仮定すれば、恐らくは、今日、インドがGDPで世界第一位であった可能性が極めて高い。しかし、インドはその極度の文化的特異性とデイビッド・ライヒが「交雑する人類」の中で、明言したような遺伝的な特殊性により、中国のような統治手法をとることは不可能であったと言える】 




コンゴ
銅の生産地
世界
銅7割
当時
生産

【これは、ほぼ確実に誤解である。「だそうです。」と逃げているが、調べればわかることである。

2015年時点で次のとおりであり大規模な銅鉱山が今後にあることは確かである
銅鉱の産出量(銅含有量ベースの重量、2015年)はチリ、中国、ペルー、アメリカ合衆国、コンゴ民主共和国が上位国です。 特にチリは世界の約30%を産出しています。

銅という非常に広範に使用される汎用金属であるからして、コバルト(コンゴが58%)・タングステン(中国が87%)のような希少金属と異なり、ほぼ確実にあり得ない。
嘘と騙し以外の何らの能力を有しない韓国人と同じような言い回しを日本人がするべきではない。
恐らくは、銅ではなくコバルトの産出国では1960年当時においてコンゴが70%前後を占めていたのであろう

「だそうです。」は韓国人が嘘を意図的につく時の慣用表現である

 
ルムンバ
大統領
参謀長にクーデターで殺害
実はベルギーの王さま
アフリカでは18世紀、19世紀
1,000万単位で人を殺した

丸谷氏はご存知ないであろうが、もっとはるかに酷いのは、スペイン人とポルトガル人である。間接的・直接的に殺された南米人の数は正確には全く分からない。確実であるのは、①今日のメキシコ人の男系祖先は90%以上がスペイン人男性である。②今日のアルゼンチンは、白人国である。

丸谷氏による聴衆を聞き入らさせるための「お話」が続く



【途中、飛ばし読みした】

ものすごく優秀な日本の国立大学で研究をした方の多くが在日の方であると、しかも北系の方であるそうです。そ うすると日本の技術が、みんなあちらに行ってしまっているのではないかという懸念も当然あるわけなのです。 日本にはそれを止める法律がないわけですから、今ようやくそれを止めようとしているみたいですけれども、そういう ことがあります

【完全な誤解であると自信をもって言い切れます。北朝鮮=朝鮮総連が入り込んでいるのは、理工系学部がない一橋大学です。北朝鮮の核開発が日本の技術無しではできなかったのは事実ですが、「ものすごく優秀な日本の国立大学で研究をした方の多くが在日の方である」は完全な間違いで、猛烈に勉強するため、知能が低くとも、一橋大学には入れるのです。ちなみに、丸元さんは、ウラン濃縮に絶対必要なのが、数百機以上のガス遠心分離機の回転数をただ一つで制御する周波数変換器であることを御存じでないだろう。北朝鮮が、ウラン濃縮を開始した時点で、その性能の周波数変換器を製造できるのは、三菱電機・日立・東芝の3社しかなかった。この3社に勤務していた在日が関与した可能性が極めて高い





北朝鮮
永久
不滅?
超大国の思惑


北朝鮮
永遠
不滅
【完全に正解です。中国にとって、北朝鮮は。「生かさぬよう殺さぬよう」に存続させておくのが、ベストだからです。少なくとも、習近平以下中国指導部は100%確実に「生かさぬよう殺さぬよう」存続を意図しています】

戦後 の日本人
視野狭窄

2000年の始めぐらい
北朝鮮
最初
外資銀行
HSBC、
香港上海バンキ ングコーポレーション
イギリス人男性です


関東軍
参謀
100万の兵力
フィリピン
移動
瀬島

【この時点で、読むのを完全にやめる。事実誤認どころか、第二次大戦史をほぼ知らない

①私の記憶では、1944~1945年頃、陸軍の主力100万=支那派遣軍は、広大な中国大陸に張り付いていた。というよりも、蒋介石の後退戦術にはまって泥沼化していた
②形式上は支那派遣軍に含まれるが独立性が極めて高かった関東軍70万
③寺内寿一を総司令官とする南方総軍=50万~70万
である。「100万の兵力をフィリピンにどんどん移動させた」のであれば、方面軍司令官山下は、刑死しなかったであろう


岩波講座 世界歴史 11 
構造化される世界
14~19世紀
岩波書店
2022年

p135の記述から、執筆者2名の知識レベルがわかる。李氏朝鮮時代の奴隷=奴婢に関する基本文献である四方の研究さえも知らないようである。私は、宮嶋氏の著作で知ったが。

それ以上に驚いたのが、参考文献として、民族史観に染まりきっている韓国人どもの、しかも、英文の論文しか参照文献にあげてはいない


驚くべきことに、民族史観に基づき、奴婢=奴隷ではないと考えていた朝鮮人もいたのだ。
Korean Nobi and American Black Slavery 2010 Rhee et.al

当たり前だが、相続と売買の対象であり、両班の主要な財産であった奴婢が奴隷であることは明白である

My own Flesh and Blood: Stratified Parental compassion and low in Korean slavery
Kim 2019

奴隷たちの世界史
ルシオ・デ・ソウザ
岡 美穂子

p131
奴隷とはいかなる人々を指すのであろうか。実のところ、日本国内のみならず海外でも、その定義は極めて困難で、ほぼ不可能であるとされている。

p132
アフリカ大陸を南北につなぐサハラ交易では、ポルトガル人が大西洋の奴隷貿易を開始する前の時代では、地球上でもっとも大規模で継続的な奴隷取引が行われていた。このサハラ交易ではアフリカ南部と北部をつなぐ街道の上を金や奴隷が運ばれた

p135
18世紀の朝鮮では、人口の約30%が奴隷で占められていたと推定されている。近年まで、韓国の学会では、奴婢を奴隷としてと絶えることに必ずしも肯定的ではなかった(Rhee and Yang 2010:5-39)
、しかしながら、最近の研究では、奴婢は財産(つまり所有物)として扱われ、搾取や強制労働の対照であったことが明らかにされつつある(Kim 2019)

【バカの一言に尽きる!最近の研究ではなく、70年以上も前に既に日本人によって明らかにされている、ルシオ・デ・ソウザなる者は日本語を苦痛なく読めないであろうからして、やむを得ないが、岡 美穂子という女性は日本語を読めるはずである、小学生ではあるまいし、研究者を止めるべきである。同時に、今回刊行されている岩波講座世界史がいかに無意味かつ杜撰な内容であるのかの象徴であろう。基礎文献の網羅・収集すら全くされてはいない、本当に酷い!

四方によれば
①18世紀には、奴婢比率は一度低下している
②19世紀には再度上昇している
③民族史観に基づく、韓国人どもは、奴婢戸の減少をわざと強調している。しかし,元データはどこをどう見ても、四方が調べたデータである。


表3、4は、四方博によって明らかにされた慶尚道大邸地方の戸籍分析の結果である

Ⅰ期=1690年
ⅱ期=1729年
Ⅲ期=1783年
Ⅳ期=1858年

表3身分別戸数とその比率
 両班戸良人戸奴婢戸総数
Ⅰ期290戸  9.2%1694  53.7%1172   37.13156  100
ⅱ期579   18.7
1689  54.6  824   26.73092  100
Ⅲ期1055    37.5
1616  57.5  140     5.02811  100
Ⅳ期2099    70.3
  842  28.2    44     1.52985  100

表4身分別人口数とその比率
 両班良人奴婢総数
Ⅰ期1027人  7.4% 6894  49.5% 5992   43.113913  100
ⅱ期2260   14.8
 8066  52.8 4940   32.415266  100
Ⅲ期3928     31.9
 6415  52.2 1957   15.912300  100
Ⅳ期6410     48.6
 2659  20.1 4126    31.313915  100



韓国の高校生向け教科書に記載されている図


IMG_0737

韓国と日本の比較文化論
金 ホアン

講座制「民族大学」
ブックレット4
明石書店
1994年

私がこの読書メモを始めた最初の頃、この金某というおバカな朝鮮人の嘘にものの見事にだまされたことがある。李氏朝鮮の早婚制についての記述である

①中国正史検索サイトで扶餘で検索し、魏書では以下の短い記述しかない。

扶餘也。在失韋之東,東至於海,方二千里。其人土著,有宮室倉庫。多山陵廣澤,於東夷之域最為平敞。地宜五穀,不生五果。其人長大,性強勇,謹厚,不寇抄。其君長皆以六畜名官,邑落有豪帥。飲食亦用俎豆。有麻布衣制類高麗而幅大其國大人,以金銀飾之。用刑嚴急,殺人者死,沒其家人為奴婢。俗淫,尤惡妬婦,妬者殺之,尸其國南山上至腐。女家欲得,輸牛馬乃與之。或言本穢貊之地也。

②魏志夫餘伝では、

在國衣尚白 白布大袂袍袴
 履革踏 出國則尚繒繡錦罽 大人加狐狸狖白黒貂之裘 以金銀飾帽

とやや詳しく書いている。

③朝鮮王朝実録では、扶餘に関する記述は相当数あり、一例として

史/編年/朝鮮王朝實錄/世宗實錄/元年(1419) 卷三至六/卷四 五月至七月/秋七月

○柳廷顯報:“我國扶餘人尹含等三人,自倭船逃還言:‘初,賊以船三十餘艘,侵中國之境見敗,生還者十餘艘耳。每船所乘,不過三四十人,亦絶糧飢餓僅還。’”

即ち、15世紀初頭時点では、扶餘は漢民族ではないとして明確に扱われている。実録では、今日のロシア領(沿海州附近)又は満州の北東部の人々をもって、扶餘と呼称したと思われる

この金某なる人物は、この書籍の略歴の最後に「名古屋韓国学校副理事長」とあり、日本在住である。これが日本における「朝鮮史」の実情である。いい加減、嘘をまき散らすのはやめて欲しい

④李氏朝鮮時代において、衣服用の染料については、安価なものは、黒・薄い黄色(服喪期間中にのみこの薄い黄色の衣服を着る)の2つしかなかったようである。

他の染料色については、儀式用にのみ使用される衣服にのみ使う高価品であったようだ

*海藻禄では、大阪を訪れた際に、沿道の庶民の見物人が色とりどりの着物を着ているのを見て驚いている
*黒衣については、朝鮮王朝実録にて白衣を禁止し、黒衣を着るべしとわざわざ色まで指定している。安価な他の服飾用染料があるのであれば、黒を指定することなど絶対にあり得ない。

元来、黒一色の服など、どこの国でも服装として好まれることなどほぼあり得ない。私が知っている唯一の例外は、中国の夷族(現在の表記はイ族)であるが、奴隷制社会であった夷族の場合は奴隷であるかどうかを見分けるために奴隷主(元々はチベット高原の遊牧民)は黒衣を着用したのだ。奇妙な一致は、夷族も服装は黒、白のみである

國史編纂委員會編 史/編年/朝鮮王朝實錄/顯宗實錄/改修實錄/十二年(1671) 卷二十三至二十五/卷二十三 正月至三月/正月/1日

朔日癸丑/令朝官士人,着黑衣,禁白衣。東方尙白,國典雖有白色之禁,而仍因成習,莫之變。上思以易之,遂定是制

実録で禁白衣で検索すると4件ヒットする。

⑤韓国人がどうしもないレベルの「おバカ」となり果てた原因の一つにやはり、ハングルだけを使用してニュースが配信されることがある。ハングルだけでは、慣れたとしてもやはり非常に読みにくいようで、複雑な内容を伝えることをほぼ不可能に近い。韓国のネット情報の日本語訳サイトでも、ハングルで書かれた記事タイトルのみ読んで、記事内容をほとんど読んではいないのでは?と思える書き込みも多い

⑥この金 某というバカな朝鮮人にまた騙されるところであった。下が証拠だ。
記事タイトルの3割ぐらいは漢字かもしれない。しかし、記事本文は、ほぼハングルだ。この1980年代で若い韓国人は、そもそも漢字を学んでいないのだからして当然である。
例えば、記事タイトル中の西独の意味が若い韓国人(30歳以下)には解らなかったであろう

stupid

魏志東夷伝の扶餘のくだりでは、”国衣尚白 白衣大袂”と記述し、衣服は白色を尊重し、
今日の韓民族は、扶餘族から出ていますから、漢民族はなんと2000年来、白色の衣装を好んできた別称「白衣民族」であります。
色々な理由が学者によって挙げられています。

その一つは
服色によって尊卑を現した官憲主義のせいで、一般民衆は白衣以外には着ることができない程になったとのことです

その二つは、染料が貴重品で高価だったので、白衣を着ることになったとみる人もいます

その三としては【朝鮮人名】は、太陽崇拝や敬天思想の神聖な色として
白を挙げ、白衣のルーツをそこに求めています

この非経済的な白衣について、朝鮮王朝時代に入ってからも
歴代の王が白衣の着用を禁じましたが、これもまた官吏だけが実行し、一般の庶民は相変わらず頑なに白を着用しました。
1906年、法律をもって白衣の着用を禁止しました。【注として統一日報、1991年5月28日】


p78
一部ではハングル専用を主張する学者もいますが、一般的には新聞・雑誌などほとんど、ハングルと漢字混用が主流をなしています。韓・日両語も漢字語がほぼ6割あると言われています
【言われていますは、上手い嘘である。もしも、神が、存在すれば、貴様らのような嘘と騙し  以外の何らの能力を有さないことが、データで明白であるDNA異常民族を消滅させるであろう、私の分析が正しいのであれば、明らかなDNA異常民族が今日まで集団として存続しえた理由は、朝鮮半島の地理的孤立性が主原因だ】

岩波講座 世界の歴史17 近代アジアの動揺 19世紀

完全な精神異常民族である韓国人どもは、18世紀末の朝鮮の人口が1800万などという無茶苦茶な推計をしている。1909年に日韓併合の前提として、朝鮮全土で人口調査がされたが、完全に無視しているようである。だからこそ、完全な精神異常民族である

p26
18世紀においてアジアの多くの地域では、現地の王権が貿易を掌握することで経済的な優位性を確保するとともに、軍需物資や対外情報を統制することを意図していた。日本の鎖国もその一つの形態と言ってよい

p123
朝鮮の経済と変動
ーーー財政と市場、商人に注目して
石川亮太


第二次大戦後の朝鮮史研究が日本との接触こそが朝鮮に「近代化」をもたらしたという外因論の克服を大きな課題としてきたことがある

p124
韓国の経済史学界では、2000年頃から「19世紀の危機」論と呼ばれる議論が起きた

p125
土地生産性を低下させた原因として有力視されているのは山林の荒廃である

p126
戸籍に基づく推計値では、17世紀半ばに1000万人程度であった朝鮮の人口は、18世紀末には1800万人程度でピークに達した後、19世紀初めの大飢饉で1600万人程度まで急減、以後世紀末まで停滞していたとされる。(朝鮮人の人名2名 1977)。

p128
1809年の朝鮮南部の飢饉は深刻で

李舜臣提督と亀船
桜井健郎

いわゆる亀甲船の朝鮮王朝実録での記述については、「アジア人物史 7 16~18世紀」のメモにまとめておいた。記述量が少ない点(5カ所のみ)は、同時代の少しは信頼しうる一次資料で見る限り、実際には海上戦闘において、亀船はあまり有効ではなかったことを強く示唆する


2023-7-6-4


しかし、李舜臣に関しては、200年も経ってから、その諱名である「李忠武公全書」が発行され、民族の英雄として扱われ始めた。上の画像は、李忠武公全書 14卷首1卷 [1](国立国会図書館デジタルコレクション)に掲載された絵図である。先頭に、竜の彫物があるが、200年前の朝鮮王朝実録にはそんな記述は絶対にない。まさしく、「歴史の創出」が、朝鮮半島では昔から行われてきた明確な証拠である。中国史マニアである私の知る限り、中国史ではそのような「歴史の創出」は見られない

以上から、
①名称は亀甲船では絶対になく、確実に、亀船である。上の画像でも、龜船とハッキリ書いている
②朝鮮王朝実録における李舜臣の記述量は、相当量に及ぶため、李舜臣が朝鮮水軍の首領的存在であったことは間違いない
③しかし、李舜臣の抵抗と亀船は、朝鮮王朝実録の記述量からみて無関係の可能性が極めて高い。龜船は、龜城と同様にあまり役には立たなかったようである。しかし、「歴史が創出」されている。
④それにしても、「アジア人物史 7 16~18世紀」の辻 大和氏の記述内容はあまりにも酷すぎる。このままでいけば、次第に「史実が変化」していき、100年後には、秀吉の朝鮮侵攻において、朝鮮は侵攻してきた日本の武士団を独力でうち破たったのだ!だとされるであろう。

李舜臣提督
その偉業は乱の 200 年後(1795 年) 王命によって王室図書館が編纂した“李忠武公全 書”にまとめられ,提督と亀船に関する第 1 級の 史料として後世に残された.提督も亀船も国の誇 りとして韓国の人々に代々語りつがれてきた.

亀船の形と大きさについては“李忠武公全書” に 2 面の絵図と 694 字の説明文があるが,他の 部分が提督に関するバイブルのように扱われてい たのに,絵図も説明文もほとんど信用されなかっ たようである.


故金在瑾先生
その解読作 業の一部始終は,構造など亀船のすべてととも に,先生の“亀船”(金在瑾著・桜井健郎訳)

注1)故金在瑾先生は韓国海洋大学とソウル大学で長年造船工 学の研究・教育に携わられた世界的学者であります.名 護屋城博物館には亀船の 1/10 模型が展示してあります が,先生が図面を引いて製作を指導されたものです.

2023-7-6


角材 10 本 を連結した厚さ 1 の平らな底板は韓船の基本で, 縦方向強度をうけもつだけでなく,その寸法さえ 解れば全体の大きさが推測できる.船体下部は 底板・ほぼ平らな船首部と船尾部・側壁からでき ているが,そのような構造様式はすべての韓船に共通のものである.そして,船首部など底板以外 の厚さは 0.4 である.

2023-7-6-2

2023-7-6-3


しかし,“亀船”の付録“亀船の神話”による と,鉄甲船説を裏付ける史料は韓国側にはない. また,亀船を鉄甲船とする日本側記録には誇張が 多い.金先生は「“李忠武公全書”にそのことを 示す字句が一つもないことから鉄甲船ではない」 と明言されている.

【李舜臣と亀甲船に関しては、デジタルコレクションで調べると、日露戦争前後に、くだらん大人向け絵本がいくつも出版されている。上に言う日本側記録とは、当時の一次資料のことではなく、大人向け絵本の類のことである】

黒人と白人の世界史
「人種はいかに作られてきたか」
オレリア・ミシェル
児玉しおり 訳
明石書店
2021年

「奴隷制社会は、原則として奴隷に再生産の手段を与えない。」としている。

しかし、李氏朝鮮における奴婢は相続と売買の対象であり奴隷であったことに疑問の余地などない。そして、李氏朝鮮では奴隷は、母が奴隷であればその子は奴隷=奴婢であるという方式で再生産され続けていた。

李氏朝鮮は、奴隷制社会という意味では、人類史上稀に見る特異な社会であったと言える


p21
近代的意味での「race(人種)」は、奴隷制が消滅していく18世紀末から19世紀末という長い時間の流れの中で出現したという点だ

p31
ギリシャでは
【BC8世紀~BC4世紀】住民の半数近くが奴隷だった

p32
インドでは1860年にイギリスが禁止するまで、900万~1000万の奴隷がいた

p40
奴隷制社会は、原則として奴隷に再生産の手段を与えない。恒常的に奴隷労働に頼る社会、例えば古代ギリシャにおいては、奴隷の生物学的再生産によってではなく、外部からの調達によって労働力を更新する

p47
奴隷制はイスラム以前のアラブ部族の社会体制、経済体制に完全に溶け込んでいた。

p48
ところがイスラム教は、ユダヤ教、キリスト教にもあるように新たな禁止事項を加えた。つまり、ムスリムを奴隷にしてはならないということだ

p92
【ポルトガルによる現在のブラジルへの進出に触れた後】
資源は豊富にあっても、労働力は豊富ではない。アフリカ人奴隷市場はこの方程式を解いてくれるのだ

p122
「奴隷生産」から始まる。そのプロセスは、18世紀以降はほぼアフリカ人のみで行われた。カリブ海のほとんどのプランテーションでは、奴隷人口のうちクレオール、つまり、アメリカ生まれは、最初の農園ができてから50年後ですら6分の1に過ぎなかった。
彼らは戦争捕虜か奴隷狩りの犠牲者だった

p124
いったん拉致されると奴隷たちは内陸から奴隷貿易の商館に連れていかれる。
奴隷商人は商売を行い、奴隷を積んでいくが、多くの場合には地元の王国の支援と監督のもとになされる
18世紀末には一つの船に600人が乗れるようになった

p130
奴隷購入の為の投資が必要だった。実際、購入価格は2年以下で償却され、カリブ海地域のプランテーションにおける奴隷の収益可能期間は10年を超えることはなく、平均は7年前後だった

p181
ナポレオンは1794年の奴隷制廃止を直ちに見直し、1803年に奴隷制を復活させた

p189
1800年アメリカ合衆国では、1808年に適用予定の奴隷貿易廃止法が議会で可決されたが、プランテーションの奴隷視用については問われなかった

p232
1848年
5月にはフランスの植民地で、ついに奴隷制廃止令が適用された

p236
1870年の議会では、「人種、肌の色、過去の隷属状態」の区別なく、あらゆる市民に選挙権を認める合衆国憲法の修正第15条が可決された。しかし、
奴隷擁護州は、人種主義的制限を持つ法律を州議会で成立させた。この法律は、例えば公立学校での人種隔離の導入や白人と有色人種の間の結婚を禁止するものだ



アジア人物史 7 16~18世紀
近世の帝国の繁栄とヨーロッパ
22022年
集英社

①亀の旧字体は龜である。朝鮮王朝実録で、龜の一語検索での結果は次のとおりでたったの5箇所
②亀甲の2字検索では、検索結果では、16世紀ではヒットしなかった。
③龜船でヒットするのは朝鮮王朝実録のみであり、中国史では全くヒットせず

1592年=秀吉の文禄の役、1597年=秀吉の慶長の役

次のとおり、5箇所しか記述はない。むしろ、圧倒的に記述が多いのは「亀城」である


朝鮮王朝實錄 / 宣祖實錄 / 二十五年(1592) 卷二十六至三十三 / 卷二十七 六月 / 21日

我軍令船突進,先放大小銃筒,盡燒其船,餘賊遠望頓足叫呼。方戰鐵丸中舜臣左肩。初二日到唐浦,賊船二十艘,列泊江岸,中有一大船,上設層樓,外垂紅羅帳,賊酋着金冠錦衣,手執金扇,指揮諸賊。

わが軍は亀船に突進を命じ、大小の銃筒を先に放ち、(敵の)船を焼き尽くした、残りの敵は遠くから見ていて、地団駄踏んで叫んだ。李舜臣の左肩に(火縄銃の)鉄砲の玉が当たった。
(以下省略する)


史/編年/朝鮮王朝實錄/宣祖實錄/二十六年(1593) 卷三十四至四十六/卷三十九 六月/29日(P.42-1) 

令其速調全羅等道水兵 船,遶出海面。倭如帖然守法,不敢生事。職卽聽其颺去,蓋恩自我始,不至深追,而全大義。否則令朝鮮水兵,邀截於前,我率大兵,尾進于後,待其困極,機有所乘,背腹夾擊,一大創之。



朝鮮王朝實錄 / 宣祖實錄 / 二十八年(1595) 卷五十九至七十 / 卷六十八 十月 / 27日

’今者亦當乘此冬月,汲汲修整船隻、器械,厚集水軍之勢,
 船不足,則晝夜加造,多載大砲、佛狼機、火箭器具,以爲遮截海道之計,此乃最爲救急之良策也。常時慶尙道船材所産處,只有巨濟玉浦、知世浦等處,賊兵經年入處島內,未知船材尙有餘存與否。此事密通於都體察使、統制使,勿露軍機,留意措置,以備緩急可也。至於陸地防禦,則前所陳據險一事外,他無善策。倭賊善於置陣,必爲於路邊要衝,左右控制,通望無礙之處。

記述の年月が正しいのであれば、李氏朝鮮は何らかの方法で秀吉が再侵攻してくる情報をつかみ、夜に日をついで、亀船の製造を行っていたようである。対馬の宗氏が、李氏朝鮮に内通していた可能性が高い


朝鮮王朝實錄 / 宣祖實錄 / 二十九年(1596) 卷七十一至八十三 / 卷八十二 十一月 / 7日

“李元翼今欲下去南方,某條召集人民,以實閑山島、長門浦。若失守巨濟,則無復可爲矣。”上曰:“
 船之制若何?”以恭曰:“四面飾以板屋,狀若  

朝鮮王朝實錄 / 宣祖實錄 / 三十年(1597) 卷八十四至九十五 / 卷八十五 二月 / 7日

如慶尙左道舟師,甚爲孤弱,令上道沿海各官,戰船所作,格軍充定,黃海道亦可令善手,大作板屋,船等制,急速措置事,議啓。


朝鮮王朝實錄 / 宣祖實錄 / 三十年(1597) 卷八十四至九十五 / 卷八十五 二月 / 7日

如慶尙左道舟師,甚爲孤弱,令上道沿海各官,戰船所作,格軍充定,黃海道亦可令善手,大作板屋,
船等制,急速措置事,議啓。


亀船とは、1596年に記述されているように

四面飾以板屋,狀若
 
(船の上部の前後左右の)四面を板屋をもって飾る、その状態は亀に似ている

*単に船の上部4面を板で覆ったものに過ぎない。当時の朝鮮半島には火縄銃(朝鮮では鳥銃と呼ばれていた)がなかったので、海戦での火縄銃による攻撃を防止するためであろう。

*同じ表現として亀城があり、朝鮮人どもが単に明実録を模倣に過ぎないにもかかわらず愚かな自慢をしたがる李氏朝鮮の公式記録である朝鮮王朝実録での検索結果では、圧倒的に亀城の方が多く検出される

*少なくとも、朝鮮王朝実録では亀甲船ではなく、亀船であるのは100%確実である。

*念のため、甲船で検索したが、16世紀の記述では全くヒットしなかった

*亀甲でも同様であり、16世紀の記述では全くヒットしなかった。

*勇気を引き起こして、執筆者の方に問合せして見た。内容を下記にメモ

https://hanchi.ihp.sinica.edu.tw/ihp/hanji.htm

中国正史の検索サイトであるが、朝鮮王朝実録も含まれる

https://hanchi.ihp.sinica.edu.tw/mql/login.html

明実録、清実録、朝鮮王朝実録の3つを一緒に検索可能

【送付内容の一部】 

   亀甲船では朝鮮王朝実録では検索ヒットしませんので、亀若しくはその旧字体で検索しますと、5つの箇所で、亀船 で検索ヒットします。

どの箇所かにつきましては、下記URLにメモしております

http://existenzkazuo.livedoor.blog/archives/23586816.html

 

    従って、朝鮮王朝実録から見る限り、亀船 が正しい表現のように思えます。同様の表現として、亀城があり、多数検索ヒットします。

  
亀甲船とする一次資料名を教えていた開けないでしょうか。お忙しいところ、誠に恐縮ですがお願い申し上げます。

しかし、調べた著者のメールアドレスでは、配信されなかった


【メモした箇所の執筆者は 辻 大和横浜国立大学 大学院都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門 准教授】
p418
朝鮮王朝は窮地に陥ったが、李舜臣の率いる朝鮮水軍や、各地の義兵、援軍に駆け付けた明軍などの働きもあり、朝鮮はなんとか日本軍を押し戻すことになった。
【これでは、朝鮮王朝があたかも自力で日本軍を押し戻したようなニュアンスに感じられる】

p421
李舜臣は1567年に武科に及第し、武官としてのキャリアをスタートさせた
【中国明朝の完全なコピー国家である李氏朝鮮での武官の地位は極めて低かったはずである】

p424
亀甲船は大砲をのせ、船の上を板で張った重武装船であり、まるで亀の甲の様であるとして亀甲船と呼ばれたのであった。亀甲船は前方に竜頭があり、そこから大砲を放った。船上の板には錐が露出し、敵が登れないようになっていた

2023-7-4

①李氏朝鮮時代末期又朝鮮半島を訪問した西欧人又は李氏朝鮮のお雇い西洋人であった者及び日本人の見聞記・写真記録等を一覧にしてまとめておく。いずれもリンク先で無料で読める
②年代別に並べた


*朝鮮幽囚記

ヘンドリック・ハメル
1667年
原書はオランダ語であり、東洋文庫から邦訳が出ている。読んでメモ済み



*朝鮮事情 
C・ダレ
1874年
原書はフランス語である。李氏朝鮮の実情が最も良く分かる優れた内容。読んでメモ済み


Choson:The Land of the morning calm
Percival Lowell
1888年(アメリカ議会図書館所蔵、全451頁、PDFファイル)
著者に関しては、ウキペディア記事があるが天文学者でアジア研究者という変わり種


朝鮮国真景 林武一 撮影
国立国会図書館所蔵(1892年、全133頁)
現存する最古の写真集であり、アメリカ議会図書館ウェブサイト掲載の小さな写真はどうもこの林という日本人が撮影した画像が元資料であるようだ



*朝鮮旅行記
ゲ・デ・チャガイ編
1896年
原書はロシア語である
日露戦争直前のロシア人将校による朝鮮訪問記。読んでメモ済み


Corea The Hermit nation 第3版
William Elliot Griffis
カナダ、オンタリオ大学所蔵、全524頁
ウィリアム・グリフィスについては、福井藩のお雇い外国人。
「明治日本体験記」(東洋文庫)「ミカド 日本の内かなる力」(岩波文庫)は読んでメモしている


イザベラ・バード・ビショップ、朝鮮紀行の英語原文 
1898年全554頁
著者はイギリス人女性
本命ウェブサイトに大量の抜粋をしている。東洋文庫で日本語訳を初めて読んだ際には、何てけがらわしい連中だ!と怒って、読了後に本を畳みに叩きつけた。


Fifteen years among the top-knots; or, Life in Korea
Lillias Horton Underwood. 
1904年
著者はアメリカ人女性で、英文ウキペディアによれば医学部卒業とあるが、詳細は不明。李氏朝鮮に1888年到着。下記2冊も執筆

With Tommy Tompkins in Korea (1905)

Underwood of Korea(1918)



The passing of Korea
Homer B. Hulbert, Homer
1906年
ホーマー・ベザレル・ハルバートは、宣教師である。
朝鮮亡滅というタイトルで日本語訳も出てはいるが読んではいない

The tragedy of Korea
McKenzie, Frederick
1908年
F.A マッケンジーについてはかつて随分と調べたことがある。当然、こいつが書いた2冊は読んでいる
朝鮮の悲劇の日本語訳は読んでメモ

Korea's fight for freedom
McKenzie, Frederick
F.A マッケンジーによるが、邦訳は出されていない。英語原文で読みメモしている


*アメリカ議会図書館 画像ライブラリ
撮影年月日・場所が記載された画像集。李氏朝鮮の古い写真は画像サイズが小さく意味が無い。朝鮮国真影の方が良い


李氏朝鮮に関するものではないが、読んでみよう

The new Korea

朝鮮時代の定配について
矢木, 毅
2015-06-30  東洋史研究 2015, 74(1)

驚かざるを得ないのが、刑罰ですらほぼ完全に朱元璋が定めた中国の明律によっている点である。
しかし、
①明律と異なり、李氏朝鮮時代500年を通じて、奴隷=奴婢制度は維持され、奴隷を有する者こそが、事実上の両班階層であったといえよう。
②この論文で意味がある表1中に「爲奴」という刑罰がある。確実に奴婢=奴隷とする刑罰である

*ウキペディアから明律抜粋
「罪に関しては十悪(謀反、謀大逆、謀叛、悪逆、不道、大不敬、不孝、不睦、不義、内乱)に、罰に関しては五刑(笞刑、杖刑、徒刑、流刑、死刑)に分類された。
刑罰に関しては「唐律」の流れを汲んでおり、笞刑、杖刑、徒刑、流刑、死刑の五刑が「正刑」とされた。」

*世界史の窓から全文
「明の洪武帝が編纂した刑法。大明律ともいう。  大明律ともいわれる明の刑法。初代の洪武帝の時、1367年の第1回以来、3回の改変が行われ、1397年に完成し、明令とともに明の基本法典とされた。律は唐の律令制度と同じく、刑法を意味し、唐律などを参考にして定められた。

洪武帝は明律の中で、良民を略奪して奴婢にすることを十悪罪の一つとして、厳禁した。また、皇族・貴族を除いた一般人は、奴婢を所有し使役することを禁止した。モンゴルの支配で奴隷身分にされていた農民を解放し、自由に農業生産を行わせ、租税基盤を増加させるためであった。  明律は次の清朝にも継承され、さらに李朝の朝鮮、黎朝のベトナム、日本の江戸幕府の法律にも影響を与えた。」

今の時代に旧字体で書かれ、コピペが上手くいかない。

大明律、經國大典、續大典など朝鮮時代の基本法典における各種の罪名・𠛬名が網羅 に列擧されている。

經國大典續大典などの朝鮮獨自の基本法典

いわゆる﹁笞・杖・徒・液・死﹂の五𠛬に該當する罪名


表1にまとめたのは明律の本來の𠛬名とそれ以外の朝鮮獨自の𠛬名とを分 かりやすく對比させたものである
2023-04-29

定配の定義

定配とは,配所を定めること︑または配所を定めてその地に配流することをいう
定配には徒𠛬に準じる定配と流刑に準じる定配との二種類があるが、


この言葉は本來正式の𠛬名ではなく︑

近世朝鮮時代の古朝鮮認識 (特集 東アジア史の中での韓國・朝鮮史) 

矢木, 毅

2008-12 

京大大学院教授であり、ポストからして朝鮮史研究の第一人者であるはずである。2008年に書かれたにもかかわらず、旧字体を多用し、コピペが上手くできないという奇妙な論文(著者によれば随想)である。バカバカしいので後半はほとんど読んではいない。しかし、一つだけ確実であるのは、精神面での完全なDNA異常民族の歴史を研究する者は、その影響を受けざるを得ないという点である。2008年にわざわざ旧字体で朝鮮史に関する「随想」を書くとんでもないレベルのバカが今日の日本において存在しているのである。しかし、一字資料(中国正史)に取り組んでいる点からして、研究者とは言える

これに封し、朝鮮半島に展開した歴代諸王朝の園競は、たと それは中国を中心とするいわゆる「加封瞳制」のなかに、これらの諸王朝の君主が「外臣」として参  入 し 一字の国号をもつ「内臣」の諸王より一等級格下の「二字」の国の待遇をもって位置づけられたことを意味している

「新羅」、「百済」や「高麗」などの国号は、もとを質せば「斯慮」、「伯済」、「高句麗」などの土俗の呼稽を美化したも のを用いているのである。言、つまでもなく、それは段末の賢臣である箕子が、段を滅ぼした周の武王によって「朝鮮」に封ぜられた故事に基づ のにすぎないが、それに比べると「朝鮮」という園競は、文義上、はるかに由緒ある中国的な呼稽といわなければならない

「朝鮮(衛氏朝鮮)」の首都「王険城」が、その故地に設けられた漢代の梁浪郡の治所、すなわち大同江下 流の現在の平壌の封岸に存在したことは、 二十世紀初頭の考古撃的護掘によって賓註されたとおりであるが、だからとい じめから今日の平壌の一帯に存在していたのかどうかは不明であるとしなければならない。 

筆者は先に三韓という概念の成立を取り上げて、それが韓圃・朝鮮の人々の歴史意識、領域意識にどのような影響 と嬰遷の過程を明らかにしておきたいと思う。 を及ぼし績けてきたのかについて考察したが、今回はそれと封をなす「朝鮮」という概念について、同じようにその成立

国号の制定

自国の国号をわざわざ外圃の君主に決めてもらったというこの事賓は、近代以降、朝鮮の「事大主義」を示す象徴的なエピソードとして、しばしば庇瓢の意を込めて語られることが多い。しかし、明の洪武帝が選んだのはあらかじめ提示さ れた「朝鮮」、「和寧」というこつの候補のなかからであって
そのうち、洪武帝が第一候補である「朝鮮」を揮ぶであろ やがてその名を以て呼ばれる新王朝の君臣たちにとっては、ほとんど珠定内の事柄であったにちがいない

太組元年(一三九二)八月、つまり明の洪武帝から「朝鮮」を国号とする正式の決定が惇えられる以前の段階において、 すでに新王朝では「朝鮮」の創建者である「檀君」及び「箕子」を額彰L、自らがその正統を受け継ぐ存在であることを 誇示する作業を進めている。

平壌と朝鮮
そもそも今日のソウルは、古くは「平壌(南千壌)」と呼ばれ、楽浪郡の故地の「平壌」に針して、その「王気」が衰退 した場合にこれに替わって新たに首都となるべき土地の一つとして、古くから風水師たちによって喧惇されてきたところ

 附記
本稿は草卒の聞に思いつきを書き並べた蕪雑な随想にすぎない。


岩波講座 世界の歴史 07 東アジアの展開 8~14世紀

下記メモ部分以外に目立つ箇所無し。岩波講座の歴史シリーズは、論文と一般向け著作の中間のような内容が多い

矢木教授は論文多数でろうが、検索するとどうゆうわけか?朝鮮史の転回点となったことは確実であるにもかかわらず、最も肝心の高麗へのモンゴル軍侵攻に関する論文が無いようである。

p276
【この部分は矢木毅、京大人文科学研究所教授、朝鮮中世史が専門】

朝鮮半島の人々は、数千年にわたる中国との交流を通じても、ついに自分たちの固有の文化や言語を失うことはなかった。これはほとんど奇跡といってよい程のことであるが、
中国本土と朝鮮半島を結ぶ「遼西・遼東」の地域ーー遼河の東西の地域ーーは古来必ずしも韓民族の支配する地域ではなかった。そうしてそのことは、中国本土と朝鮮半島を適度に引き離すことにもなった。しかし、この地域が契丹や女真などの北方民族によって支配されると、朝鮮半島の人々は大陸との陸路の交通路を失い、危険な海路による交通ーー具体的には山東半島を経由する北路と江南に直航する南路ーーとに頼らざるを得なくなった





戦時期の日本における朝鮮人労働者についての再検討 : 世界遺産への登録で浮上した論点をめぐって: 2016年11月12日社会経済史学会九州部会レジュメ

宮地, 英敏 九州大学附属図書館記録資料館産業経済資料部門 : 准教授

国際労働機関(ILO)の強制労働に関する条約(Forced Labor Convention) 1930 年 6 月 28 日成立
:日本は 1932 年 11 月 21 日批准

第二条1 本条約ニ於テ「強制労働」ト称スルハ或者ガ処罰ノ脅威ノ下ニ強要セラレ且右 ノ者ガ自ラ任意ニ申出デタルニ非ザル一切ノ労務ヲ謂フ

For the purposes of this Convention the term forced or compulsory labour shall mean all work or service which is exacted from any person under the menace of any penalty and for which the said person has not offered himself voluntarily.

⇒「forced labour」または「compulsory labour」とはこの国際法に違反する、違法 な強制労働であったことを意味している 日韓の外交交渉により、「forced to work」という表現を用いることで妥協 出典「岸田外務大臣臨時会見記録」(平成二七年七月五日二十二時四十九分)

第二条2 尤モ本条約ニ於テ「強制労働」ト称スルハ左記ヲ包含セザルベシ
Nevertheless, for the purposes of this Convention, the term forced or compulsory labour shall not include--

(d) 緊急ノ場合即チ戦争ノ場合又ハ火災、洪水、飢饉、地震、猛烈ナル流行病 若ハ家畜流行病、獣類、虫類若ハ植物ノ害物ノ侵入ノ如キ災厄ノ若ハ其ノ虞ア ル場合及一般ニ住民ノ全部又ハ一部ノ生存又ハ幸福ヲ危殆ナラシムル一切ノ 事情ニ於テ強要セラルル労務
(d) any work or service exacted in cases of emergency, that is to say, in the event of war or of a calamity or threatened calamity, such as fire, flood, famine, earthquake, violent epidemic or epizootic diseases, invasion by animal, insect or vegetable pests, and in general any circumstance that would endanger the existence or the well-being of the whole or part of the population;

⇒「forced to work」と表現することによって、違法な第二条 1 の強制労働ではなく、 第二条 2 の強制労働の除外規定であり国際法的に合法であったことを日本政府は 明確化した

※「exacted」では、「強要された」という意味合いとともに「必要とされた」 という意味合いもあるために、不適切と判断されたのであろう 一方では韓国政府は、「forced to work」は「forced labour」と同じであると主張 ⇒実質的には外交戦の争点として to be continued

数量データを再検討することで、朝鮮人労働者の性格についても言及する 先行研究は豊富にあるが・・・ 朴慶植(1965)で注目され、山田昭次ほか(2005)、外村大(2012)でだいたいの現在の研 究水準にある 一方で、根強い朝鮮人労働者の出稼ぎ説 西岡力(2000)、岡田邦弘(2003)など 経済史研究者は市原博(1991)(1997)が動員後の職場レベルでの分析をしているが、動 員自体の分析ではない


大蔵省管理局編『日本人の海外活動に関する歴史的調査』通巻第十冊、朝鮮編第九分冊
1946(昭和 21)年に設置された大蔵省在外財産調査会が作成
1949(昭和 24)年~1950(昭和 25)年にかけて刊行されたシリーズの1冊 復刻 1991 年
戦後補償問題研究会編『戦後補償問題資料集』第二集
2000 年 小林英夫監修でシリーズの全復刻

上記資料(68 頁)を基に、西成田豊(1994)が具体的な「強制連行」データを提示
この表を決定的なデータとして、1939(昭和 14)年度~1945(昭和 20)年度にかけて、72 万 5 千人の朝鮮人が日本本土へ「強制連行」されたと位置付けており、西成田豊後の研究は 大体においてこの数値を踏襲している。

ところが、意図的か無自覚かはさて置き、西成田豊をはじめそれ以降の論者達は、上記資 料の 65-67 頁を無視してきた その内容は、1929(昭和 4)年度~1939(昭和 14)年度までの「徴兵令に依らざる対日労務供 給」の部分であり、後述するように出稼ぎ労働にあたるデータである



続いて「朝鮮人日本内地渡航者帰還累年表」が掲示される→表2 ・1929(昭和 4)年度~1938(昭和 13)年度にかけて、少ない年で 10 万人ほど、多い年で 15 万人ほどの朝鮮人労働者が、個別渡航という形で自発的に朝鮮半島から日本へと移 動していた


つまり、1938(昭和 13)年まで、一定数の朝鮮人労働者がプッシュ要因によって朝鮮半 島から日本へと送り出され、彼らは出稼ぎ労働者だったからこそ、その多くはしばらく 日本本土で働いた後に朝鮮半島へと戻って行っていた。この状態が前史として存在す る。

3.プッシュ要因の大きさを踏まえた労務動員の始まり-1939(昭和 14)年度 西成田豊(1994)を皮切りにして頻繁に用いられるようになった数量データ 「朝鮮人労務者対日本動員数調」→表3


、「期間満了移入朝鮮人労務者指導要領ニ関スル件」アジア歴史資料センター Ref.A04018767400「公文雑纂・昭和二十年・第七巻・内閣・次官会議関係(一)(国立公文 書館)」によって確認

日本政府は現実の状況を無視し、1945(昭和 20)年度に入っても、朝鮮人労働者 は出稼ぎ労働者であるという大前提を崩さなかった。

 

この点を、「期間満了移入朝鮮人労務者指導要領ニ関スル件」アジア歴史資料センター Ref.A04018767400「公文雑纂・昭和二十年・第七巻・内閣・次官会議関係()(国立公文 書館)」によって確認

 

この指導要領は、朝鮮人に対する労務動員の期間を一年間延長するにあたって、事業主 を指導するために作成

 

「関係官庁及団体ハ固ヨリ事業主モ誠意ト情愛ヲ披瀝シテ一体的努力ヲ為スコト」が 重要であると掲げられ、その上で、「物心両面ニ於ケル優遇」を行うことが明記された

 

具体的な 8 項目(ただし宮地による内容要約)

一、人物や技能に応じて指導的地位に就けること

二、期間延長の手当として二百円以上の金銭を即時交付し、朝鮮半島にいる家族に送金 するよう指導すること

三、朝鮮半島にいる家族に対して二百円以上を支給し、さらに繊維品等を贈与すること、 ただし後者は、軍需大臣及び厚生大臣からの見舞品とする

四、石炭関係労務の場合には、困難性などを踏まえて特別手当を支給すること

五、別居手当及び家族手当を支給し、朝鮮半島にいる家族に送金するよう指導すること

六、事業主は朝鮮人労働者の同意の下に給与から一定金額を差し引き、朝鮮半島にいる 家族への送金を代替して行うこと

七、未払いの手当等は、即時に支払うこと 八、食費の増額を行うこと 朝鮮人労働者の昇進、家族への見舞金の送付、特別手当の支給、食料の充実などといっ た対策が掲げられたている→かなり手厚く遇することで、労働力を確保しようとしていたことが分かる



②動員の人数
従来の研究史においては、統計の数字のうち重複を加味した「延べ人数」として理解しなければならない部分を、単純な合計人数として読み取ってしまっていた現実には、延べ人数 ・・・・ として七十万人前後の朝鮮人労働者が労務動員によって日本で働 いたのであるが、その時々の現在数は、1943 年度で 20 万 5 千人強、終戦時で 26 万 5 千人強であった


 1930 年代までの朝鮮半島は労働力が過剰であり、日本への出稼ぎが頻繁に行われていた。 1930 年代末に至り、戦時の徴兵で日本人の男性労働力が減少しているために単純労働者を 更に海外から入れたいという思惑(本音)が生まれた。しかし一方で朝鮮人の日本への移住は 最小限に抑えたいという本音もあった。この両者を一挙に解決したのが出稼ぎ労働の拡充 という建前(欺瞞)的な政策であり、戦時における朝鮮人の労務動員という「forced to work」 であった。

つまり極めて欺瞞的ではあるが、日本における戦時の朝鮮人労働は、まさしく国際労働機 関(ILO)の強制労働に関する条約の第二条第二項に充当するものであり、国際法に違反す る「forced labor」ではなく合法な「forced to work」だったといえる

それでは何故、その「forced to work」があたかも「forced labor」であるかのような印象 を惹起させてしまうのか? それは、官僚達による政策立案の未熟さと、未熟さを利用した現場レベルでの犯罪的な行 為、そして政策が行き詰まっても根本的な修正を躊躇する無責任な体質、更にはその皺寄せ が弱者に押し付けられるという、何重もの欺瞞や失態が折り重なっていたから

参考文献
市原博(1991)「戦時下の朝鮮人炭鉱労働の実態」『エネルギー史研究』15
市原博(1997)「戦時期日本企業の朝鮮人管理の実態」
『土地制度史学』40-1 大蔵省管理局編(1949)『日本人の海外活動に関する歴史的調査』通巻第十冊・朝鮮編第九分 冊
岡田邦弘(2003)『朝鮮人強制連行はあったのか』日本政策研究センター
金子文夫(2007)「占領地・植民地支配」石井寛治他編『日本経済史4戦時・戦後期』東京大 学出版会
金廣烈(1997)「戦間期における日本の朝鮮人渡日規制政策」『朝鮮史研究会論文集』35
金洛年(2002)『日本帝国主義下の朝鮮経済』東京大学出版会
高峻石(1980)『南朝鮮経済史』柘植書房
外村大(2012)『朝鮮人強制連行』岩波書店
西岡力(2000)「朝鮮人『強制連行』説の虚構(上)在日の真実に迫る」『月曜評論』2000 年 8 月号
西成田豊(1994)「労働力動員と労働改革」大石嘉一郎編『日本帝国主義史3第二次世界大戦 期』東京大学出版会
林えいだい(1989)『消された朝鮮人強制連行の記録』明石書店
原朗(2013)『日本戦時経済研究』東京大学出版会
朴慶植(1965)『朝鮮人強制連行の記録』未来社 朴慶植(1973a)『日本帝国主義の朝鮮支配』上、青木書店
朴慶植(1973b)『日本帝国主義の朝鮮支配』下、青木書店
朴慶植・山田昭次監修(1993)『朝鮮人強制連行論文集成』明石書店
宮地英敏(2010)「資料 中央協和会編『朝鮮人労務者募集状況』」『経済学研究(九州大学)』 77-1
宮地英敏(2016)「戦時期の日本における朝鮮人労働者についての再検討」『福岡地方史研究』 54
山田昭次ほか(2005)『朝鮮人戦時労働動員』岩波書店
Everett S. Lee(1966) ’A Theory of Migration’ Demography, 3-1
W. Arthur Lewis(1954) ‘Economic Development with Unlimited Supplies of Labor’ The Manchester School, 22-1


朝鮮
民族・歴史・文化
金 達寿
岩波新書(初版1958年)

韓国人という精神面での完全なDNA異常民族は、2022年の合計特殊出生率が1.78まで低下した。この数値が異常そのものであることに疑問の余地はないのであるが、ニュース報道は、「異常である」等を一切報じてはいない。早くウクライナの推計値が出て欲しい。恐らくは、ほぼ同じか、又は、韓国を上回っている。

この古い概略本こそ、日本における在日の「我々は優秀な民族」という嘘と騙しにのみ長けた人々の自己陶酔の起源の一つと言えよう。

バカバカしいので、いちいちメモしなかったが、高宗死去後の3・1運動の際、「独立万歳」と叫んで行進したとあるが、朝鮮人に好意的であったFAマッケンジーの著作(英文のみ)では、単に「mansei」と叫んで行進したと明記している。清朝を皇帝としていたため、マンセイ=万歳とは絶対に叫ぶことができずチョンセー=千歳としか言えなかった愚かなDNA異常民族どもは、日本統治下で高宗死去に際して単に「mansei」と叫んで行進した。王莽の九千歳を思い出して、思わず噴き出した。八千歳も少ないぞ!


「我々は優秀な民族」さんどもよ、李氏朝鮮を訪問した外国人の目はごまかせない。東洋文庫から出ている

朝鮮事情
朝鮮紀行
朝鮮幽囚記

を読め、ちなみに貴様らは、
①ノーベル賞どころか63もの国際的な科学関連賞の受賞者がただの一人もおらず、
②現代韓国人DNAを充分な深度(カバレッジ率)で分析した執筆者に韓国人を全く含まない論文(事実上はアメリカ政府食品医薬品局毒物研究センターが執筆)では、そのDNAの特異性を繰返し強調しており
③私が②の論文で抽出された韓国人ども固有の変異を手作業で長時間かけて調べると、ほぼ全てが、何らかのパーソナリティー障害・精神疾患・ヒトの知能に関連していた。

「我々は優秀な民族」さんどもよ、デスクワークしているのなら、恐らくは、90%以上の者は酒をかなり飲まないと眠れないはずである。不眠症と憤怒調節障害(間欠性爆発障害)は、「我々は優秀な民族病」と同じく、貴様らの民族病だ。

その原因が、貴様らの異常なDNAにあることは、恐らくは、200年後には世界中の人々が知るところとなろう。しかし、幸いにも、その頃には、韓国は人口減少で、遺伝的には韓国人どもは事実上は消滅している。自然淘汰=自然の摂理であり、防ぐことは不可能である。

p18
人口は李朝時代の正祖13年(1789)の調査では約700万であったと之いことであるが、これがだいたい19世紀までつづいた。1883年には約1000万を超え、いわゆる日韓併合の1910年には1300万
①あほメ!ソウル大学の論文(元データは朝鮮総督府の日本人官僚作成と推定)で1670年以降朝鮮半島の人口は全く増えず、かすかに減少している。実録と合わせて考えると間違いない

朝鮮王朝実録・明実録・清実録を比較できるものの精度の低い研究者向けサイトで飢饉での検索結果だ。

2023-03-06

朝鮮王朝実録だけなら、一番正確に検索できるのは、中国正史の研究者向け検索サイト
旧字体の饑饉で検索する方が、より正確に調べることができるぞ!

「我々は優秀な民族」病に罹患している在日の自称 朝鮮史研究者どもは、上記の歴史的事実を知っているのであろうか?朝鮮人名で発売されている朝鮮史の書籍を読む限りでは、全然知らないと推定される


p29
族譜には女の子の名はのっていない。母親も×氏とその姓氏がのっているだけ

p44
BC108年衛氏朝鮮は亡ぼされ、ここに朝鮮はその半島の大部分を含めて、漢の植民地となってしまった。漢4郡の設置がそれである

p75
約100年も続いた元の支配下にあって檀君神話をはじめ様々な民間説話がつくられたというのはおもしろいことで、

このバカげた書籍で唯一意味のあった記述である。驚いたが、真実かどうかは調べないとわからない





金日成と金正日
現代アジアの肖像 6 岩波書店
除 大粛
古田 博司 訳

本書後書きによれば、岩波書店の求めに応じて、ハングル執筆し、古田 博司が日本語に訳したものである。日本人で金日成について書ける者がいないことが情けない。和田春樹もいい加減な内容しか書けないことを岩波書店は知っていたのだ。中国内朝鮮族出身のハワイ大学教授の手によるが、中身の非常に濃い内容。

ただし、国立国会図書館のアジア歴史資料センターの資料を全く参照せずに書かれた内容である。以下は同センターから一部を抜粋したものである。

金日成に関し、ほぼ完全に、一次資料である日本側陸軍記録と著者の書く内容は一致している。

①著者は金日成を名乗る者が複数いたという韓国人の嘘については、言及を避けている。キチガイども(韓国人)は、3名が名乗っていたとする場合が多い。金日成指揮下の東北抗日第一路軍第二方面軍の画像2枚あり、昭和27年時点で見た者は「大分異なる」としているが、2枚目の比較的鮮明な画像では、太れば恐らくは金日成であろう。

レファレンスコード
C13010013700

作成者名称
復員局資料整理課

資料作成年月日
昭和27年11月

写真第一 東北抗日第一路軍第二方面軍 現在の
と大分異る
写真第二 匪名2 崔賢 迷魂陣地 写真第三 写真第四 吉林通化間島三省治安粛正地域要図 昭和十六年二月 野副討伐隊司令部 穆稜 牡丹江 葦河 珠河 至ハルピン 牡丹江省 寧安 鏡泊湖 五常 楡樹 舒蘭 松 間島省 吉林省 拉法 吉林 九台 至新京 汪清 図們 延吉 朝陽川 敦化 蛟河 和龍 安図 樺甸 磐石 朝鮮 通化省 撫松 濛江 輝南 梅河口 金川 柳河 至奉天 長白 臨江 通化 台湾@約二倍半二相当スル粛正地域@図 写真第五 昭、15、2、中旬 楊靖宇 匪跡ヲ索メテ長追スル通化区討伐隊 一部(写真ハ昭和十五、二中旬蒙江附近ニテ楊靖宇ヲ追撃中



上の画像は、比較的鮮明な2枚目画像から金日成だけを切り抜いたものである。直感的には、後の金日成と同一人であると思える。従って、金日成複数人説など韓国人という人類史上稀に見る劣悪遺伝子集団、精神面では完全なDNA異常集団が創出した単なる「嘘と騙し」に過ぎない。

韓国人というまさに人類のクズどものは、とことんどうしようもない連中である。日本でも、この人類史上稀に見る邪悪の極致、「嘘の固まり」とも言うべきDNA異常集団の流布したところの金日成を名乗る人物は複数人いたという嘘で騙されている者が多いことであろう。私もその一人であった。

しかし、上の写真がそうではないことをハッキリと示している。我々人類は、①過去のデータから見て明らかに人類の進歩に何らの貢献もせず②現在のデータから見てむしろ人類の阻害要因である韓国人という人類の敵又はクズどもに対して、その効率的な処分方法の検討に着手するべきであるとすら言える
FDAは、韓国人固有のバリアンツリストを異常なまでに慎重を極めた手法で抽出することに成功している。そのリストに基づき、韓国人を全滅させるウィルス作成は容易に可能である。SNV-35リストを使えばよいのだ、韓国人ども以外には全く影響しないウィルス作成ができる。ただし、1年程度で人工作成ウィルスに変異が生じるであろうという重大な難点がある


第2 治安方策/其2 治安粛正計画/第1期(1939年10月1日より1940年9月)治安粛清計画要綱
其二 治安粛正計画 第一期(一九三九年十月一日ヨリ一九四〇年九月)治安粛正計画要綱 一 匪情 東北抗日聯軍第一路軍総司令揚成宇(部下約四百名) 同副司令、魏極民第一方面年司令曹亜範等ハ主トシテ通化省及樺甸県(吉林省)方面ニ第二方面年司令ハ間島省及ヒ南部吉林省方面ニ第三方面年司令陣輸章ハ東南部吉林省東北部間島寧安県(牡丹江省)方面ニアリ数百乃至数十名ノ集団匪トナリテ所在部落ヲ襲撃シ行政県公署所在地以外ニ侵透セズ人心陶々避難民ハ各所ニ流浪シ治安全ク混乱ノ状況ニ在リ其編成第四表ノ如シ 二、方針 本期間ニ於テハ主トシテ有力匪ヲ求メテ之ヲ徹底的急追シ其捕捉殲滅ヲ期ス 治標工作(討伐)ニ即応シ治本思想工作ヲ推進特ニ道路

作成者名称
関東軍司令部
資料作成年月日
昭和16年6月~7月
 判決 一、第一路軍匪ノ入満ハ確實トナレリ軍ノ再建及西進ノ企図アルモノ、如ク今後ノ動向注意ヲ要ス 二、第三路軍系王明貴匪主力ノ入満確實ニシテ其西進企図略明瞭トナレリ尚オロチョン工作注目エ価ス 三、第三路軍主力(第九支隊)ハ近來糧秣エ窮乏シアルカ如シ今後特ニ開拓団集団部落等ノ警戒ヲ要ス 全満匪賊概数一、三六〇名 但熱河省ニ侵入セル第八路軍系 冀察熱 進軍約六〇〇ヲ含ム 李明順匪入満ス 昨15年12月入「ソ」セル李明順匪84月入満

レファレンスコード
C13071218300
吉林、間島、通化三省治安粛正の大要 昭和14年10月~16年3月
第五 討伐成果 本期討伐に於ては東北抗日聯軍第一路軍総司令以下約三千の大小匪団を討伐し有力匪首の大部を捕殺し多大の成果に発@せり但し以下若干匪首を逃し蘇聯領に逃避せしめたるは甚だ遺憾とする感なり 然れども該方面の治安全く安定し東辺道開発を容易ならしめたるは@満国発展の為慶賀に堪えざる所なり 討伐成果第一表の如く又東北抗日聯軍第一路軍編成並に匪首捕殺表左の如し 第四表 (表) 総司令 楊靖宇 副司令 魏極民 土匪大頭目 双勝 土匪頭目 串山好 土匪頭目 全局好 司令部 参謀 方振@ 参謀 李総青 参謀 丁 秘書処長 全光 一路長治科長 王寿山 地区@@主任 金光学 南溝@委員 金在範 副官 李久王 部員 韓暁光 善南峯

レファレンスコード
C13021441100

作成者名称
警備行軍部隊中隊長 陸軍歩兵中尉笠間哲行

三、行軍地方一般ノ状況 其一賊情及脅迫文ノ一例 安図県地方ニ於ケル匪賊ハ朝鮮併合当時ニ其端ヲ発シタル民族的偏見ヲ根底トシ次テ民族自決主義ニ変移シ更ニ共産党ニ投シタル所謂共匪ノ外満洲国成立ト共ニ反満反日ヲ標榜シ且強盗行為ニ依リ生活ヲ為ス土匪ノ二種ニ大別シ得ル如クニシテ此中共匪最モ多ク之等匪賊ハ逐年減少セリト雖モ質ニ於テハ思想的根底極メテ深ク団結鞏固其抵抗モ執拗ナルモノヽ如シ本年五月下旬以来咸南方面ヨリ北上シ豆満江上流ノ鮮内及対岸近クニ屡々出没蠢動セル匪賊ハノ率ユル約二百内外ノ共匪ナルモノヽ如ク其編成並侵襲状況概ネ左ノ如シ 東北抗日聯合郡第一路第二方面軍編成表 指揮成(二八) 主任呂伯岐(三〇) 副官処長 金海山(三五) 女子六名

レファレンスコード
C13020873600
作成者名称
咸興憲兵隊長髙橋虎鹿
昭和十一年度 昭和十一年度 ○編制及制度改正中ノ主要事項 一、三月五日朝憲秘庶第二八号ニ依リ咸鏡南道咸州郡興南邑ニ憲兵分駐所ヲ開設ス其ノ編制左ノ如シ 曹長一、軍、伍一、上等兵一、憲兵補一計四当分曹長ニ代フルニ特務曹長ヲ充ツ 昭和十一年度 ○派遣出動及事変業務 一、四月九日憲兵下士官一、上等兵一関東憲兵隊編制改正要員トシテ配属 二、六月二日憲兵下士官一、上等兵一琿春駐屯歩兵隊編制改正要員トシテ配属 三、八月中旬ヨリ咸鏡南道対岸満領内ニ共匪出没シ逐次対岸満領主要部落ヲ襲繋シ掠奪、放火、主義宣伝ニ狂奔ス憲兵ハ守備隊ニ協力之カ情報蒐集鎮圧ニ努ム 四、八月二十七日歩七四聯隊国境守備隊越境出動ニ際シ恵山鎮

レファレンスコード
C13050338200
資料作成年月日
昭和16年3月9日
野討冬作命第一九号 野副討伐隊命令 三月九日十四時 吉林現地指導機関 一、三月八日長島工作隊ハ樺甸県夾皮溝北方地区ニ於テ第一路軍副司令魏極民以下八名ヲ殲滅セリ 匪ハ依然和龍(大拉子)附近ニ潜在シアルモノヽ如シ 二、討伐隊ハ主力ヲ以テ匪ヲ索出殲滅シ治安ノ最後的粛正ヲ完成セントス 各討伐隊ハ緊褌一番最後ノ努力ヲ傾注シ関東軍司令官ノ要望ニ応ヘンコトヲ期スベシ 三、吉林地区討伐隊長ハ成ルベク多クノ兵力ヲ以テ速カニ和龍(大拉子)方面ニ前進シ間島地区討伐隊長ノ区署ヲ受ケ匪ヲ索メテ撃滅スベシ 之ガ為出動部隊 全部ノ集結ヲ待ツコトナク転進容易ナル部隊ヨリ逐次前進セシムベシ 四、通化地区討伐隊長ハ魏極民匪索出ニ使用セル討伐隊ヲ速カニ招致シ匪討伐ニ重点ヲ指向スベシ

レファレンスコード
C13050335900
資料作成年月日
昭和16年1月13日

第一、匪情 現在ニ於ケル匪情附図第一ノ如シ 昨年秋季討伐ノ結果陳翰章、朴得範、李司令、張雨亭等ノ有力匪首ヲ捕殺セル為統制紊レ頽勢ヲ辿レル匪団ハ益々其度ヲ増加シ帰順逃走者相継キ崔賢、安政吉等其他第一路軍警衛旅ニ属セル匪団ハ討伐隊ノ鋭鋒ヲ避ケ討伐地区外ニ脱出シ第二路軍ト合体尚其一部ハ「ソ」聯ニ逃走シ地区内ニ残存シアリト予想スル、魏極民全光等ハ重軽機ノ大部ハ之ヲ穏匿シ主トシテ小拳銃ノ装備トナリ三十名以下ノ小群ニ分散潜伏シ其所在ヲ眩ス為殆ント行動セサル状況ニシテ討伐開始当初三千ヲ算セシ匪団ハ今ヤ二、三百名トナリ匪根ノ討滅モ目睫ノ間ニ在リ

レファレンスコード
C13050335600
資料作成年月日
昭和16年1月13日
野討冬作命第四号 野副討伐隊命令 一月十三日十時 吉林現地指導機関 一、匪情別冊昭和十六年度吉林、間島通化各省討伐粛正計画要綱(以下粛正要綱ト略称ス)ニ示セルカ如シ 二、野副討伐隊ハ粛正要綱ニ示セルカ如ク重点ヲ地区内残存匪タル、魏極民、全光等ニ指向シ先ツ地区内粛正ヲ完成シ次テ要スレハ地区外ニ脱出セル崔賢其他ニ重点ヲ指向シ三月末迄ニ残存匪根ヲ絶滅シ治安ノ恒久的粛正ヲ完遂スル為討伐部署ノ一部ヲ変更セントス 三、各地区討伐隊長ハ粛正要綱ニ基干綿密果敢執拗ナル討伐ヲ続行スヘシ 四、昭和十六年一月十六日十二時ヲ以テ西北南地区討伐隊ノ各称及部署ヲ変換シ北及西地区討伐隊ヲ合シ吉林地区討伐隊トシ南地区討伐隊ヲ通化地区討伐隊ト改称ス

資料作成年月日
昭和15年12月12日
野討秋作命第一八号 野副討伐隊命令 十二月十二日十二時 延吉司令部 一、陳翰章匪ハ十二月八日小湾溝附近ニ於テ間島地区討伐隊ノ為射殺サレ其ノ残匪ハ鏡泊湖東西ノ地区ヲ彷徨シツヽアリ匪ノ所在ハ明瞭ナラザルモ五道楊岔西方馬鞍山北方地区ニ潜在シアルコト略〃確実ナリ 魏極民匪ハ吉林通化間島三省境地帯ニ全光匪ハ樺甸、敦化県境附近ニ越冬ヲ準備シアルモノヽ如シ 第二軍管区ヨリ歩兵第五旅ヲ増派シ十二月十四日零時以降予ノ指揮下ニ入ラシメラル 二、討伐隊ハ討伐ノ重点ヲ魏極民匪ニ指向シ年末迄ニ該匪ヲ索出殲滅セントス 三、間島地区討伐隊長ハ一部ヲ以テ鏡泊湖東側及南側地区ヲ徘徊シアル陳翰章ノ残匪掃蕩ヲ続行シ其他ノ主力ヲ以テ討伐ニ徹底的重点ヲ指向シ之ガ索出殲滅ニ任ズベシ

昭和14年10月~16年3月
第五 討伐成果 本期討伐ニ於テハ東北抗日聯軍第一路軍総司令以下約三千ノ大小匪団ヲ討滅シ有力匪首ノ大部ヲ捕殺シ多大ノ成果ヲ発揚セリ但シ以下若干匪首ヲ逸シ「ソ聯」領ニ逃避セシメタルハ甚ダ遺憾トスル処ナリ然レドモ該方面ノ治安全ク安定シ東辺道開発ヲ容易ナクシメタルハ満洲国発展ノ為慶賀ニ堪エザル所ナリ 討伐成果第三表の如く又東北抗日聯軍第一路軍編成並ニ匪首捕殺表左ノ如シ 第三表 三省討伐主要戦果一覧表 (表) 各地区直轄工作隊 戦果種別 戦果合計 遺棄死体 帰順 捕虜投降(逮捕) 小銃 拳銃 自動火器 重機 軽機 迫撃砲 自動軍銃 擲弾筒 山寨覆滅 穀類 メリケン粉 阿片 方面軍等の組織 (表)

上の陸軍記録から昭和16年3月までに、東北抗日聯軍は満州内においてほぼ壊滅状態となり、多くは投降し、少数がソ連領内に逃げ込んだ。この著作と完全に一致する




p18
金日成は回顧録の中で
11912年4月15日に生まれたと言っている
その出生当時の名前は金成柱であった。彼の二人の弟は金哲柱、金英柱という

p19
金日成の本貫は全州金氏であり、彼の12代前の先祖が全羅北道から平壌に移住してきたという

p22
1929年5月に17歳の若さで逮捕投獄されたのだった。
監獄を出た後、金日成は学校へ戻ることができず、満州全域に散在している様々な抗日救国団体に参加し、自己の名を金成柱から金日成へと変えた。ここで我々がよく聞く話は、金成柱が、金日成という朝鮮の有名な愛国者かつ伝説的な抗日闘士の名を騙ったというものである。しかし、これは金日成の1930年代の抗日の業績を無視し、彼の抗日運動を否定しようとする政治的な意図から出た言説であり事実ではない

朝鮮独立運動史には、「キム・イルソン」という名を持つ人々がある。彼らの漢字名には金一成もあり、金日星もある。しかし、かの有名かつ伝説的で、誰もが知っている愛国闘士「キム・イルソン」は、その中のどの人物かと問うても、韓国のいかなる歴史学者も独立運動研究家も誰誰であると指摘することはできない。そのような伝説的な抗日闘士が実在したとすれば、朝鮮人のみならず、独立運動を抑圧しようとした日本人にも良く知られていたはずである。そのような人間は実在しない。
キム・イルソンという名前を持つ人物としては、北朝鮮の金日成主席に比すべき抗日闘争歴を持つ人物は存在しない。
韓国で語られているようには正体不明の人物なのではない

p23
中国共産党員楊靖宇が
1936年2月20日に東北抗日聯軍という抗日遊撃軍を組織した

p24
1941年初めの冬季作戦により討伐を成功裏に完遂した。この討伐戦で東北抗日聯軍の指導者たちは
殺害され或いは帰順し
抗日軍としての役割に幕を下ろした

p25
この時生き残った聯軍指導者とパルチザンたちは満州国を離れソ連の沿海州に身を避けるのだが、彼らはそこでソ連共産党の極東軍傘下の別働部隊に再編成された
金日成の抗日運動とは、この東北抗日聯軍で行った運動のことである。
この聯軍は間違いなく共産軍であり、満州国に住む漢族(中国人)と朝鮮人が合同で抗日運動を行ったものだが、指導的な役割を担ったのは、何名かの例外を除けば、全て中国人であったという事実である

従って、東北抗日聯軍は中国共産党の抗日運動であり、朝鮮独立運動の一部でもなければ、朝鮮の抗日運動でもなかった。この東北抗日聯軍には、中国に住む朝鮮族が主に参加しており、中国に対する彼らの要求は、中国に居住する朝鮮族の自治権であった。

中朝混成の抗日聯軍には民族的葛藤と不信も数多く生じ、裏切り者も実際多かった。

このような中国の漢族と朝鮮族の合同抗日闘争は、朝鮮独立運動に影響を与え、朝鮮の解放にも寄与した。しかしこれは朝鮮が中国延安や満州で独自に朝鮮の独立のために戦った抗日運動ではなかった。

p27

彼は疑いもなく東北抗日聯軍第二軍第6師の師長だったのである

p32
金日成が武装闘争を行っていたのは朝鮮人民軍などではない。中朝混成の遊撃軍、中国人民革命軍であった。これは、東北抗日聯軍の前身であり、
北朝鮮がその存在を主張する朝鮮人民革命軍というものはなかった

p33
彼は満州においておおよそ1934年から1940年まで約6年間闘争した。
その最も大きな戦闘は、満州で自分の遊撃隊を率い、朝鮮国境を超えて日本の警官を殺害した1937年の普保堡戦闘であった。この戦闘は1937年6月に行われた。金日成が東北抗日聯軍第二軍第6師師長のとき、自己の部隊員100名内外のパルチザンを率いて国境を越え、日本の国境守備隊警察を襲撃したものである。彼らが7名を殺害し、7名に重傷を負わせ、1937年6月4日の夜をその地で明かし、翌朝、再び国境を超えて満州に戻った。


p51
金日成は満州と沿海州で抗日運動の輝かしい経歴を持つ。しかし、中国共産党指導の中国人部隊である東北抗日聯軍と沿海州のソ連88特別旅団での闘争歴である。朝鮮国内では広く知られてはいなかった。しかるに、ソ連で4年間の訓練を受けてきたお陰で、金日成はソ連軍によって選ばれたのである。
ソ連が朝鮮の全ての革命家や独立闘士の中から金日成を選抜したことについては、様々な論争が起きている。そのうちでもっとも重要な理由は、1930年代から40年代に至る間、朝鮮共産党とソ連共産党との関係が断絶していたこと。

p52
満州の戦歴と沿海州での活動のみの為、朝鮮国内の民族主義系の独立運動家や共産主義者にも金日成は広く知られてはいなかった。このような事情から、ソ連占領軍の圧倒的な支持を受けてはいたもの、帰国した若干33歳の青二才金日成を、朝鮮人は愛国独立闘士としては生半(なまなか)には受け入れなかった。当時の朝鮮人は誰もがこう言ったものである。金日成は偽物だ。ソ連が開放された朝鮮に共産主義政権を建てるために連れて来た人物だ。













韓民族の歴史と文化ー50万年前から高麗時代まで 上
崔 圭昌(1960年高麗大学校教授、明星大学客員教授)
2001年 大阪市天王寺区ソウル書林

この精神状態は正常であるのか?という疑問を呈さざるを得ない400ページ近い歴史書上巻?によれば、
①渤海や高句麗は、韓民族が打ち立てた王朝である=どうも韓国内では、そのように見做すが定説中の定説であるようだ
②韓民族の歴史は、少なくとも50万年前にも遡る。
この書籍の韓国語版は1999年に出されている。現在、人類は約6万年前にアフリカを出て世界各地に拡散したことが知られているが、さすがに、朝鮮半島が人類発祥の地であるとは書いていないが?大爆笑!
韓国人にとって、歴史は「創出されるもの」「創り出すもの」であることが良く分かる。

何よりも重要であるのは、このような奇妙な現象は、そのほぼ全ての原因が韓国人がDNA異常民族であることに起因している点である。集団遺伝学の論文から見て100%間違いない


p87
韓民族は100万前の昔から韓半島および東北アジアの広大な地域に分布した
【韓国憲法前文にいうところの、悠久の歴史とは、100万年にも及ぶらしい。また、大韓民国臨時政府というアメリカの公式外交記録からみれば、完全に存在していない、】

p90

IMG_1837

p95
IMG_1838

【楽浪郡の位置が大きく異なる】
IMG_1839

p157
隼人はおそらく韓民族系統の集団であったようである
【薩摩半島に存在していたであろう隼人をこのように見做す?】

p69
支石墓(Dolmen)
地中海沿岸をはじめ、北アフリカ、インド、中国の海岸地域と日本の北九州、及び韓半島の全地域や遼東半島に広く分布する墳墓
しかし、韓半島や遼東半島に分布しているこれらの巨石墳墓は、中国海岸地域やヨーロッパのそれとは直接的なかかわりがないことが最近の調査でほぼ明らかになった


卑賊観の系譜
神野清一
吉川弘文館

日本では、10世紀には、確実に奴隷は消滅している。朝鮮では、19世紀でも奴隷が人口の少なくとも30%を超えている、これこそが、朝鮮史の決定的な特徴である
p11
もう一つの身分体系は、唐の良賤制を一部改変して導入された律令的身分制である。良賤制とは、内国の人民を良・賤の二つの国家的身分に区分し、それぞれの身分は世襲とし、良賤通婚の禁止を原則とする身分制を言う

p18
賤身分の中核は奴婢であり、官奴婢(公奴婢)と私奴婢の区別があった。
官戸・官奴婢・家人・私奴婢に加えて718年(養老2年)成立の養老令から陵戸が賤身分とされ、合わせて「五色の賤」と呼ばれることとなる

p21
良人身分を明示する標識は

を有することであった

有姓者=良人、無姓者=賤しであり、ここでも天皇は唯一の姓の賜与貶奪者として、この身分秩序を超越したところにいた

p23
中国では、古くから父系の同族団体を基礎に、奴婢を除いて、皇帝から一般庶民まで姓を持っていたが、我が国の場合、人口の大部分を占める部民等の庶民層は、7世紀半ば過ぎ頃でも、その大半が無姓であった。
そこで、姓の制度を導入するに際して

p33
奈良時代中頃の法隆寺には、533名もの奴婢が所有されていた。

p91
奴婢=賤身分が行政レベルで実行に移されたのは、690年(持統4)
からであり、
奴婢は無姓者として記載され
その後、解放されるまで奴婢身分を世襲させられることとなった
持統天皇は天下の百姓の服色を黄色衣、奴婢を黒衣とする詔を下した。

p118
古代中国のように、数万人ないし時には数十万人の官奴婢が存在したのに比べて、日本の場合、官奴婢制の最盛期であった7世紀末から8世紀中ごろすぎでも
恐らく1000人前後ではなかったかと推測される

p155
8世紀初頭の美濃国の村落社会では
戸籍の内訳が判る戸は134戸であるが、このうち奴婢を所有するものは21戸(15%)にとどまる。(表6参照)。畿内に比べれば、奴婢所有戸の占める比率は低い。

p206
古代身分制の主柱である良賤制は、官賤については「上からの解放」によって、私賤については当事者らと一般民衆の抵抗とによって、平安中期から後期にかけて実質的には崩壊していった。
まず、官賤の場合実態を有する官奴婢資料の最後は、809年
であり、

p207
一方、私賤は、789年(延暦寺8)の良賤通婚によって生まれた子を良人とするという格(きゃく)
しだいに衰退の一途をたどり、10世紀の延喜年間に出された売買による良民の奴婢化を禁止する法令と相まって、平安後期にはいいって間もなく、ほぼ壊滅状態になっていたと考えられる

一八世紀朝鮮知識人の清朝認識―金昌業の思想を中心に

李豪潤
 約300年間で612回であり、年平均2回。朝鮮人どもの精神面での異常は、清朝に対する考えによく表れている。何故、中国清朝に優越感など朝鮮人どもが、持つことができるのか?

金昌業(一六五
八〜一七二二)は、一六三六年清朝の朝鮮侵攻 (丙子胡乱)の際、 瀋陽に人質として連行された金尚憲(一五七○〜一六五二) た。彼は、 一七一二年清朝の第四代皇帝の康熙帝 の曽孫で、朝鮮王朝後期の名門巨族である安東金氏の一員として生まれ

『稼斎燕行録 ① 』という使行録を残した。 『稼斎燕行録』は、豊富な内容や

一般的に朝鮮王朝後期の四大『燕行録』と呼ばれている。 〜一七八三)の『湛軒燕記』 ・ 『燕行雑記』(英祖四一年、一七六五 年)、朴趾源(一七三七〜一八○五)の『熱河日記』(正祖四年、 一七八○年)、 金景善(一七八八〜一八五三)の『燕軒直指』(純祖三二年、 一八三二年 ② )を いう ③ 。

金昌業の「清朝に対する優越認識」を分析した研究が多く、金昌業の対清観が 「朝鮮中華主義」 から脱殻できなかった限界を持つと指摘され、

もちろん金昌業の『稼斎燕行録』には「朝鮮中華主義」に関する記録、特に清朝の弁髪や胡服に対し、朝鮮の衣冠文物へのプライドの表現が多く記録されているのは間違いない。しかしながら、金昌業の対清観を見ると「朝鮮中華主義」的な認識はあるものの、清朝の文化や礼楽文物に対し高い評価を下す

二.金昌業と『稼斎燕行録』

金昌業が参加した一七一二年の冬至使兼謝恩使行は、 正使・金昌集、副使・尹趾仁、書状官・盧世夏などの三使が使行団を率いる五四一人の大規模の使行団であった。この使行に動員された馬匹は四三五頭で、これもまた先例のない大きな規模で、平常の対清使節団が使行団約二五○人、馬匹約二○○頭であることと比べると

明朝の滅亡した時点において朝鮮だけが中華の国であるという論理であろう

四.対清使行と情報入手

朝鮮王朝時代の対清使行、 即ち燕行使行の回数は、 清朝の入関(一六四五年)から甲午改革を行う一八九四年まで六一二回に至る ㉒ 。

清朝の神・仏信仰を否定的に紹介している。こうした中国の道教・仏教信仰に対する朝鮮儒者の拒否感は清朝のみならず、朝鮮の儒者が正統中華王朝と認識し、観念的な儒教の理想郷と考えた明朝を訪れた朝鮮儒者の紀行文にも見える

朝鮮の衣冠に対する自負心と共に清皇帝を胡皇と呼んでいるのが分かる。

このように、金昌業は目に見える文化の差、つまり衣冠文物については朝鮮の礼学文物に誇りを持っているが、清朝の発展ぶりについても高く評価しているのが分かる。

ここで金昌業は、清朝の康熙帝の治績により、たとえ目に見える外観は夷狄であるが、儒教や学問の奨励、愛民政治などによって、現在の清朝の発達した文物と太平を成したと結論付けている。

The mutational constraint spectrum quantified from variation in 141,456 humans

Nature Published: 27 May 2020

Konrad J. Karczewski et al.
主成分分析図で韓国人が明らかに2つのタイプに分かれて分布している。現在ではなく、ancestral diversity のプロット図である。その手法については、46.47によっている。

日本人と韓国人は、現代人のSNPの主成分分析図では完全に綺麗に分かれているが、この図では祖先では重なっている。

集団遺伝学論文で、2重構造モデルについて、私が読んだ限りでは、朝鮮半島から渡来したことを示す初の論文であろう。アシュケナージ系ユダヤ人が一塊で正しく、フィンランド人も北部フィンランド人は祖先集団がごく少数であったことが判明しておりそのことがよく表れており、黒人については、大きく分かれているなど、私の知る限り、上の合祖理論に基づくであろう分析図は多分正しい。

従って、分析が正しければ、2重構造モデル上、朝鮮半島からの渡来であることが集団遺伝学論文で初めて示された可能性があるとも言える。

反面、韓国人と現時点で遺伝的に最も近い中国人(east asianとしている)との重なりが、上の図にあまり見られないことから、韓国人についてのみ分析誤りの可能性が極めて高いと言える。5名の韓国人が何らかの欺瞞を行った可能性もある。(韓国人はどの論文でも「我々は遺伝的にCHB=北方系中国人とは異なる」といつも主張する。)言い換えれば、遺伝関係の国際共同研究には韓国人を加えるべきではない、共同研究から韓国人は排除するべきである



Here, we describe the detection of pLoF variants in a cohort of 125,748 individuals with whole-exome sequence data and 15,708 individuals with whole-genome sequence data, as part of the Genome Aggregation Database (gnomAD; https://gnomad.broadinstitute.org), the successor to the Exome Aggregation Consortium (ExAC).

A high-quality catalogue of variation

We aggregated whole-exome sequencing data from 199,558 individuals and whole-genome sequencing data from 20,314 individuals. 

These data were obtained primarily from case–control studies of common adult-onset diseases, including cardiovascular disease, type 2 diabetes and psychiatric disorders. 
【サンプルは健常者ではない、心臓病・糖尿病・精神病患者である】
The final gnomAD release contains genetic variation from 125,748 exomes and 15,708 genomes from unique unrelated individuals with high-quality sequence data, spanning 6 global and 8 sub-continental ancestries (Fig. 1a, b), which we have made publicly available at https://gnomad.broadinstitute.org

【実際の対象は、上の赤字のみである。表面上、サンプル数が多いに過ぎない】

Among these individuals, we discovered 17.2 million and 261.9 million variants in the exome and genome datasets, respectively; 2022-10-12 (1)
【韓国人サンプル数は1909名と最大規模である。日本人はたったの76名に過ぎない。
論文執筆者に韓国人が5名含まれるが、日本人は1名もいない】


2022-10-12

a, Uniform manifold approximation and projection (UMAP)46,47 plot depicting the ancestral diversity of all individuals in gnomAD, using seven principal components. Note that long-range distances in the UMAP space are not a proxy for genetic distance


イザベラ・バード 極東の旅
金坂清則 編訳
東洋文庫
2005年

イザベラ・バードは、朝鮮紀行にて19世紀末李氏朝鮮末期の断末魔の姿を活写し、朝鮮半島の人々の特徴としての「高潔の士を輩出できずに来た」という特性を的確に指摘している。その原因は、ほぼ確実に朝鮮半島の人々の遺伝子にあるであろうが、19世紀末の時点では知る由もない。

私の知る限り、中国共産党には無数の高潔の士が存在していた、ベトナム共産党にも多数の高潔の士がいたことは近藤紘一氏の著作で知った。だからこそ、両国ともほぼ独力で独立を達成できたのである

しかし、1945年~1952年頃、北朝鮮労働党、南朝鮮労働党には私の知る限り「高潔の士」など皆無に等しい。故に、北朝鮮・韓国とも独力ではなく、それぞれ、ソ連・アメリカの手によって独立させられた。しかし、アメリカは30年もの、ソ連は5年の、国連信託統治をそれぞれ主張していたにもかかわらず、棚ぼた式で独立してしまった。集団遺伝学論文が正しのであれば。朝鮮人DNAが、地理的に近い中国東北部・日本人に比べても極めてすら、???であることに疑問の余地は全くない。

いつの日か、そのことが広く知れ渡ることであろう。多分、100年~200年ぐらい先である。その頃には、現在は1人5万円もかかる全ゲノムシーケンスが低コストで可能となろう。



p166
ある霊廟でのビショップ夫人の従者たち

IMG_0291


p162
朝鮮の宿

IMG_0292

p161
ビショップ夫人の旅の一行
【サングラスをかけたのがビショップ夫人】

IMG_0293


【朝鮮半島での撮影写真が少なく、上記程度しか印象に残らなかった。】



【ここから下は全て中国で撮影されたものである】


IMG_0294



IMG_0295



IMG_0296



IMG_0297


IMG_0298



IMG_0299


IMG_0300


IMG_0301



IMG_0302





Northeast Asian Linguistic Ecology and the Advent of Rice Agriculture in Korea and Japan

John Whitman

Published: 14 January 2012

世界的に有名な言語学者が単独で書いた論文である。

朝鮮半島には、(元々は、中国に史書でいうところの濊族が住んでいたが、)そこに山東半島から中国人に近い連中が稲作とともにBC1500年頃に流入し、その後、BC950年頃に日本に到達。言語学でいうところの farming/language dispersal modelというのをあてはめると、上記の通りとなるのだそうである。
イントロでの朝鮮半島におけるBC3世紀頃の稲作の一時停止は知らなかった?先行研究として、安という韓国人の論文で、稲作は、朝鮮半島で考古学証拠が一時的に消滅しているとのことであるが、DNA異常民族である韓国人の考察などあてにはならない


13世紀のボトルネック効果(私の仮説)を経て、まさしく人類史上稀に見る劣悪かつ邪悪の極致となり果てたキチガイども(=韓国人)の言語と日本語の近縁性を言語学の観点から上手く説明している。

確かに、ひらがなで、機械翻訳すると、(た、こめ、ほ、いね、ぬか)は韓国語でも全く同じ発音である。しかし、漢字で機械翻訳すると、全く異なっている。




abstruct

The languages of Northeast Asia show evidence of dispersal from south to north, consistent with the hypothesis that agriculture spread north and east from the vicinity of Liaoning, beginning with the millets approximately 5500 BP. 

Wet rice agriculture in Korea and Japan results from a later spread, also beginning in Shandong, crossing via the Liaodong peninsula and reaching the Korean peninsula around 1500 BCE. 

This dispersal is associated with the Mumun archaeological culture after 1500 BCE in the Korean peninsula and the Yayoi culture after 950 BCE in the Japanese archipelago.

Both Koreanic and Japonic are relatively shallow language families, with Koreanic the shallower of the two, consistent with the chronology above. 

Introduction


I argue that the historical distribution of the Japonic and Koreanic language families is associated with two events in the archaeological record.

Wet rice cultivation reaches northern Kyūshū by 950 BCE, and the western end of the Inland Sea by 600 BCE. 

The distribution of Koreanic, and ultimately, the disappearance of Japonic from the Korean peninsula, results from the arrival of a population which is associated with a temporary hiatus in wet rice agriculture in the southern Korean peninsula around 300 BCE.

Background

As a linguistic area, Northeast Asia is made up of ten language families: Ainuic, Amuric (Nivkh/Gilyak), Japonic, Kamchukotic, Koreanic, Mongolic, Tungusic, Turkic, Yeniseic, and Yukaghiric (Janhunen 1998: 196–197).

The third, fifth, sixth, seventh, and eighth of these families are sometimes related by various versions of the Altaic hypothesis, which asserts a genetic relation between Mongolic, Tungusic, and Turkic (Ramstedt 1952) or between these three families and Koreanic (Poppe 1960) and Japonic (Starostin et al. 2003; Robbeets 2005). However, there is still no scholarly consensus about the Altaic hypothesis; for critiques, see Georg et al. (1999) and Vovin (2005), among many others.Footnote1













2022-09-09

Table 1 gives a basic correlation of language families, location, and primary modes of food production.

2022-09-09 (1)

Archaeological and historical considerations

The Shandong/Liaodong dispersion hypothesis


Miyamoto (2009) presents a scenario where agriculture spread from (possibly distinct) locations in northeast China to the east and north (Fig. 2).

Miyamoto distinguishes three major spreads of agriculture from this region.

The first, associated with Setaria and Panicum, spreads from the Liaoning region to the northwestern part of the Korean peninsula and thence to its eastern and southern coasts. Almost simultaneously, a spread of these cultivars took place from northeast China to the south of Primoriye and thence to its coastal plain (Miyamoto 2009: 25–6). 

The second dispersion adds dry field rice cultivation to the millets; it spreads from Shandong through the Liaodong peninsula to the south of the Korean peninsula in the second half of the third millennium BCE. 

The third dispersion includes wet rice cultivation and associated tool complexes. It takes the same route from Shandong to Liaodong to the Korean peninsula around the middle of the second millennium BCE. 

This third dispersion reaches the Japanese archipelago, where wet rice cultivation appears in northern Kyūshū around 950 BCE (800 BCE according to Miyamoto 2009: 28).Footnote






2


2022-09-09 (2)


Hiatus in wet rice agriculture on the Korean peninsula


According to Ahn (2003: 81–81; 2010: 91), rice farming settlements disappear from the archaeological record during the third century BCE, reappearing again in the first century CE.

Early Chinese sources on the Korean peninsula and the Japanese archipelago


The earliest substantial Chinese sources on populations in the central/south Korean peninsula, the so-called Dongyi “Eastern barbarian” (Book of Wei) in the Wei shu section of the Sanguo zhi (late third century CE) and the Hou Han shu (fifth century CE), describe three groupings of peoples, the so-called Samhan “Three Han” (三韓 Sanhan): Mahan (馬韓) in the west central region, Chinhan (辰韓 Chenhan) in the southeast, and Pyŏnhan (弁韓 Bianhan) in the south.Footnote4 Traditional Korean historiography indentifies these groupings as the antecedents of the historical polities Paekche (百済), Silla (新羅), and Kaya (加耶), respectively.

Linguistics

Toponymic evidence on language locations


Clear evidence for the presence of a Japonic language or languages on the Korean peninsula is provided by the so-called Koguryŏ placenames recorded in the gazetteer chapters 35 and 37 of the twelfth century Korean history Samguk sagi (三國史記 Record of the Three Kingdoms).

The crucial data have been known since Shinmura (1916). It consists of entries where a Silla toponym is paired with the original Koguryŏ name for a locality that came under Silla control after the Koguryŏ defeat in 668. Some of the Koguryŏ toponyms renamed by Silla are phonogrammatic, or have an alternate name that is phonogrammatic. 

Chronological depth of language families

Both Japonic and Koreanic are relatively shallow language families.

Neither the phonological evidence nor the statistical evidence (in the case of Japanese) is consistent with a date of protolanguage divergence older than the dates for the beginning of wet rice agriculture, as pointed out by Hudson (1999) and Lee and Hasegawa (2011). 

The scenarios whereby Japonic arrived in the archipelago and dispersed as a result of the Yayoi expansion, and Koreanic arrived in the peninsula and dispersed as a result of the advent of the Korean bronze curved dagger culture, are consistent with the farming/language dispersal model (Bellwood and Renfrew 2002).

The dates of these two events, 950 BCE and 300 BCE, respectively, are also consistent with the gap between the chronological ceilings for dispersal of the two families, before 700 CE for Japonic and before 1,450 CE for Koreanic.In both instances, we know that the actual date of dispersal must be earlier, but we do not know how much.

The remarkable non-diversity of Japonic and Koreanic can be explained by two factors. 

Crudely put, the effect can be conceptualized as a local reduction in linguistic diversity compared to the home population. The same effect would be anticipated in the establishment of Koreanic in the south central peninsula, and again as it expanded throughout the peninsula.

The second factor is archaeohistorical. Both the Yayoi expansion in Japan and the spread of the Korean bronze curved dagger culture were subject to bottleneck effects, to borrow another term from evolutionary science.

Kobayashi (2007) accounts for the relatively slow spread of Yayoi culture to the east in terms of the “walls” (壁 kabe) put up by the progressively more robust Jōmon cultures to the east in the archipelago. In the case of Korea, the Chinese commanderies in the north of the peninsula imposed a bottleneck until their demise in the early fourth century CE. Release of each bottleneck results in a new dispersal and founders effect. 

Rice and related agricultural vocabularies

Vovin (1998) discusses possible external cognates for the ten Japanese terms related to rice agriculture in (2). The proto-Japonic reconstructions I cite are slightly different from Vovin’s.

  1. 2.
    1. (a)

      *jinaC 2.4 “riceplant”Footnote11

    2. (b)

      *mə/omi 2.1 unhulled rice

    3. (c)

      *jənaC 2.1 “hulled rice”

    4. (d)

      *kəmə/aC 2.3 “(hulled) rice”

    5. (e)

      *ipi 2.3 “cooked rice”

    6. (f)

      *po 1.3a “ear of grain”

    7. (g)

      *ta 1.3a “ricefield”

    8. (h)

      *nuka ?2.3 “rice bran”

    9. (i)

      *ko “flour, powder”

    10. (j)

      *nəri “starch, rice glue”

Vovin suggests cognates for four of these, (2e), (2g), (2i), and (2j) from Koreanic, with cognates for (2e) in Tungusic and Turkic, for (2g) in Mongolic and Turkic, and for (2i) in Tungusic as well.

These facts are consistent with the Shandong/Liaodong dispersion hypothesis outlined in “The Shandong/Liaodong dispersion hypothesis” section.

Conclusion

In this paper, I have sketched a specific historical scenario that attempts to explain the linguistic ecology of the non-Sinitic language families in Northeast Asia associated with wet rice agriculture, Japonic and Koreanic.

This scenario is couched within the general hypothesis of a diffusion of agriculture from the area around the Shandong peninsula to the north and east.

According to the scenario, Japonic arrives in the Korean peninsula around 1500 BCE and is brought to the Japanese archipelago by the Yayoi expansion around 950 BCE.

On this view, the language family associated with both Mumun and Yayoi culture is Japonic, although the association of a culture in the archaeological sense with a single language family is almost certainly an oversimplification.Footnote12

Koreanic arrives in the south-central part of the Korean peninsula around 300 BCE with the advent of the Korean-style bronze dagger culture. Its speakers coexist with the descendants of Mumun cultivators, and thus with Japonic, well into the common era. Each of these demic diffusions, as well as the later dispersions of Koreanic and Japonic, result in founder effects which diminish the internal variety of the language family. Japonic and Koreanic, as well as possibly other Northeast Asian languages, share some agricultural vocabulary, but this shared vocacbulary precedes rice farming.

東アジアと日本 日本・朝鮮・中国関係史
歴史教育者協議会 編 2004年 青木書店

執筆者はほとんどが高校・中学校の教諭や大学の非常勤講師?(教授、準教授・講師等明記されていない)・博士課程在学者である。何のために出版されたのかが?であるが、青木書店であるからしてバリバリの代々木系=共産党系であり、その支持者=歴史教育者が日本・朝鮮・中国関係史の全時代を通じた関係史を一つにまとめたものである。当然、唯物史観に立脚しているはずであるが、そのような記述は見られない。参考になる点は全くないが、朝鮮史に分類しておく

p2
長江流域は、河姆渡遺跡などが発掘され、前5000年頃から稲作が行われていたことが分かってきた。しかし、「長江文明」と言えるものではないという。

p8
高句麗は北方のツングース系の貊族の国で百済・新羅・伽耶の漢族と異なる
【武田幸男氏の朝鮮史と同じ記述であるが、伽耶は除くべきである。歴史教諭は知らないであろうが、2021年に伽耶地域でSNP分析では完全に現代日本人と同じ位置にプロットされている古代人DNA分析論文が出された。伽耶地域に日本人が進出していたことは100%間違いない。この論文は、オーストラリア人が筆頭著者である

p38
(朝鮮人名)は
私兵的騎馬隊の馬別抄を編成した。武人政権は正規軍の三別抄を組織した

中国正史検索では馬別抄検索でヒットしないもの、三別抄は元史列伝でで2ヶ所ヒットする

この記述は朝鮮史としては、はじめてお目にかかる。恐らくは、キチガイどもは韓国ではそのようにキチガイどもの子=高校生に教え込んでいるのであろう。即ち、中国を上回る5千年の歴史を悠久の有する優秀な民族であると!大爆笑であるが、歴史教諭にDNAが韓国人どもである者が多いことが分かる。まさしく韓国の歴史教育が日本に持ち込まれてしまっている




李朝後期の戸口動態

馬渕貞利
東京学芸大学紀要 第3部門 社会科学, 30: 167-199
1979-01-31

1.17世紀末から20世紀初頭までの間、人口はほぼ同じであったことは、ソウル大学の英文論文で知っていたが、この論文でも同じことが確認しえた
2.反面、この分析が正しいのであれば、1642-1672年の30年間で人口は約3倍となっており、日本統治時の2.5倍を上回っている 
3.朝鮮半島に関する極めて貴重な人口推移データである 



2022-05-24



2022-05-24 (3)



2022-05-24 (4)


2022-05-24 (5)


2022-05-24 (7)


2022-05-24 (8)





気候で読み解く日本の歴史
田家 康

【学者ではなく農林中金の部長である。単なる素人に過ぎない。当然ではあるが、一次資料は全く参照せず研究者の書いた書籍や論文を元に書かれたものである。
1250年代末に世界的な寒冷化があったことは注目される。朝鮮半島では、この時期は既にモンゴルの完全な支配下にはいいっているが、飢饉が発生しさらなる人口減少を招いた可能性がある】

p85
明月記が描いた寛喜の飢饉

p91
旱魃なり冷害なりで飢饉が起きると、餓死者が大量に出るのは凶作の翌年春以降という傾向がある


IMG_0171

p128
世界的な飢饉をもたらした1250年代末の天候異変は、寒冷化が始まる以降に際しての最初の顕著な現象であった
1258年の巨大火山の噴火は、きっかけの一つであったろう。

p197
3000万人という規模が閉鎖経済である日本の限界であったようだ

東アジア民族の興亡
大林太良
生田 滋

1997年日本経済新聞社から出版である。主に中国通史であるが、私ですら容易にわかるバカげた間違いの非常に多い内容である。驚いたのは、弘安の役についての記述であり、既に20世紀末の日本国内で生田氏のような主張があった点である。弘安の役の江南軍は事実上の移民説を杉山正明氏が初めて主張したのではなかったのだ。恐らくは、かなり前から同様の考えが主にフランスでは主流であったのだろう。巻末の参考文献を写真にとっておいた。参考文献中の外国人名の著作の中に多くの根拠があるだろうが、恐らくは翻訳されていない著作がネタ元であろう

高麗についても、国王ではなく王であるという記述は興味深い。間違いではないかもしれない。征東行省の長官=高麗王であるからして、廟号は使えない?

しかし、大東文化大学教授であった生田氏は事実上は中国史を知らないといっていい。元史など一次資料は恐らくは読んではいない。何故なら、漢籍電子文献資料庫で高麗王で検索すると、高麗国王としている。例えば元朝9代皇帝文宗は高麗国王へ金印を与えている。ただし、廟号を使用しなかったのは正しい

41筆:元史 / 本紀 凡四十七卷 / 卷三十六 本紀第三十六 / 文宗 圖帖睦爾 五 / 至順三年 ..[底本:洪武九十九卷本和南監本]
段1283...三十六本紀第三十六文宗五三年春正月辛未朔,高麗國王禎遣其臣元忠奉表稱賀,[一]高麗國王...799頁
   "...禎遣其臣元忠奉表稱賀,[一]高麗國王(楨)〔禎〕 見卷三三校勘記[九]。下同..."   
   "...卷三三校勘記[九]。下同。貢方物。癸酉,命高麗國王王燾仍為高麗國王,賜金印。初,燾有疾..."   
   "...王燾仍為高麗國王,賜金印。初,燾有疾,命其子(楨)〔禎〕
従ってメモに値しないが一応はメモする。一次資料をほとんど調べずに孫引きを繰り返す圧倒的多数の歴史学者のいい加減さが良く分かる内容であるが、生田氏は東洋文庫に勤めていたのだかして朝鮮のことを知りうる環境下にあったはずである。

漢籍電子文献資料庫で李成桂で検索すると、明史でヒットし

八月,高麗千戶陳景來降,言:「是年四月,禑欲寇遼東,使都軍相崔瑩、李成桂 繕兵西
二十五年九月,高麗知密直司事趙胖等持國都評議司奏言:「本國自恭愍王薨,無嗣,權臣李仁人以辛肫子禑主國事,昏暴好殺,至欲興師犯邊,大將 李成桂以為不可而回軍。禑負罪惶懼,遜位於子昌。國人弗順,啟請恭愍王妃安氏擇宗親瑤權國事。已及四年,昏戾信讒,戕害勳舊,子奭癡騃不慧,國人謂瑤不足主社稷。今以安氏命,退瑤於私第。王氏子姓無可當輿望者,中外人心咸繫成桂。臣等與國人耆老共推主國事,惟聖王俞允。」帝以高麗僻處東隅,非中國所治,令禮部移諭:「果能順天道,合人心,不啟邊釁,使命往來,實爾國之福,我又何誅。」冬,成桂聞皇太子薨,遣使表慰,幷請更國號。帝命仍古號曰朝鮮

とある。どうも高麗では、大元ウルㇲをまねて、国内統治に千戸制を軍事・行政単位としていた可能性が非常に強い。武田幸男氏によれば、高麗の常備軍は、4万2千程度であったはずだが、徴兵単位は、恐らくは千戸であったろう。

明史で明記する「高麗千戶陳景來降」は、高麗の千戸長である陳という者が、明の太祖に恭順したとしか読めない。そして、明史はいい加減さでは定評のある元史とは異なり信頼がおけるのだ。武田幸男氏は、高麗が大元ウルㇲをまねて千戸制を敷いていたことは知らなかったようだ。



p194
このため、高麗「国王」は「王」に格下げされ、「元宗」などといった廟号を使うことができなくなった。忠列王などというのはそのためである

フビライハーンは
1281年に再び日本を攻撃させた。この時は高麗だけではなく、江南地方でも軍船の建造など様々な準備を行わせた。この遠征の最大の目的は江南の農民を日本に移住させ、いわゆる屯田を行うことであったらしい。

日本側ではこれを神風の為としているが、自発的な撤退であったとも考えられる

p224
満州族出身の李ウルㇲブハ、李成桂父子が高麗に投降し、共びん王(1351-1374)に仕えて、有力な武将として活躍した
彼はこの後1392年に高麗の最後の王である恭譲王(1389-1392)を廃して王位に就いた

IMG_0153


大モンゴルの世界
杉山正明

モンゴル史の権威である杉山氏でも勘違いすることはあるのであろう
①南宋に関しては、フランス人歴史学者の指摘する通り、5年に及ぶ襄陽包囲後の防城軍降伏後は、事実上は南宋が内部崩壊したとみるべきである、もっと正確に言えば、南宋が内部崩壊するようにクビライが十分な手段を講じたと考えられる。モンゴルは中東方面では、降伏した城塞都市の住民の男性を次の城塞都市攻撃時に矢よけ兵・土木工事兵として使用した。しかし、南宋攻撃時には、そのような手段を講じた形跡はない。即ち、クビライは征服後のことも考慮して、反発を恐れて、強制的に動員しなかった代わりに、モンゴルへの帰順を事実上は征服後の地位保障と報奨をもって促した。
②弘安の役に関して、杉山氏がフランスの若手研究者と共に、江南軍移民説を唱えていることは知っていたが、いくら何でも10万人全員が事実上は移民であったとするのは、フランスの若手研究者に引きずられ過ぎだ。アホかいな?と思う。その根拠は、博多湾で1ヵ月滞留したという点であるようであるが、やはり東路軍の到着を待ったと考えるべきである。
③高麗に関しては王政復古という上手い表現に感心した。しかし、「親しい関係になった」は明らかに池内宏の「新元寇の研究」を記述根拠にしているが、「親しい関係になった」からといって、手助けした式の考えはどこをどう見ても明らかに間違っている。ばっかじゃなかろうか?クビライがそのような甘ちゃんであったのであれば、南宋征服など絶対にできなかった。クビライはどうも恐るべき戦略家であったようである。長江以南はクリークの入り組んだ騎馬兵の優位性が完全に消え失せる地理でかつ蒸し暑くモンゴル兵には、あらゆる面で優位性どころか完全に不利である。バカでもチョンでも分かることであり、それを肌身で知っていたクビライは、何度も反逆を繰り返す高麗の反抗の根を根っこから完全に断ち切ることによって、南宋と高麗との連携による南宋攻略の際の不利となりうる点を、あらかじめ除去しようとしたとみるのが、何処をどう見ても正解である。高麗の何度もの元史に記述する反逆は、ほぼ確実に南宋が裏で暗躍している。この点に杉山氏は全然気づいていない。上記が絶対に正解である、恐らくは、朝鮮史をあまり知らないのである



p48
サーマーン朝は、イランがイスラムに征服されたあと、最初に現れたイラン人政権であった
サーマーン朝の君主たちは
市場でトルコ人奴隷を大量に買い取り、文武両道の教育をほどこして
自分にのみ絶対の忠誠を誓うこれらのトルコ人戦士を組織して強力な親衛隊を組織した
サーマーン朝は873年 - 999年、オスマントルコはこの模倣であったのだ

p75
千戸制そのものものは、匈奴以来、草原国家の伝統であった。
こうして新編成された千戸は、軍事・政治・行政・社会の全てのもとととなる組織であった。
ポイントとなるのは千戸長である。千戸長は、行政官でもあり、軍事指揮官でもあった。国家の行政組織と軍事系統が結びついている点がチンギスの新体制の特徴と言える


p78
十進法体系の遊牧民組織だけではなく、左右両翼体制もまたチンギスの独創、ではなく明らかに匈奴以来、踏襲されてきたものである

p89
チンギスカンとその後継者たちは、
モンゴルの強さは結局、周到かつ緻密な計画性と無類の組織力にある。
よほどの場合を除いては、力押しを避け、出来るだけ実戦しないようにする。モンゴル構成員が一人でも傷つき死ぬのをなるべく回避する。モンゴル軍が進んでいくと都市は自ら門を開き敵軍は自ら投降
しているのが理想であった。そして、しばしばその通りに事は進んだ

まさしくその通りである。だからこそ、チンギスの子孫は遊牧民全体から神聖視された。しかし、だとすると、原因は単にチンギスのDNAにあることになってしまう。決定的な相違は、チンギスの子・孫の世代まで、チンギス同様の軍事的・政治的天才であった点である。フビライが代表例である。バッハの家系と似ている

p95
金国北辺に広がるキタイ族
キタイ族はそのままモンゴルの千戸体制に組み込まれた。金国遠征の後、千戸の総数は95から129に増えた。増加分の多くはキタイ軍団であった。以後、この時までの遊牧集団がモンゴル国家の基幹部隊と見なされた

p120
殺戮は確かに一部であった。しかし、それは特殊な要塞都市の場合か、もしくは大抵軍人だけに限られた。一般民衆まで殺されたのはチャガタイの長子が戦死したバーミヤーンの例である。
勿論、戦略上の重要な手段として殺戮という名の恐怖をわざと煽ったことも一因である。それ以外については、モンゴルだけが特に大量殺戮を行ったという事実は見られない
非難の対象はとりわけ灌漑設備の破壊に集中されるといってもいい。
西アジアにおいて、灌漑設備の破壊は最大の罪悪であろう。
しかし少なくとも根本史料となる東西の文献にそうした事実は見られない

p121
都市の周壁が破壊されても文明が破壊されるわけではない。モンゴル治下で農業生産が途絶したという事実は見当たらない

p123
ドーソンはペルシャ語・アラビア語を自由に読めたから
アルメニア出身のドーソンはその昔故国を踏みしだいたモンゴルに対して憤りと悪意を執筆したという説も否定しにくい

p189
1260年は世界史を変える年となった
杉山氏は、1258年のフィリピン火山噴火により、東アジアの高緯度地域を、1259年頃猛烈な飢饉が襲ったことをご存知ではないようだ。日本でも起きている

p198
モンゴルはそれまで明らかに意図して恐怖を演出してきた。被征服民を先頭の前面に押し立てて、巨大な軍団と錯覚させるように努めた。敵方はその影におびえ戦う意欲を失った

p242
南宋作戦は周到な準備と統制の取れた軍事行動によってほとんど血を流すことなく、史上稀に見るほどの成功を収めた。
クビライは南宋をまさに「接収」したのである

p244
真の統一王権と言える唐の玄宗時代にまで遡ってかぞえれば、実に530年ぶりに単一の王権の元に統一されたことになる

p245
高麗では高麗王室である王氏は名目だけの存在になりつつあった。
高麗では王朝権力と武人権力とが都の開城で同居しており、
このことが朝鮮半島の歴史の歩みを日本とは違う方向へ大きく変える要因の一つとなった
親しい間柄となった二人は、個人の信頼関係をてこに、内と外から高麗国を再び王氏のもとに引き戻そうとした

p246
三別抄と呼ばれる高麗国の常備軍団は、かねてからモンゴルとの抗戦の主力であったが、
高麗国はモンゴルの力を背景に遂に王政復古した
高麗王室はクビライ王朝の一員となってしまう

k1

k2

k3


p249
第一回目は明らかに南宋作戦の一環に違いない。それは時期が証明する
翌至元十一年を期していっせいに行われる南宋全面侵攻作戦への布石である

p250
耽羅制圧作戦に投入された兵員・兵船は、そのまま第一回の日本遠征軍の中核となった。つまり、第一回目の日本侵攻は壮大なスケールで計画された南宋撃滅作戦の一つであった。その直接の狙いは日本そのものの制服よりも南宋の退路を断つためであったとみてよい
日本侵攻軍が暴風で損害を受けると、余力がありながら執着せず、さっさと撤退したのは、この遠征の目的がどこにあったのかを裏付ける。日本をひとあたりたたいて、日本が南宋に通じることを遮断しておけばそれで充分であった

【メモとるのが多すぎるので画像にした】

s1


s2

s3


s4
s4

s3

s2


s5

p266
黄河から長江の間の地域であり、ここは金と南宋の政治対立により、完全に荒廃していた。南北幅およそ400kmにわたって、ほとんど人が住んでいなかった。
そんなことがありうるわけがないであろう

p273
重商主義の帝国
ムスリム官僚の主導のもとに行われたクビライ帝国の財政運営は極端な重商主義であった。中央政府の収入の80%以上が塩の専売利潤であった

p274
農業生産物から得られる税収は
地方財政に振り当てられ









非自発的マイノリティにとっての「歴史的祖国」に関する一考察
:ウズベキスタンの朝鮮族を例に

旭川大学

宮﨑 理 OsamuMIYAZAKI 保健福祉学部コミュニティ福祉学科

以下がこの論文が依拠した基本文献である。
①半谷史郎・岡奈津子:『中央アジアの朝鮮人-父祖の地を 遠く離れて』,,東洋書店,2006
②柏崎千佳子訳:「コリョサラム-旧ソビエト連邦 のコリアン」,新幹社,2007
③髙全恵星監修:『ディアスポラとしてのコリア ン-北米・東アジア・中央アジア』
④『沿海州・サハリン 遠い昔の話-翻弄された朝鮮人 の歴史』,22頁,凱風社,1998

しかし、上記以外にも
ロシア極東の朝鮮人一ソビエト民族政策と強制移住一
岡 奈津子
英文ウキペディア記事
にかなりの基礎文献がある。特に⑤はほぼ全て網羅している

張鼓峰事件(ちょうこほうじけん)は、1938年
ノモンハン事件(ノモンハンじけん)は、1939年5月から同年9月
である。
スターリンによる朝鮮族以外の強制移住は全て第二次世界大戦勃発後であり理解しうるが、この論文でも①に依拠して強制移住の要因として「1930年代に入って,極東地域の情 勢が急速に緊張の度合いを高めていったことが挙げら れる。」と抽象化しているが、上のように、いずれも朝鮮族の強制移住1937年がなされた後に起こっているのである。両事件発生後であればつじつまが合うがそうではない、かつ、沿海州付近では日露の国境紛争など存在しえない。豆満江が自然の国境として明確であるからだ。

「1930年代に入って,極東地域の情 勢が急速に緊張の度合いを高めていったことが挙げら れる。」は具体的には満州事変のことを確実に意味するが、日中間のものであり、日露間のものではない。従って、強制移住の必要性はその当時にはほとんどなかったことは間違いない

しかし、秘密指令で「極東地方への日本のスパイ活動の浸 透を阻止するため」に行われた旨明記されていることは確かである


2017年5月,スターリン時代の1937年 にロシア極東地域から中央アジアに強制移住させられた朝鮮族の子孫にインタビュー調査を実施した。

筆者はこれまで,在日朝鮮人に対するインタビュー 調査を実施してきた。

例えば,次のよう なケースである。ある在日朝鮮人3世の女性は,日本 という国家のなかの X県で生まれた。現在,彼女は日 本の国籍を取得している。彼女の祖父母は現在の大韓 民国に属する Y道の出身なので,彼女はそこを自らの 故郷として位置付けている。一方,彼女が自分の祖国 であると実感しているのは,朝鮮民主主義人民共和国 である。

非自発的マイノリティの一つの例として,本稿で は,ウズベキスタンの朝鮮族を取り上げる。ウズベキ スタンの朝鮮族は,非自発的マイノリティの重要な例 の一つである。中央アジアに位置する旧ソ連のウズベ キスタンには,スターリン時代の1937年に,ロシア極東地域から強制移住させられた朝鮮族の子孫が多く暮 らしている。

旧ソ連の朝鮮族に関する研究は,それほど多く蓄積 されていない。なぜならば,ソ連時代,彼/彼女たち の存在は,マイノリティとして「タブー」と見なされ ていたからである5)。本稿では,ウズベキスタンの朝 鮮族を取り上げることによって,旧ソ連に居住する少 数民族の人びとが直面する課題に関する諸研究に寄与 することを志向したい。

ウズベキスタン共和国は,中央アジアに位置する旧 ソ連の共和国である。面積は44万7,400挨と日本の 約1.2倍である。人口は3,030万人である。民族構成 は,ウズベク系(78.4%),タジク系(4.8%),ロシ ア系(4.6%),タタール系(1.2%)などとなっている。 本稿で対象としている朝鮮族は,人口の1%以下,約 17万人が居住していると推定される。国民の90%以 上がムスリムである15)。

ロシア極東地域への朝鮮族の移動は,大きく4つの 時期に分けられる。
第1期は,1860年代に朝鮮が飢饉 に見舞われた時期,
第2期は,1910年の日本による韓 国併合に伴うもの,
第3期は,1919年の三一独立運動 が壊滅させられたことによるもの,
第4期は,1922年 10月の極東におけるソビエト政権樹立がきっかけと なったものである
(20)。

ロシア極東地域に移動する朝鮮族の数は増加の一途を たどり,ソ連で初めて国勢調査が行われた1926年に は,16万8千人(地域人口の14%)に達している
(21)。

ロシア極東地域に移動した朝鮮族たちは,1937年, スターリンによって中央アジアへ強制移住させられ た。その背景には,1930年代に入って,極東地域の情 勢が急速に緊張の度合いを高めていったことが挙げら れる。スターリンは,朝鮮人の「国境をまたぐ民族の 絆」へ猜疑を抱き,日本人に雇われた朝鮮人スパイが 極東地域に潜入を図っているという嫌疑をかけたので ある
(22)。半谷史郎・岡奈津子:『中央アジアの朝鮮人-父祖の地を 遠く離れて』,,東洋書店,2006


1937年8月21日,ソ連人民委員会議長モロ トフと全連邦共産党中央委員会書記スターリンは連名 で文書を発し,「極東地方への日本のスパイ活動の浸 透を阻止するため」に,朝鮮族を中央アジアに強制移 住させるよう命じた
(23)。

それによって,極東地域の朝 鮮族のほぼ全てに当たる17万1,781人(3万6,442 世帯)が強制移住させられた。そのうちの7万6,525 人(1万6,272世帯)がウズベキスタンに,9万5,256 人(2万170世帯)がカザフスタンに移住させられた。

強制移住は,貨物列車による約1ヶ月に及ぶ過酷な長 旅であり,多数の死者を出すものであった。計画全体 としては,1937年10月25日までという極めて短期間 のうちに遂行された
(24)(25)。

強制移住に伴い,当初は民族語学校が中央アジア に移設された。しかし,1938年に「民族語学校改変決 定」が出され,朝鮮語の教育機関はすべて閉鎖された。 このことの影響は非常に大きく,母語教育が行われな いことで,戦後に入ると朝鮮語を話せない朝鮮族の割 合が急激に増加した
(26)。

朝鮮族を取り巻く社会的現実の重要な特徴として挙 げられるのが,少数民族に対する差別である。独立 後,中央アジア各国では,カザフスタンではカザフ人,キルギスタンではキルギス人,ウズベキスタンではウ ズベク人というように,それぞれの共和国の基幹民族 (titularnation)の民族主義が台頭した。


調査に応じられる2名の紹介を得た。

(1)首都圏在住者の事例:Aさん
Aさん(調査当時60歳)は,ウズベキスタンの首 都圏に居住し,語学教師を務める女性である。彼女は, インタビューに際して,資料館で調べた朝鮮族の強制 移住に関する資料や親戚から借りた文献,自身が所有 する祖先の写真などを多数持参した。

首都に居住するには許可が 必要であり,誰でも住めるというわけではない。首都 圏で暮らす Aさんの社会階層は,比較的高い部類に属 すると思われる。

 朝鮮族がロシア極東地域 へ移住し始めたのは,1863年以降である。この移住 者の中に,Aさんの曽祖父母たちも含まれていた。朝 鮮半島で,「朝鮮の貴族の下で働くのは大変だったた めに,より良い生活のために,ロシアと朝鮮を行き来 する中で移住した」という。Aさんの祖父母は共にロ シア極東地域で生まれ,父母もそれぞれロシア極東地 域の異なる町で生まれた

1937年に,Aさんの父も母も,最初はカザフスタン に強制移住させられた。当初は自由な移住は許されて いなかったが,1953年のスターリンの死後,朝鮮族 は,「土地が良くないカザフスタン」から少しずつウズ ベキスタンへ移住していった。そうした移住者の中 に,Aさんの父母も含まれていた。

ウズベキスタンに強制移住させられた多くの朝鮮族 が,ソ連国籍を得るためにロシア正教に改宗したとい う。

子どもに聖人の名前を付け,ロシア風の名前にす る人びとも多数いた。Aさんの苗字は朝鮮風のものだ が,名前はキリスト教に由来するロシア風の名前であ る。ソ連は多民族国家であったが,朝鮮族は,「ロシア 文化を受け入れて,社会的地位を得た」と語る。

Aさんはロシアの大学で学んだ後,語学教師になっ た。夫もロシアの大学で学び,研究者になった。夫の 兄弟や Aさんの義理の兄弟など,親族には大学教員が 多く,ロシアの大学で教鞭を執っていたり,北米の大 学を卒業したりした親族もいる。Aさんの息子のうち ひとりは留学先の日本で会社を経営しており,韓国人 の女性と結婚した。もうひとりの息子は,日本の大学 院に通っている。首都圏で暮らしている娘もおり,そ の夫は独立後にウズベキスタンに来た韓国人である。

韓国からウズベキスタンにビジネスで来る人がいた り,逆に,ウズベキスタンから韓国に出稼ぎで行った りする人も多い。それは,「朝鮮族のためのビザ」があ り,「気軽に韓国に行ける」からだという。

(2)地方都市在住者の事例:Bさん
Bさんは,ウズベキスタンの地方都市で生まれ育っ た18歳の男性である。調査当時,職業専門学校に通う 学生(当時3年生)であった。インタビューに際して, Bさんの友人(朝鮮族以外の民族2名)も同席した。

将来韓国に行くことに備え,現在,Bさんは朝鮮語 を習っている最中である。

Ⅴ.考 察
韓国の移民労働者受け入れ政策が挙げ られる。2007年,韓国政府は「外国人勤労者の雇用等 に関する法律」を一部改正し,中華人民共和国国籍お よび旧ソ連地域の国籍を有する朝鮮族に,韓国内での 自由な就業を認めるようになった42)。


1)半谷史郎・岡奈津子:『中央アジアの朝鮮人-父祖の地を 遠く離れて』,4頁,東洋書店,2006.

5)Kim,GermanN.andKing,Ross.:‘KoryoSaram:Koreansin theFormerUSSR’,“KoreanandKoreansAmericanStudies Bulletin”,Vol.2:No.2&3,EastRockInstitute:New Haven, 2001.(=柏崎千佳子訳:「コリョサラム-旧ソビエト連邦 のコリアン」,髙全恵星監修:『ディアスポラとしてのコリア ン-北米・東アジア・中央アジア』,373頁,新幹社,2007.)
18)Kuzin,AnatolijTimofeevich.:“Daljnevostochnye Korejtsy: Zhiznj i Tragedija Sudjby”, Daljnevostochnoe knizhnoe izdateljstvo:Yuzhno-Sakhalinsk,1993.(=岡奈津子・田中水 絵訳:『沿海州・サハリン 遠い昔の話-翻弄された朝鮮人 の歴史』,22頁,凱風社,1998.)

20)Kuzin,AnatolijTimofeevich.:op.cit.,(=前掲,25頁).
21)半谷史郎・岡奈津子:前掲,20頁.
22)同上,28-30頁.
23)ソ連人民委員会議・全連邦共産党中央委員会決定第1418- 326号極秘,1937.
24)半谷史郎・岡奈津子:前掲,35-36頁.
25)Kuzin,AnatolijTimofeevich.:op.cit.,(=前掲,161頁).
26)同上,36頁.











魏志倭人伝の謎を解く
三国志から見る邪馬台国
渡邊義浩


中国の三国時代研究を専門とする歴史学者による史料批判のお手本のような内容である。
通称である魏志倭人伝としているが、正確には三国志東夷伝中の倭に関する記述は、大まかには、
①倭に至る道程と諸国名
②倭人の風習と政治体制
③朝貢記録
の3つであり、③についてメモしておくと9年間で4回もある。

①倭に至る道程と諸国
倭 人在帶方東南大海之中,依山島為國邑。舊百餘國,漢時有朝見者,今使譯所通三十國。從郡至 倭 ,循海岸水行,歷韓國,乍南乍東,到其北岸狗邪韓國,七千餘里,始度一海,千餘里至對馬國。其大官曰卑狗,副曰卑奴母離。所居絕島,方可四百餘里,土地山險,多深林,道路如禽鹿徑。有千餘戶,無良田,食海物自活,乖船南北巿糴。又南渡一海千餘里,名曰瀚海,至一大國,官亦曰卑狗,副曰卑奴母離。方可三百里,多竹木叢林,有三千許家,差有田地,耕田猶不足食,亦南北巿糴。又渡一海,千餘里至末盧國,有四千餘戶,濱山海居,草木茂盛,行不見前人。好捕魚鰒,水無深淺,皆沈沒取之。東南陸行五百里,到伊都國,官曰爾支,副曰泄謨觚、柄渠觚。有千餘戶,世有王,皆統屬女王國,郡使往來常所駐。東南至奴國百里,官曰兕馬觚,副曰卑奴母離,有二萬餘戶。東行至不彌國百里,官曰多模,副曰卑奴母離,有千餘家。南至投馬國,水行二十日,官曰彌彌,副曰彌彌那利,可五萬餘戶。南至邪馬壹國,女王之所都,水行十日,陸行一月。官有伊支馬,次曰彌馬升,次曰彌馬獲支,次曰奴佳鞮,可七萬餘戶。自女王國以北,其戶數道里可得略載,其餘旁國遠絕,不可得詳。次有斯馬國,次有已百支國,次有伊邪國,次有都支國,次有彌奴國,次有好古都國,次有不呼國,次有姐奴國,次有對蘇國,次有蘇奴國,次有呼邑國,次有華奴蘇奴國,次有鬼國,次有為吾國,次有鬼奴國,次有邪馬國,次有躬臣國,次有巴利國,次有支惟國,次有烏奴國,次有奴國,此女王境界所盡。其南有狗奴國,男子為王,其官有狗古智卑狗,不屬女王。自郡至女王國萬二千餘里。

倭人の風習と政治体制
男子無大小皆黥面文身。自古以來,其使詣中國,皆自稱大夫。夏后少康之子封於會稽,斷髮文身以避蛟龍之害。今 倭 水人好沈沒捕魚蛤,文身亦以厭大魚水禽,後稍以為飾。諸國文身各異,或左或右,或大或小,尊卑有差。計其道里,當在會稽、東冶之東。其風俗不淫,男子皆露紒,以木緜招頭。其衣橫幅,但結束相連,略無縫。婦人被髮屈紒,作衣如單被,穿其中央,貫頭衣之。種禾稻、紵麻,蠶桑、緝績,出細紵、縑緜。其地無牛馬虎豹羊鵲。兵用矛、楯、木弓。木弓短下長上,竹箭或鐵鏃或骨鏃,所有無與儋耳、朱崖同。 倭 地溫暖,冬夏食生菜,皆徒跣。有屋室,父母兄弟臥息異處,以朱丹塗其身體,如中國用粉也。食飲用籩豆,手食。其死,有棺無槨,封土作冢。始死停喪十餘日,當時不食肉,喪主哭泣,他人就歌舞飲酒。已葬,舉家詣水中澡浴,以如練沐。其行來渡海詣中國,恆使一人,不梳頭,不去蟣蝨,衣服垢污,不食肉,不近婦人,如喪人,名之為持衰。若行者吉善,共顧其生口財物;若有疾病,遭暴害,便欲殺之,謂其持衰不謹。出真珠、青玉。其山有丹,其木有柟、杼、豫樟、楺櫪、投橿、烏號、楓香,其竹篠簳、桃支。有薑、橘、椒、蘘荷,不知以為滋味。有獮猴、黑雉。其俗舉事行來,有所云為,輒灼骨而卜,以占吉凶,先告所卜,其辭如令龜法,視火坼占兆。其會同坐起,父子男女無別,人性嗜酒。見大人所敬,但搏手以當跪拜。其人壽考,或百年,或八九十年。其俗,國大人皆四五婦,下戶或二三婦。婦人不淫,不妒忌。不盜竊,少諍訟。其犯法,輕者沒其妻子,重者滅其門戶。及宗族尊卑,各有差序,足相臣服。收租賦。有邸閣國,國有市,交易有無,使大 倭 監之。自女王國以北,特置一大率,檢察諸國,諸國畏憚之。常治伊都國,於國中有如刺史。王遣使詣京都、帶方郡、諸韓國,及郡使 倭 國,皆臨津搜露,傳送文書賜遺之物詣女王,不得差錯。下戶與大人相逢道路,逡巡入草。傳辭說事,或蹲或跪,兩手據地,為之恭敬。對應聲曰噫,比如然諾。其國本亦以男子為王,住七八十年, 倭 國亂,相攻伐歷年,乃共立一女子為王,名曰卑彌呼,事鬼道,能惑眾,年已長大,無夫壻,有男弟佐治國。自為王以來,少有見者。以婢千人自侍,唯有男子一人給飲食,傳辭出入。居處宮室樓觀,城柵嚴設,常有人持兵守衞。女王國東渡海千餘里,復有國,皆 倭 種。又有侏儒國在其南,人長三四尺,去女王四千餘里。又有裸國、黑齒國復在其東南,船行一年可至。參問 倭 地,絕在海中洲島之上,或絕或連,周旋可五千餘里。

③朝貢記録
1回目(238年)
景初二年六月, 倭 女王遣大夫難升米等詣郡,求詣天子朝獻,太守劉夏遣吏將送詣京都。其年十二月,詔書報 倭 女王曰:「制詔親魏 倭 王卑彌呼:帶方太守劉夏遣使送汝大夫難升米、次使都巿牛利奉汝所獻男生口四人,女生口六人、班布二匹二丈,以到。汝所在踰遠,乃遣使貢獻,是汝之忠孝,我甚哀汝。今以汝為親魏 倭 王,假金印紫綬,裝封付帶方太守假授汝。其綏撫種人,勉為孝順。汝來使難升米、牛利涉遠,道路勤勞,今以難升米為率善中郎將,牛利為率善校尉,假銀印青綬,引見勞賜遣還。今以絳地交龍錦五匹、絳地縐粟罽十張、蒨絳五十匹、紺青五十匹,答汝所獻貢直。又特賜汝紺地句文錦三匹、細班華罽五張、白絹五十匹、金八兩、五尺刀二口、銅鏡百枚、真珠、鉛丹各五十斤,皆裝封付難升米、牛利還到錄受。悉可以示汝國中人,使知國家哀汝,故鄭重賜汝好物也。」

2回目
正始元年,太守弓遵遣建中校尉梯儁等奉詔書印綬詣 倭 國,拜假 倭 王,并齎詔賜金、帛、錦罽、刀、鏡、采物, 倭 王因使上表答謝恩詔。

3回目
其四年, 倭 王復遣使大夫伊聲耆、掖邪狗等八人,上獻生口、 倭 錦、絳青縑、緜衣、帛布、丹木、𤝔、短弓矢。掖邪狗等壹拜率善中郎將印綬。

4回目(247年)
其六年,詔賜 倭 難升米黃幢,付郡假授。其八年,太守王頎到官。 倭 女王卑彌呼與狗奴國男王卑彌弓呼素不和,遣 倭 載斯、烏越等詣郡說相攻擊狀。遣塞曹掾史張政等因齎詔書、黃幢,拜假難升米為檄告喻之。卑彌呼以死,大作冢,徑百餘步,狥葬者奴婢百餘人。更立男王,國中不服,更相誅殺,當時殺千餘人。復立卑彌呼宗女壹與,年十三為王,國中遂定。政等以檄告喻壹與,壹與遣 倭大夫率善中郎將掖邪狗等二十人送政等還,因詣臺,獻上男女生口三十人,貢白珠五千,孔青大句珠二枚,異文雜錦二十匹。



IMG_0086


IMG_0088

【渡邊氏他の歴史家の人々は、数値を比率として捉えるという考え方を有していないのであろうか?
通称名の魏志倭人伝他の中国史書の記述は、何里という数値ではなく、比率でみると驚くほど正確だ
①帯方郡~狗邪韓国まで海上で7000
②狗邪韓国~対馬まで海上で1000
③対馬~壱岐まで海上で1000
④壱岐~九州まで海上で1000

②③④の距離はほぼ同じ
wajinden

朝鮮-対馬-壱岐-博多の距離は、それぞれ50km68km76kmあります。」とのことであるが、
朝鮮・対馬間は地図で見るともっとあるようであり、②③④は大きく見れば、似たような距離で、概ね①の7分の1程度の距離となっている。だからこそ、中国史書の記述は信頼性が高いのだ

上のルート図の不弥国までは現在の地理と、比率で見ると完全に合致し、不弥国は現在の大分県辺りであろう。大分県には二本木遺跡遺跡があるので、不弥国=大分県附近である。不弥国から先は、渡邊氏の主張通りであり、南となっており、ありえない。ただし、本当は東であるのに、渡邊氏の主張通り南としたのであれば、ドンピシャで邪馬台国は奈良附近だ。

⑤水行20日投馬国、⑥水行10日陸行1月邪馬台国であり、波の穏やかな瀬戸内海をルートとし、2:1の比率で見れば⑤中継点の投馬国は、岡山県附近、その後に大阪附近に上陸して陸行1月で奈良附近となる

言い換えれば、邪馬台国からの朝貢使節は、九州まで船を利用していたと考えていい。当時の船でも瀬戸内海は極めて簡単に長距離航行できたことに疑問の余地はない。当時の陸路の危険性を考えれば、船の方が遥かに安全だったのであろう。奈良盆地は西日本で唯一、毎年来る台風被害が最も少ない地域だ!台風が通常ルートで南からきても、本州横断ルートで西から来ても、周囲の山々が台風被害を最小にしてくれる。
遺】


p20
邪馬台国論争の中で有力な九州説と大和説は倭人伝の記述が日本の地理や歴史に関する現代的な常識に反しているため、様々な読み方の工夫をしている

p46
史記だけではなく三国志も正確な部分は極めて正確なのである。それにもかかわらず、倭人伝が儒教理念におおわれているのは、いまだ史学が儒教(経学)から自立していなかったためである

p57
倭人伝は、中国の葬礼になぞらえて、倭人の葬礼を記述している。倭人に中国の礼が伝承されていることを示すためである 

p61
高句麗や韓は、倭よりも中国との接触が古く、頻繁である。常識的に考えれば、倭よりも中国の文化を受け入れているはずであるが、東夷伝はそれを認めない。中国との関係が急速に悪化していた韓族を「長幼・男女の別はない」と蔑む一方、倭を中国同様
礼教化が行き届いた国と描いているのである


p65
倭人伝は、東夷伝中のほかの夷狄に比べて極めて好意的に描かれている。本来的には高い文化を持っていたはずの朝鮮半島や中国の東北地方の諸民族の方が低い文化とされている原因は、東夷伝の執筆意図によるものである

p83
公孫氏の遼東半島の支配、並びに朝鮮半島への進出は、後漢末の公孫康より始まる。東夷伝韓の条によれば、公孫康は朝鮮半島の楽浪郡の南に帯方郡を置き、部下の公孫規と
を派遣して韓・濊の地域を平定した

現在日本で流布されている古朝鮮地図は、全て、楽浪郡・帯方郡など朝鮮半島の一部のみが支配下としている。しかし、下は三国志魏志韓の原文である。この資料しか古朝鮮に関する資料はない。朝鮮半島全域が中国の支配下であったと一次資料は語るのみである。在日朝鮮人どもの歴史偽造は全時代に及ぶ

桓、靈之末,韓濊彊盛,郡縣不能制,民多流入韓國。建安中,公孫康分屯有縣以南荒地為帶方郡 ,遣公孫模、張敞等收集遺民,興兵伐韓濊,舊民稍出,是後倭韓遂屬帶方。景初中,明帝密遣帶方太守劉昕、樂浪太守鮮于嗣越海定二郡,諸韓國臣智加賜邑君印綬,其次與邑長。其俗好衣幘,下戶詣郡朝謁,皆假衣幘,自服印綬衣幘千有餘人。部從事吳林以樂浪本統韓國,分割辰韓八國以與樂浪,吏譯轉有異同,臣智激韓忿,攻 帶方郡崎離營。時太守弓遵、樂浪太守劉茂興兵伐之,遵戰死,二郡遂滅韓。


p88
倭は韓・濊と同様、帯方郡を通じて公孫氏に属していたことになり、この関係は公孫氏の滅亡まで続いた

上の原文からはそう解釈するしかない。在日の朝鮮史研究者など日本から出ていけ!嘘をまき散らかすなら母国で行え!くそー
ところで、著者の方はきずいていないが、倭人と倭は別である可能性が極めて高い。倭とは、朝鮮半島にある倭のことであろ。後の時代には、伽耶と呼ばれている


p94
倭国は当時の国際関係の中でも重要な国家と考えられていた。
邪馬台国が、会稽郡東治県の東方海上という現実にはあり得ない場所に理念的に置かれた背景には、孫呉との関係上そこになければならない国際関係があった

p99
倭人の習俗とされる黥面文身が東方の「夷」と南方の「蛮」の習俗を兼ね備える記述であることが分かる。それは倭人が「東南」に居住する民族だからである



p100
日本の土器には数多くの入れ墨絵画と見られるものが描かれているという

p120
陳寿は「礼記」や「漢書」に依拠しながら東南の大国としての倭国の習俗を理念的に作り上げていた

p125
中華の徳を慕ってのことであるから、なるべく遠くから多くの民族が頻繁に来ることが理想である。東夷伝、ひいては倭人伝執筆の最大の目的がこの理念の証明にあることは邪馬台国の位置を考える時、最も重要な認識となる

p143
倭人伝は理念と事実が入り混じった記録となる

↑このページのトップヘ